大河原雅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大河原 雅子
おおかわら まさこ
Masako Okawara.jpg
2019年12月撮影
生年月日 (1953-04-08) 1953年4月8日(69歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
出身校 国際基督教大学教養学部社会科学科
前職 映画・舞台製作会社社員
参議院議員
現職 衆議院議員
所属政党東京・生活者ネットワーク→)
民主党→)
民進党→)
旧立憲民主党→)
立憲民主党菅直人G
称号 教養学士
公式サイト 衆議院議員 大河原まさこ

選挙区比例北関東ブロック→)
比例東京ブロック東京21区
当選回数 2回
在任期間 2017年10月27日 - 現職

選挙区 東京都選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年7月29日 - 2013年7月28日

選挙区 世田谷区選挙区
当選回数 3回
在任期間 1993年 - 1997年
1999年 - 2005年
テンプレートを表示

大河原 雅子(おおかわら まさこ、1953年(昭和28年)4月8日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(2期)、立憲民主党ジェンダー平等推進本部長。

参議院議員(1期)、東京・生活者ネットワーク代表委員、東京都議会議員(3期)等を歴任した。

来歴[編集]

神奈川県横浜市生まれ[1]。横浜市立城郷小学校、フェリス女学院中学校フェリス女学院高等学校国際基督教大学教養学部社会科学科卒業[2]。大学卒業後、黒澤明の下で助監督や作品のプロデューサーを務めた松江陽一の映画・舞台製作会社「アトリエ41」に入社した[2]1979年に結婚して千葉県柏市に転居し、この時期に生活協同組合に加入した[2]1988年東京都世田谷区に転居し、東京都に食品安全条例の制定を求める直接請求運動に参加して以来、環境問題等の活動に関わる[2]

1993年東京都議会議員選挙世田谷区選挙区(定数8)から東京・生活者ネットワーク公認で出馬し、初当選[2]1997年東京都議会議員選挙で再選を目指したが、得票数10位で落選した[3]1999年、東京都議会議員補欠選挙に生活者ネット公認で出馬し、再選。同年、生活者ネットの代表委員に就任し、2006年まで約7年間務めた[2]2001年東京都議会議員選挙に生活者ネット公認で世田谷区選挙区から出馬し、得票数3位で3選[4]2005年東京都議会議員選挙には出馬しなかった。

参議院議員[編集]

2007年第21回参議院議員通常選挙東京都選挙区(定数5)から民主党公認(生活者ネット推薦)で出馬し、2位の山口那津男公明党)に約29万2千票の大差をつけ、約108万票を獲得してトップ当選した[5]。民主党では菅直人が会長を務める国のかたち研究会に所属した。

2009年5月11日、小沢一郎が民主党代表辞任を表明[6]。小沢の辞任に伴う代表選挙(5月16日投開票)では岡田克也の推薦人に名を連ねた[7]

2010年9月の民主党代表選挙では、現職の菅首相の推薦人に名を連ねた[8][9]

2013年第23回参議院議員通常選挙にも、引き続き民主党公認で東京都選挙区(定数5)からの出馬を目指していたが、野党転落後の民主党の支持率は低迷しており、同年6月28日海江田万里代表が東京都選挙区の公認候補を現職の大河原、鈴木寛のうち、党の情勢調査で優位ないずれか1人に一本化する方針を表明[10]。情勢調査は鈴木が優位であったため、民主党本部は大河原に比例代表への転出を打診したが、大河原がこれを拒否したため、7月2日に民主党本部は東京都選挙区の候補を鈴木に一本化し、大河原の公認を撤回した[11][12]。公認を取り消された大河原は、民主党籍を残したまま東京都選挙区から無所属で出馬する意向を表明し[12][13]、選挙戦では菅直人元首相も、党本部の公認に逆らい大河原を支援[14]。唐突な公認撤回には、大河原の出身母体でもある生活者ネットからも批判の声が上がり、大河原を推薦していた連合東京も、推薦を支援に格下げしながらも応援は続ける考えを示し、事実上の分裂選挙に突入[15]。結果、鈴木は得票数6位で次点、大河原は得票数9位で、民主党は無所属の大河原も含めて1議席も獲得できず惨敗した(なお鈴木、大河原の得票数を合計した場合、3位の吉良佳子日本共産党)を上回る)[16][17]

2016年第24回参議院議員通常選挙民進党公認で比例区から出馬したが、落選した[18]

衆議院議員[編集]

2017年第48回衆議院議員総選挙に際しては、10月9日に発表された立憲民主党の2次公認において、比例北関東ブロック単独で公認を受け[19]、名簿順位5位に登載。立憲民主党は比例北関東ブロックで5議席を獲得し、大河原も当選した[20]

2018年、立憲民主党埼玉県連副代表に就任した[21]2019年6月4日、立憲民主党東京都第21区支部長に就任[22]

2020年8月24日、旧立憲民主党と旧国民民主党は、2つの無所属グループを加えた形で合流新党を結成することで合意した[23]。同年9月10日に行われた新「立憲民主党」の代表選挙では枝野幸男の推薦人に名を連ねた[24]

2021年3月下旬、立川市の自宅マンションのエレベーター内で脳出血を発症して倒れ、一命は取り留めたが後遺症により左半身に麻痺が残り、以降は車椅子での活動を余儀なくされていることを自身のホームページで公表している[25]

同年10月31日の第49回衆議院議員総選挙立憲民主党公認で東京都第21区から立候補。自民党小田原潔に敗れるも、重複立候補していた比例東京ブロックで再選[26][27][28][注 1]枝野幸男代表の辞任に伴う代表選挙(11月30日実施)では西村智奈美の推薦人に名を連ねた[29]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2021年の衆院選東京21区における自治体ごとの得票数は以下のとおり。選挙時の小田原潔の住所は日野市、大河原の住所は立川市。
    小田原潔 大河原雅子 竹田光明
    八王子市の一部 2,296 1,902 796
    立川市 40,485 31,505 11,726
    日野市 40,534 35,914 12,558
    国立市 16,047 17,030 5,353
    多摩市の一部 6,513 6,351 2,526
    稲城市の一部 6,558 6,388 2,568
    112,433 99,090 35,527

出典[編集]

  1. ^ “大河原雅子(比例・北関東・立憲民)【衆議院選挙2017】”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/profile/YTPSREYC83022XXX005.html 2018年5月20日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f プロフィール│衆議院議員 大河原まさこ
  3. ^ 都議会議員選挙(平成9年7月執行)開票結果│東京都選挙管理委員会
  4. ^ 都議会議員選挙(平成13年6月24日執行)候補者別得票数│東京都選挙管理委員会
  5. ^ “東京選挙区、民主・大河原氏が初当選”. 読売新聞. (2007年7月29日). http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/news/20070729i313.htm 2018年5月20日閲覧。 
  6. ^ “小沢民主党代表の辞任報道:識者はこうみる”. ロイター. (2009年5月11日). https://www.reuters.com/article/idJPJAPAN-37932320090511 2021年11月30日閲覧。 
  7. ^ 2009年5月16日 民主党代表選 推薦人名簿”. 江田五月 - 新たな出発. 2021年11月27日閲覧。
  8. ^ “民主党代表選、両候補の推薦人名簿”. 日本経済新聞. (2010年9月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFL01049_R00C10A9000000/ 2018年5月20日閲覧。 
  9. ^ “推薦人、菅氏に7閣僚の名、小沢氏は「ガールズ」3氏も”. 朝日新聞. (2010年9月1日). http://www.asahi.com/special/minshudaihyo/TKY201009010196.html 2018年5月20日閲覧。 
  10. ^ “民主、一本化を検討 東京選挙区、共倒れ懸念”. 朝日新聞. (2013年6月29日). http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2013/news/TKY201306290303.html?iref=com_footer 2018年5月20日閲覧。 
  11. ^ “民主、東京選挙区で鈴木寛氏に一本化”. 日本経済新聞. (2013年7月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0205E_S3A700C1PP8000/ 2018年5月20日閲覧。 
  12. ^ a b “民主、東京で公認一本化 大河原氏は無所属で出馬へ”. 朝日新聞. (2010年7月2日). http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2013/news/TKY201307020395.html 2018年5月20日閲覧。 
  13. ^ “民主 大河原氏の公認取り消し ”. 東京新聞. (2013年7月3日). https://www.tokyo-np.co.jp/hold/2013/sanin2013/tokyo/CK2013070302000154.html 2020年2月17日閲覧。 
  14. ^ “無所属出馬の大河原氏、菅元首相が支援を表明”. 朝日新聞. (2013年7月3日). http://digital.asahi.com/senkyo/senkyo2013/news/TKY201307030356.html 2018年5月20日閲覧。 
  15. ^ “民主、急きょ候補者一本化 都議ら戸惑いの声”. 東京新聞. (2013年7月4日). http://www.tokyo-np.co.jp/hold/2013/sanin2013/tokyo/CK2013070402000167.html 2018年5月20日閲覧。 
  16. ^ “東京 - 開票速報 - 2013参院選”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2013/kaihyo/B13.html 2018年5月20日閲覧。 
  17. ^ “落選の大河原氏「力不足もあるが、やはり理不尽」 東京”. 朝日新聞. (2013年7月17日). http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2013/news/TKY201307170441.html 2018年5月20日閲覧。 
  18. ^ “開票結果・速報 比例代表・民進党(民進)【参議院選挙2016】”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2016/kaihyou/yb007.html 2018年5月20日閲覧。 
  19. ^ “立憲民主、2次公認16人発表 秋葉忠利前広島市長ら 社民候補4人に推薦”. 産経新聞. (2017年10月9日). https://www.sankei.com/politics/news/171009/plt1710090049-n1.html 2018年5月20日閲覧。 
  20. ^ “第48回衆院選 比例代表 北関東ブロック”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/hirei/?bid=03 2018年5月20日閲覧。 
  21. ^ “立憲民主党埼玉県連が初会合 26人で出発 枝野幸男氏「思っていたより多かった」”. 産経新聞. (2018年1月28日). https://www.sankei.com/article/20180128-ZPR3IOO4AVIXHAYXKYDMWZDTGM/ 2018年5月20日閲覧。 
  22. ^ 立憲民主党. “【常任幹事会】次期参院選宮崎選挙区の園生裕造さん、比例で須藤元気さん、白沢みきさん、中村起子さん、眞野哲さんの公認などを決定” (日本語). 立憲民主党. 2019年6月5日閲覧。
  23. ^ 山下龍一、小林豪 (2020年8月24日). “立国の新党、無所属2グループも合流へ 150人前後に”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASN8S6TNFN8SUTFK00J.html 2021年11月9日閲覧。 
  24. ^ “【合流新党】立民・枝野代表推薦人名簿”. 産経新聞. (2020年9月7日). https://www.sankei.com/article/20200907-FZVL7WX7CBPEZAF3QMXBUHBOEI/ 2021年11月26日閲覧。 
  25. ^ 中途障がい者として - 衆議院議員 大河原まさこ 2021年9月21日
  26. ^ 衆議院選挙2021 東京(千代田区・港区など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  27. ^ 【2021年 衆院選】東京ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  28. ^ 令和3年10月31日執行 衆議院(小選挙区選出)議員選挙 候補者別得票数(全候補) (PDF)”. 東京都選挙管理委員会. 2022年1月11日閲覧。
  29. ^ “立憲代表選、4陣営の推薦人は計90人 国会議員の7割固まる”. 朝日新聞. (2021年11月19日). https://www.asahi.com/articles/ASPCM46VPPCMULEI002.html 2021年11月19日閲覧。 
  30. ^ a b c d e f g h “第48回衆院選 立憲 北関東 大河原雅子”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=D03027005005 2018年5月20日閲覧。 
  31. ^ “憲法審査会規程、参院でも制定”. 日本経済新聞. (2011年5月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS18006_Y1A510C1EB2000/ 2018年5月20日閲覧。 
  32. ^ 韓国水曜デモ1000回アクション”. 週刊金曜日オンライン (2012年1月20日). 2021年3月28日閲覧。
  33. ^ 韓国水曜デモ1000回アクション 東京行動 報告”. 日本軍『慰安婦』問題解決全国行動. 2021年3月28日閲覧。
  34. ^ a b “韓国女性家族部長官が日本議員と面談=慰安婦問題で”. 聯合ニュース. (2013年12月20日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20131220003700882 2018年5月20日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]