五十嵐清 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五十嵐 清
いがらし きよし
生年月日 (1969-12-14) 1969年12月14日(52歳)
出生地 日本の旗 日本 栃木県小山市
出身校 ボンド大学経営学部
前職 国会議員秘書
所属政党 自由民主党茂木派
公式サイト いがらし清 Official Site

選挙区 比例北関東ブロック栃木2区
当選回数 1回
在任期間 2021年11月5日[1] - 現職

選挙区 小山市野木町選挙区
当選回数 5回
在任期間 2003年 - 2021年
テンプレートを表示

五十嵐 清(いがらし きよし、1969年(昭和44年)12月14日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(1期)。

来歴[編集]

小山市出身。小山市立小山第一小学校、小山市立小山中学校、栃木県立石橋高等学校卒業。1993年、ボンド大学経営学部経営経済学科卒業。

その後、茂木敏充佐藤勉岩崎純三の各議員の秘書を約10年務める[2]

2003年、栃木県議会議員選挙(小山市選挙区)に立候補し初当選。その後5期連続当選。

2021年6月、自民党栃木県連は公募を経て五十嵐を次期衆議院議員総選挙の栃木2区の候補予定者に決定[3]

同選挙区では西川公也の長男で栃木県議会議員の西川鎭央も出馬の意向を示し保守分裂選挙が取り沙汰されたが最終的に五十嵐を選挙区候補、西川を比例区候補とすることで調整された[4]

10月31日の投開票の結果、五十嵐は栃木2区で立憲民主党前職の福田昭夫に敗れたものの比例北関東ブロックで初当選[5]。一方、西川鎭央は選挙区の重複立候補者より低い比例名簿34位であったため落選となった[6]

政策・主張[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 令和3年11月5日中央選挙管理会告示第28号(令和三年十月三十一日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ プロフィール
  3. ^ “衆院栃木2区、自民の公認巡って混乱 西川元農相の地盤”. 朝日新聞. (2021年6月30日). https://www.asahi.com/articles/ASP6Z3TC2P6YUUHB008.html 2021年11月20日閲覧。 
  4. ^ “衆院栃木2区 自民、五十嵐氏で一本化へ 県連 西川氏は比例で調整”. 東京新聞. (2021年10月3日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/134573 2021年11月20日閲覧。 
  5. ^ 衆議院選挙2021 栃木(宇都宮・足利など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  6. ^ 【2021年 衆院選】北関東ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。

外部リンク[編集]