中山利生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中山利生。1993年5月、ペンタゴンにてウィリアム・J・ペリーと会見の折

中山 利生(なかやま としお、1925年3月16日 - 2004年9月30日)は、日本政治家。元自由民主党衆議院議員防衛庁長官

経歴[編集]

衆議院議員を務めた中山栄一の息子として茨城県龍ケ崎市に生まれる。龍ヶ崎中学日本大学法学部を卒業。父の秘書を経て、1969年第32回衆議院議員総選挙に自民党公認で出馬し当選(当選同期に小沢一郎羽田孜梶山静六渡部恒三奥田敬和綿貫民輔塩崎潤森喜朗村田敬次郎松永光江藤隆美中山正暉浜田幸一など)。以降9期当選。法務政務次官自治政務次官を経て宮澤内閣時に防衛庁長官を務めた。1993年12月に自民党副幹事長に就任し、1998年11月に勲一等旭日大綬章を受章。2003年に政界を引退。2004年9月30日死去。享年79。死後正三位に叙された。

龍ヶ崎市長の中山一生は長男。