松野頼久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
松野 頼久
まつの よりひさ
Yorihisa Matsuno 200909.jpg
内閣官房副長官就任に際して
公表された肖像写真
生年月日 (1960-09-19) 1960年9月19日(57歳)
出生地 日本の旗 熊本県菊池郡菊鹿村
(現・山鹿市
出身校 慶應義塾大学法学部
前職 日本新党職員
新進党職員
細川護熙衆議院議員秘書
所属政党 日本新党→)
新進党→)
フロム・ファイブ→)
民主党鳩山グループ)→)
日本維新の会→)
維新の党→)
民進党松野グループ)→)
希望の党
称号 学士(慶應義塾大学・1987年
親族 松野長八(曾祖父
野田卯太郎(曾祖父)
松野鶴平祖父
野田俊作大おじ
松野頼三
塚田徹義兄
松野未佳次女
サイン Matsuno-Yorihisa signature.png
公式サイト 衆議院議員 松野 頼久

選挙区 熊本1区→)
比例九州ブロック
当選回数 6回
在任期間 2000年6月26日 - 現職
テンプレートを表示

松野 頼久(まつの よりひさ、1960年9月19日 - )は、日本政治家民進党所属の衆議院議員(6期)、民進党国会対策委員長衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長。本名表記:松野 賴久[1]

内閣官房副長官日本維新の会国会議員団代表、維新の党代表代行兼国会議員団会長、維新の党幹事長、維新の党代表を歴任。父は衆議院議員防衛庁長官農林大臣労働大臣総理府総務長官を歴任した松野頼三。祖父は参議院議長鉄道大臣、衆議院議員を歴任した松野鶴平。次女・松野未佳2016年ミス日本コンテストグランプリ受賞者である。

来歴[編集]

熊本県鹿本郡菊鹿村(現・山鹿市)生まれ。父は松野頼三慶應義塾高等学校を経て1987年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。父・頼三が、元熊本県知事日本新党を結党した細川護熙の政治的な後見人であった縁で日本新党に入党し、1993年より日本新党本部に勤務する。1994年、日本新党の解党に伴い新進党結党に参加し、同党事務局に勤務。1997年、細川の新進党離党に伴い自身も新進党を離れ、フロム・ファイブを結党した細川の秘書に転じる。

細川は自身が結党したフロム・ファイブのほか新党友愛民政党旧民主党に合流させ、1998年民主党結党に尽力したが、その直後、還暦を理由に衆議院議員を辞職。細川の議員辞職に伴う衆議院熊本1区補欠選挙に民主党公認で出馬したが、自由民主党公認の岩下栄一に敗れ、落選。2000年第42回衆議院議員総選挙に再び熊本1区から民主党公認で出馬、岩下を破り初当選した。以後、熊本1区で連続4選。

2009年9月、鳩山由紀夫内閣内閣官房副長官に任命され、鳩山内閣メールマガジンの編集長を務める[2][3]

2010年6月、菅内閣発足に伴い官房副長官を退任した。同年9月の民主党代表選挙では、鳩山グループ所属ながら現職の菅直人首相の対抗馬に小沢一郎を擁立する動きを見せ[4][5]、小沢の推薦人に名を連ねるが[6][7]、小沢は菅に敗れた。同年9月、衆議院議院運営委員会筆頭理事に就任。同年10月、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に反対する民主党議員の勉強会「TPPを慎重に考える会」の立ち上げに参加し、同会幹事長に就任する[8]。同年12月、民主党役員会で岡田克也幹事長らが小沢の衆議院政治倫理審査会招致を議決する方針を決定しようとした際には、約40人の議員らとともに抗議した[9][10]

2011年1月、国会対策副委員長に就任。同年4月、統一地方選敗北を受け、熊本県連代表を辞任する意向を表明し[11][12]菅おろしの動きに拍車をかけた[13][14]。同年6月、第177回国会の延長幅を50日間とする民主・自民・公明の3党合意を菅首相が拒否し70日間となったことを受け[15]、22日に衆議院議院運営委員会筆頭理事の辞表を提出し[16]、29日付で受理された[17]。同年7月、鳩山グループ幹事長に就任[18]。同年8月の民主党代表選挙では、海江田万里の推薦人に名を連ねるが[19]、海江田は野田佳彦に敗れた。同年9月、第178回国会が9月16日閉会の方針から輿石東幹事長の指示で14日間の会期延長に急遽変更となったことへの不満から、16日に松本剛明加藤公一らとともに国対役員の辞表を提出したが[20][21]、辞表は受理されず輿石から20日付で1か月間の謹慎処分を受け[22][23][24]、最終的には謹慎明けの国対副委員長復帰を表明した[25]。同年12月、小沢一郎を会長に結成された新しい政策研究会に参加し、役員(オブザーバー)に名を連ねる。

2012年3月、自民・民主・みんなの3党の中堅・若手議員7名による超党派で大阪維新の会と連携した「道州制型統治機構研究会」を立ち上げ、会長代行に就任した[26][27]

同年の消費増税をめぐる政局では、消費増税法案に反対する意向を表明[28][29][30]、6月26日の衆議院本会議前に衆議院議院運営委員会筆頭理事の辞表を提出し[31][32][33]、同法案の採決では、党の賛成方針に反して反対票を投じた[34](社会保障制度改革推進法案・認定こども園法改正案には賛成[35])。民主党は7月3日の常任幹事会で党員資格停止2カ月の処分とする方針を決定し[36][37][38][39][40]、7月9日の常任幹事会で正式決定した[41][42][43]

同年9月、前述の「道州制型統治機構研究会」のほかのメンバー6名とともに日本維新の会結成に参加することを表明し、11日に民主党に離党届を提出したが[44]、民主党は離党届を受理せず10月5日付で除名処分とした[45]。同年10月、日本維新の会国会議員団代表に就任[46]。同年11月、太陽の党の日本維新の会への合流に伴い、国会議員団代表には平沼赳夫経済産業大臣が就き、松野は国会議員団幹事長に就任した[47]

同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、熊本1区で自民党元職の木原稔に敗れたが、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、5選。

2013年7月の第23回参議院議員通常選挙後、民主党の細野豪志、みんなの党の江田憲司と勉強会を発足させることで合意した[48]。同年12月、みんなの党を離党した江田らとの野党再編に意欲を示し[49]、勉強会「既得権益を打破する会」を発足させた[50]

2014年7月の日本維新の会の分党に際しては、6月10日から橋下徹共同代表を中心とするグループの国会議員団代表を兼務するなど[51]、中心的な役割を果たし、分党後の日本維新の会では執行役員幹事長代行に就任した。同年9月21日に日本維新の会と結いの党が合併してできた維新の党では執行役員として代表代行に指名され就任するとともに[52]、22日に立候補の届出が行われた国会議員組織長選挙において無投票選出され、初代国会議員団会長に就任した[53]

同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、熊本1区で再び木原に敗れたが、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、6選。

2015年5月20日国家基本政策委員会合同審査会での内閣総理大臣安倍晋三(中央右)との党首討論にて
2015年6月17日、国家基本政策委員会合同審査会での内閣総理大臣安倍晋三(中央左)との党首討論にて

2015年5月19日、維新の党は両院議員総会を開き、大阪都構想住民投票で否決されたことを受け引責辞任した江田前代表の後任に松野を選出した。任期は同年9月までで、9月に代表選を改めて実施する予定であった[54]。しかしその後、維新の党は幹事長の柿沢未途山形市長選挙において民主党共産党などが推薦する立候補者を独断で応援に訪れたことをきっかけに内部対立が鮮明化し、松野は橋下らと対立する。

橋下は維新の党を離党し、松野執行部は2015年10月に橋下に近い議員を除籍処分とした。しかし橋下側は松野の代表任期は9月までであったと指摘し、除籍処分を無効と主張。10月24日に独自に党大会を開催し、馬場伸幸衆議院議員を党代表とする新執行部がその場で選出され、維新の党は執行部を名乗る勢力が2つ存在する事態となった[55]

松野は馬場執行部を認めず、一方で馬場側は松野が代表任期が切れた後に政党の事務所所在地など変更する書類を党代表者として作成し、関係各署に提出したことは有印私文書偽造にあたると指摘し告訴する方針を表明[56]、松野の維新の党代表としての地位は同年12月8日まで係争状態にあった。

2016年3月、維新の党は民主党と合流して民進党となり、松野は代表代行への就任を打診されたが、かつて民主党を除名された責任を取るとして固辞し[57][58]、無役となった[59]

同年8月3日、民進党代表選挙を前に旧維新の党グループを政策グループ化し、旧維新の党代表経験のある江田と松野が共同代表に就任した[60]。しかし、江田が蓮舫を支持したのに対して松野は前原誠司を支持し、グループは一致結束した投票行動をとれずに終わった。こうした路線対立から、選挙後、松野は執行部と距離を置き、江田と袂を分かつ動きに出た[61]

2017年4月6日、新グループ「創新会」を旗揚げして会長に就任し、維新の党出身の衆議院議員13人が参加した[62]

同年9月の民進党代表選挙では前原の推薦人を務め[63]、前原が代表に選出されると国会対策委員長に就任した[64][65]

同年9月28日の民進党両院議員総会で希望の党への事実上の合流方針が了承されたことを受け、第48回衆議院議員総選挙では、熊本1区から希望の党公認で出馬することとなった[66][67]

政策[編集]

  • 自身の政策として以下を挙げている[68]
    • 憲法改正による「統治機構改革」
    • 「道州制」導入
    • 「小さな行政機構」の実現
    • 市場メカニズムを通じた「原発フェードアウト」と「自然エネルギー立国」
    • 集団的自衛権の検討を含む「自衛権」行使の範囲の適正化と法整備、「ソフトパワー外交」の積極的展開
    • 少子高齢化に対応できる持続可能で受益と負担を明確化した「社会保障制度改革」
    • 教育行政に対する責任体制を明確にする「教育制度改革」
    • 被災地主導の「震災復興」と国主導の「原発事故対応」を加速化
    • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成[69][70]

活動[編集]

人物[編集]

家族・親族[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ““野田vs小沢”血の週末戦争!造反70人の脅威と露骨切り崩し”. 夕刊フジ. (2012年6月23日). オリジナル2012年6月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120627024439/http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120623/plt1206231454003-n1.htm 
  2. ^ “鳩山内閣:メールマガジン「ゆう&あい」を創刊”. 毎日新聞. (2009年9月30日). オリジナル2009年10月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091003124228/http://mainichi.jp/select/today/news/20091001k0000m010093000c.html 
  3. ^ “鳩山内閣がメルマガ配信 首相欄は「ゆう&あい」”. 産経新聞. (2009年9月30日). オリジナル2009年10月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091005064749/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090930/plc0909302354017-n1.htm 
  4. ^ “菅首相の論戦相手、「小沢系」ずらり 衆院予算委”. 朝日新聞. (2010年8月2日). オリジナル2010年8月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100805142122/http://www.asahi.com/politics/update/0802/TKY201008020376.html 
  5. ^ “平野氏ら元官房3氏、首相批判強める 周囲は冷ややか”. 朝日新聞. (2010年8月9日). オリジナル2010年9月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100914082554/http://www.asahi.com/politics/update/0808/TKY201008080072.html 
  6. ^ “推薦人、菅氏に7閣僚の名、小沢氏は「ガールズ」3氏も”. 朝日新聞. (2010年9月1日). オリジナル2010年9月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100903133554/http://www.asahi.com/politics/update/0901/TKY201009010196.html 
  7. ^ “民主代表選:菅氏は閣僚ずらり、小沢氏は新人6人 推薦人”. 毎日新聞. (2010年9月1日). オリジナル2010年9月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100902051847/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100902k0000m010070000c.html 
  8. ^ “小沢系“倒閣”決起、ガールズら110人結集”. 産経新聞. (2010年10月23日). オリジナル2010年10月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101026010535/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101023/stt1010232117003-n1.htm 
  9. ^ “「暴挙許せない」小沢系議員が岡田幹事長に決議文を提出 政務三役は辞任も検討”. 産経新聞. (2010年12月13日). オリジナル2010年12月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101216064403/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101213/stt1012131336008-n1.htm 
  10. ^ “鳩山前首相「和をもって貴しとなすの民族のはずじゃないか!」 小沢元代表を擁護する民主党議員の発言集”. 産経新聞. (2010年12月13日). オリジナル2010年12月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101216065403/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101213/stt1012131823015-n1.htm 
  11. ^ “地方代表に辞任の動き=首相責任論拡大も―民主【統一選】”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2011年4月22日). オリジナル2011年4月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110426050456/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110422-00000154-jij-pol 
  12. ^ “【統一選】敗北続きの民主党で地方の不満、爆発寸前 県連代表が続々辞意”. 産経新聞. (2011年4月25日). オリジナル2011年4月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110427053237/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110425/elc11042502470023-n2.htm 
  13. ^ “執行部追及、動き加速=首相「責任放棄せず」―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2011年4月25日). オリジナル2011年4月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110429202733/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110425-00000089-jij-pol 
  14. ^ “民主代表「解任決議案」も=首相にけじめ要求―小沢系”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2011年4月26日). オリジナル2011年5月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110502112208/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110426-00000002-jij-pol 
  15. ^ “首相:「会期70日延長」指示 辞任時期は示さず”. 毎日新聞. (2011年6月21日). オリジナル2011年6月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110621223355/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110622k0000m010134000c.html 
  16. ^ “民主・松野氏 衆院議運理事の辞表提出 3党合意ならず引責”. 産経新聞. (2011年6月22日). オリジナル2011年6月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110625035916/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110622/stt11062221350012-n1.htm 
  17. ^ “衆院議運筆頭理事・松野氏が辞任 会期延長の混乱で引責”. 朝日新聞. (2011年6月29日). オリジナル2011年6月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110630155836/http://www.asahi.com/politics/update/0629/TKY201106290535.html 
  18. ^ “【名言か迷言か】鳩山前首相 小沢流でグループ立て直し 「菅首相の死に体は当然」とカンカン!”. 産経新聞. (2011年7月9日). オリジナル2011年7月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110711215721/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110709/stt11070918000006-n1.htm 
  19. ^ “前原氏推薦人は若手・中堅も 海江田氏は小沢氏系中心”. 朝日新聞. (2011年8月27日). オリジナル2011年8月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110827080844/http://www.asahi.com/politics/update/0827/TKY201108270141.html 
  20. ^ “民主国対委員長代理2人ら辞表 会期延長の「混乱に責任」”. 産経新聞. (2011年9月16日). オリジナル2011年9月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110917110102/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110916/stt11091619260005-n1.htm 
  21. ^ “民主の国対、分裂状態 臨時国会の会期延長めぐり混乱”. 朝日新聞. (2011年9月18日). オリジナル2011年9月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110919153133/http://www.asahi.com/politics/update/0918/TKY201109180209.html 
  22. ^ “民主国対3幹部、1か月謹慎…幹事長が独自処分”. 読売新聞. (2011年9月20日). オリジナル2011年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110925063529/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110920-00001096-yom-pol 
  23. ^ “松本国対代理ら「謹慎」に=輿石氏ら処分、民主内に不満”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 時事通信. (2011年9月20日). オリジナル2013年1月5日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20130105074726/http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-309277.html?mg=inert-wsj 
  24. ^ “民主国対の3氏、謹慎1カ月の処分 辞表は不受理”. 朝日新聞. (2011年9月21日). オリジナル2011年9月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110921015043/http://www.asahi.com/politics/update/0920/TKY201109200450.html 
  25. ^ “謹慎の松野氏、国対副委員長復帰を明言”. 産経新聞. (2011年9月22日). オリジナル2011年9月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110922121119/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110922/stt11092208160000-n1.htm 
  26. ^ “維新と合流へ新党準備…超党派10議員が研究会”. 読売新聞. (2012年8月14日). オリジナル2012年8月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120817025026/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120813-00001670-yom-pol 
  27. ^ ““橋下新党”お盆明けに政党化加速へ!国会議員が多数合流”. 夕刊フジ. (2012年8月14日). オリジナル2012年8月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120817152456/http://news.livedoor.com/article/detail/6854776/ 
  28. ^ “福嶋氏が離党示唆 松野頼久氏も消費増税反対へ”. 熊本日日新聞. (2012年6月24日). オリジナル2012年6月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120627230057/http://kumanichi.com/news/local/main/20120624001.shtml 
  29. ^ “消費税増税法案 民主の「造反」70人規模に 鳩山系に拡大”. 産経新聞. (2012年6月24日). オリジナル2012年6月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120623231809/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120624/stt12062401220000-n1.htm 
  30. ^ “民主60人超が造反の構え 消費増税、午後に衆院通過”. 日本経済新聞. (2012年6月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2502V_V20C12A6MM8000/ 
  31. ^ “【民主分裂】民主の松野・衆院議院運営委筆頭理事が辞表提出、消費税増税に反対”. 産経新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120626182002/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120626/stt12062613200009-n1.htm 
  32. ^ “消費増税法案:福田衣里子議員が反対表明”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120629005517/http://mainichi.jp/select/news/20120626k0000e010211000c.html 
  33. ^ “小沢氏系会合に43議員 鳩山氏、党最高顧問を辞任へ”. 朝日新聞. (2012年6月26日). オリジナル2013年1月17日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20130117061030/http://www.asahi.com/politics/update/0626/TKY201206260258.html 
  34. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  35. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  36. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  37. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  38. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  39. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  40. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナル2013年4月24日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20130424235545/http://www.asahi.com/politics/update/0703/TKY201207030389.html 
  41. ^ “鳩山氏は資格停止3カ月=小沢氏らの除籍決定―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120712005450/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000114-jij-pol 
  42. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 
  43. ^ “民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年8月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120807002014/http://mainichi.jp/select/news/20120710k0000m010062000c.html 
  44. ^ “松野氏ら7人離党表明、日本維新の会参加で”. 産経新聞. (2012年9月11日). オリジナル2012年9月11日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20120911123153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120911/stt12091112050010-n1.htm 
  45. ^ “民主が川口氏を除名 維新に参加の松野氏らも”. 朝日新聞. (2012年10月5日). オリジナル2012年11月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121113235009/http://www.asahi.com/politics/update/1005/TKY201210050283.html 
  46. ^ “維新の会、国会議員団が発足 松野衆院議員が代表に”. 朝日新聞. (2012年10月3日). オリジナル2012年10月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121003080658/http://www.asahi.com/politics/update/1003/TKY201210030262.html 
  47. ^ “維新に太陽の党が合流 1次公認の47人を発表”. 朝日新聞. (2012年11月17日). オリジナル2012年11月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121117150538/http://www.asahi.com/politics/update/1117/OSK201211170029.html 
  48. ^ “勉強会:民主・細野、維新・松野、みんな・江田氏らで発足”. 毎日新聞. (2013年7月25日). オリジナル2013年8月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130812042326/http://mainichi.jp/select/news/20130725k0000e010179000c.html 
  49. ^ “「江田新党」に維新松野氏「野党再編の幕開けになれば」”. 産経新聞. (2013年12月8日). オリジナル2013年12月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131208170728/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131208/stt13120812160001-n1.htm 
  50. ^ “野党再編、思惑に差も みんな離党組ら勉強会 江田氏と民主・細野氏、維新・松野氏ら”. 朝日新聞. (2013年12月11日). オリジナル2013年12月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131211144827/http://www.asahi.com/articles/TKY201312100540.html 
  51. ^ “橋下系維新と結いが政策合意 「自主憲法」外す 集団的自衛権はトーンダウン”. 産経新聞. (2014年6月10日). オリジナル2014年6月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140610204315/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140610/stt14061021540007-n1.htm 
  52. ^ “野党再編の展望開けず…維新内部、政策にずれ”. 読売新聞. (2014年9月22日). オリジナル2014年9月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140922102558/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140922-00050028-yom-pol 
  53. ^ “「維新の党」正式発足 国会議員団会長に松野氏”. 産経新聞. (2014年9月22日). オリジナル2014年9月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140923044300/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140922/stt14092219450006-n1.htm 
  54. ^ “維新の新代表に松野氏、幹事長に柿沢氏”. 日本経済新聞. (2015年5月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK19H4X_Z10C15A5000000/ 2015年10月25日閲覧。 
  55. ^ “「維新の党」解党決議 松野氏は無効主張 臨時党大会”. 産経新聞. (2015年10月24日). http://www.sankei.com/west/news/151024/wst1510240066-n1.html 2015年10月25日閲覧。 
  56. ^ “「松野氏を刑事告訴」=大阪系が週明けに—橋下氏”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 時事通信. (2015年10月24日). http://jp.wsj.com/articles/JJ11931423785984214387917784302632435846788 2015年10月25日閲覧。 
  57. ^ “民進党:松野氏、要職を固辞 江田氏登用を要請”. 毎日新聞. (2016年3月18日). https://mainichi.jp/articles/20160318/ddm/005/010/060000c 
  58. ^ “民進党:幹事長は枝野氏 代表代行は維新幹部”. 毎日新聞. (2017年8月7日). https://mainichi.jp/articles/20160324/k00/00m/010/155000c 
  59. ^ “民進党結党大会 “出戻り維新”の松野氏がまさかの懺悔「多くの皆さんに不快な思いをさせた…」”. 産経新聞. (2016年3月27日). オリジナル2016年4月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160404183115/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160327-00000523-san-pol 
  60. ^ “【民進党代表選】蓮舫代表代行、細野豪志元環境相と会談 旧維新系は新グループ立ち上げ”. 産経新聞. (2016年8月3日). http://www.sankei.com/politics/news/160803/plt1608030026-n1.html 
  61. ^ “民進党内で「蓮舫降ろし」の動き顕在化 松野頼久元官房副長官が「反蓮舫」拠点の新グループ立ち上げへ 都議選候補は離党の動き”. 産経新聞. (2016年1月30日). http://www.sankei.com/politics/news/170130/plt1701300004-n1.html 
  62. ^ “民進党に新派閥「松野派」 共産・志位和夫委員長ら招き、野党共闘盛り上げか”. 産経新聞. (2017年4月6日). http://www.sankei.com/politics/news/170406/plt1704060026-n1.html 2017年6月7日閲覧。 
  63. ^ “民進代表選:前原氏が基本政策 改憲「最優先課題でない」”. 毎日新聞. (2017年8月7日). https://mainichi.jp/articles/20170808/k00/00m/010/070000c 2017年9月6日閲覧。 
  64. ^ “民進 大島幹事長ら新執行部が発足”. NHK. (2017年9月5日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170905/k10011127751000.html 2017年9月6日閲覧。 
  65. ^ “徹底的に対案示したい 国対委員長就任、松野頼久氏に聞く”. 熊本日日新聞. (2017年9月6日). http://kumanichi.com/news/local/main/20170906002.xhtml 
  66. ^ “1区・松野氏、4区・矢上氏 希望の党に公認申請へ”. 熊本日日新聞. (2017年9月29日). http://kumanichi.com/news/local/main/20170929002.xhtml 
  67. ^ “希望1次公認 1区松野氏のみ 荒木氏東京7区 矢上氏は無所属”. 西日本新聞. (2017年10月4日). https://www.nishinippon.co.jp/nnp/representatives_election_2017_kumamoto/article/363441/ 
  68. ^ 公式ページ:政策
  69. ^ “<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ”. 西日本新聞. (2016年4月30日). オリジナル2016年5月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160505085641/http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/242418 
  70. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  71. ^ “裁判官弾劾裁判所:冤罪判決で処置を…民主の松野氏が提起”. 毎日新聞. (2011年10月20日). オリジナル2011年10月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111021055502/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111021k0000m010045000c.html 
  72. ^ “【川口委員長解任】「外交権はあくまで政府に属する」維新・松野氏”. 産経新聞. (2013年5月9日). オリジナル2013年5月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130509060027/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130509/stt13050912580004-n1.htm 
  73. ^ “維新、都知事選対応バラバラ 松野幹事長は細川氏支援”. 朝日新聞. (2014年1月21日). オリジナル2014年1月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140122010424/http://www.asahi.com/articles/ASG1P51MYG1PUTFK009.html 
  74. ^ “京都1区を野党共闘の象徴に 小沢、穀田氏そろい踏み”. 共同通信. (2016年12月25日). https://this.kiji.is/185689816253792260 
  75. ^ “3野党国会議員、京都で演説会 「民共共闘」波紋”. 京都新聞. (2016年12月25日). http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20161225000085 
  76. ^ “民進・野田氏「極めて遺憾」 松野氏の街頭演説巡り”. 日本経済新聞. (2016年12月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H3O_W6A221C1PP8000/ 
  77. ^ “共産:衆院選で15の「必勝区」提示 連携巡り民進で異論”. 毎日新聞. (2016年12月26日). http://mainichi.jp/senkyo/articles/20161227/k00/00m/010/084000c 
  78. ^ “民進幹事長、松野議員に苦言 京都1区で「野党共闘」”. 京都新聞. (2016年12月26日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20161226000145 
  79. ^ “「鳩山政権」カギ握る2人 「側用人」と「駆け込み寺」”. JBpress. (2009年8月3日). オリジナル2009年8月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090804225453/http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1500 
  80. ^ “【続・民主党解剖】政権前夜(3)政権運営縛る“小沢氏の影””. 産経新聞. (2009年8月6日). オリジナル2009年8月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090809135546/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090806/stt0908062353004-n1.htm 
  81. ^ “政治活動でキャバクラ利用 江田議長ら民主5議員団体”. 共同通信. (2009年9月30日). http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009093001000451.html 
  82. ^ “県外移設「形の上だけ」検討〈米公電分析〉民主政権1”. 朝日新聞. (2011年5月4日). オリジナル2011年5月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110510145839/http://www.asahi.com/special/wikileaks/TKY201105030264.html 
  83. ^ “名護市長選、移設賛成派を官邸がひそかに応援 米公電訳”. 朝日新聞. (2011年5月7日). オリジナル2011年5月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110508232840/http://www.asahi.com/politics/update/0506/TKY201105060399.html 
  84. ^ “犬好きの小沢、鳩山両氏が動物愛護議連結成 「動物との共存」訴える”. 産経新聞. (2010年12月2日). オリジナル2010年12月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101206091429/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101202/stt1012021103001-n1.htm 
  85. ^ “維新・松野新代表の横顔 シャツは第二ボタンまでオープン”. 産経新聞. (2015年5月19日). http://www.sankei.com/politics/news/150519/plt1505190048-n1.html 
  86. ^ “路駐とんこつベントレー 内閣官房副長官「松野頼久」アンバランスな休日”. 週刊新潮. (2010年5月27日) 
  87. ^ “安保法案のキーマン「松野頼久」維新の党代表が借金12億円”. 週刊新潮. (2015年6月25日). http://www.dailyshincho.jp/article/2015/06250830/?all=1 
  88. ^ 「ミス日本」に維新代表の娘・松野未佳さん 2804人の頂点に”. スポーツニッポン (2016年1月25日). 2016年1月25日閲覧。
  89. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  90. ^ 理事・会員リスト・会員ホームページ パチンコチェーンストア協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
黄川田徹
日本の旗 衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長
2016年 -
次代:
(現職)
公職
先代:
松本純
日本の旗 内閣官房副長官(政務担当・衆議院)
2009年 - 2010年
次代:
古川元久
党職
先代:
山井和則
民進党国会対策委員長
第3代:2017年 -
次代:
(現職)
先代:
江田憲司
維新の党代表
第2代:2015年 - 2016年
次代:
民進党
先代:
松井一郎
維新の党幹事長
第2代:2014年 - 2015年
次代:
柿沢未途
先代:
結成
維新の党代表代行
初代:2014年
次代:
廃止
先代:
結成
維新の党国会議員団会長
初代:2014年
次代:
国会議員団廃止
先代:
結成
維新の党国会議員団選挙対策委員長
初代:2014年
次代:
国会議員団廃止
先代:
結成
平沼赳夫
日本維新の会国会議員団代表
初代:2012年
第3代:2014年
次代:
平沼赳夫
維新の党
先代:
松浪健太
日本維新の会国会議員団幹事長
第2代:2012年 - 2014年
次代:
小沢鋭仁
先代:
新設
日本維新の会幹事長代行
初代:2014年
次代:
維新の党