岡田直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡田直樹
おかだ なおき
生年月日 (1962-06-09) 1962年6月9日(55歳)
出生地 石川県金沢市
出身校 東京大学法学部卒業
東京大学文学部卒業
前職 政策研究員
新聞社論説委員
現職 参議院議員
自民党石川県参議院選挙区第二支部長
自民党参議院幹事長代行
自民党幹事長代理
所属政党 自由民主党細田派
称号 学士
公式サイト 参議院議員 岡田直樹 オフィシャルウェブサイト

選挙区 石川県選挙区
当選回数 3回
在任期間 2004年7月26日 - 現職

選挙区 金沢市選挙区
当選回数 1回
在任期間 2002年3月19日 - 2003年4月29日
テンプレートを表示

岡田 直樹(おかだ なおき、1962年6月9日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(3期)、自由民主党参議院幹事長代行・幹事長代理。

参議院国土交通委員長国土交通大臣政務官福田康夫改造内閣)、財務副大臣第3次安倍第1次改造内閣)、石川県議会議員(1期)を歴任。

概要[編集]

石川県金沢市出身。森喜朗首相(弟の長女)[1][2][3]

金沢大学附属高等学校東京大学文学部中国哲学科を卒業、同法学部学士入学して1989年卒業、実父が社長を勤めていた北國新聞社に入社[要出典]

略歴[編集]

政策[編集]

不祥事[編集]

  • 読売新聞によると、2011年に自らが代表を務める政党支部に500万円を寄付し、所得税の還付を受けていたとされる[7]

所属団体・議員連盟[編集]

親族・家族[編集]

著書[編集]

  • 『憲法改正序曲』北國新聞社、2006年

脚注[編集]

  1. ^ 馳浩 『森奥の呪縛』 北國新聞社、2006年、11頁。
  2. ^ “始動 県関係国会議員 秋の陣 1 森 喜朗氏”. 北國新聞: p. 5. (2006年8月11日) 
  3. ^ 『森家文書目録』 能美市立博物館、能美市教育委員会、2007年、138頁。
  4. ^ 朝日新聞2016年参院選候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)、(2016年6月23日閲覧)
  5. ^ 第174回国会 法務委員会 請願 1554号
  6. ^ 敦賀以西ルートの協議開始、議論曲折も 北陸新幹線で与党検討委 京都新聞 2015年08月06日 21時40分
  7. ^ 読売新聞、2013年4月20日
  8. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
小泉昭男
日本の旗 参議院国土交通委員長
2011年 - 2012年
次代:
石井準一
公職
先代:
菅原一秀
宮下一郎
日本の旗 財務副大臣
2015年 - 2016年
次代:
大塚拓
木原稔
先代:
藤野公孝
金子善次郎
谷公一
日本の旗 国土交通大臣政務官
2008年 - 2009年
次代:
長安豊
三日月大造
藤本祐司