岡崎英城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡崎英城
おかざき えいじょう
生年月日 1901年明治34年)1月10日
出生地 三重県
没年月日 1989年平成元年)2月18日
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 内務官僚
所属政党自由党→)
日本民主党→)
自由民主党
称号 従三位
勲一等瑞宝章(現・瑞宝大綬章

選挙区 東京4区
当選回数 6回
在任期間 1955年昭和30年) - 1972年(昭和47年)
テンプレートを表示

岡崎 英城(おかざき えいじょう、1901年明治34年)1月10日 - 1989年平成元年)2月18日)は、日本内務官僚政治家

人物[編集]

1928年昭和3年)、東京帝国大学経済学科卒業、1929年内務省警視庁に入り、1935年 (昭和10年)特別警備隊長、1940年(昭和15年)特別高等警察特高二課長、1944年(昭和19年)特別高等警察部長、1945年(昭和20年)内務省警備局保安課長。戦後、1946年(昭和21年)から1952年(昭和27年)まで公職追放となる。1955年(昭和30年)衆議院議員東京4区から初当選、連続当選6回。岸内閣内閣官房副長官労働行政管理通産の各政務次官、自民党東京都連幹事長などを歴任したが、入閣はできず1972年(昭和47年)落選を機に引退した。

1989年平成元年)死去、88歳没。

略歴[編集]

家族[編集]

元秘書[編集]

栄典[編集]

位階[編集]

勲章等[編集]

勲一等瑞宝章(現・瑞宝大綬章

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』衆議院、1990年11月。