岡崎英城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡崎英城
(おかざき えいじょう)
生年月日 1901年明治34年)1月10日
出生地 三重県
没年月日 1989年平成元年)2月18日
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 内務官僚
所属政党自由党→)
日本民主党→)
自由民主党
称号 従三位
勲一等瑞宝章(現・瑞宝大綬章

選挙区 東京4区
当選回数 6回
在任期間 1955年昭和30年) - 1972年(昭和47年)
テンプレートを表示

岡崎 英城(おかざき えいじょう、1901年明治34年〉1月10日 - 1989年平成元年〉2月18日)は、日本内務官僚政治家

人物[編集]

1955年(昭和30年)衆議院議員東京4区から初当選、連続当選6回。岸内閣内閣官房副長官労働行政管理通産の各政務次官、自民党東京都連幹事長などを歴任したが、入閣はできなかった。

来歴[編集]

家族[編集]

元秘書[編集]

栄典[編集]

位階[編集]

勲章等[編集]

勲一等瑞宝章(現・瑞宝大綬章

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』衆議院、1990年11月。
議会
先代
中馬辰猪
日本の旗 衆議院地方行政委員長
1966年
次代
亀山孝一
先代
吉田重延
日本の旗 衆議院公職選挙法改正に関する調査特別委員長 次代
永田亮一
官職
先代
田中栄一
日本の旗 内閣官房副長官(事務担当) 次代
鈴木俊一