道休誠一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
道休 誠一郎
どうきゅう せいいちろう
生年月日 (1953-04-01) 1953年4月1日(66歳)
出生地 宮崎県宮崎市
出身校

上智大学 (1972年)-(1976年) 外国語学部
コロンビア大学大学院

国際関係学 修士課程 (1976年)-(1978年)
所属政党民主党→)
民進党
称号 学士・国際関係学修士

選挙区 比例九州ブロック宮崎2区
当選回数 1回
在任期間 2009年8月31日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

道休 誠一郎 (どうきゅう せいいちろう、1953年4月1日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(1期)。タレント紗栄子は姪にあたる[1]

概要[編集]

宮崎県宮崎市生まれ。宮崎県立宮崎南高等学校上智大学外国語学部卒業。上智大卒業後はコロンビア大学大学院国際関係学修士課程に留学。1979年(昭和54年)、シティバンクに就職。1982年から野村證券に勤務。2003年JICAからインドネシア財務省に派遣される。

2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙民主党公認で宮崎2区から出馬。自由民主党江藤拓に敗れるも、比例九州ブロックで復活し、初当選した。道休の当選により、2005年第44回衆議院議員総選挙米沢隆が落選して以来、4年ぶりに民主党が宮崎県で議席を獲得した。

2010年5月31日、宮崎県で発生した口蹄疫問題への対応が遅れた農林水産大臣赤松広隆に対する不信任決議案衆議院本会議で採決された際には反対票を投じた[2]

2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙に民主党公認で宮崎2区から再び出馬するも、再び江藤に敗れ、比例復活もならず落選した。

2013年4月16日、民主党は、道休を同年夏の第23回参議院議員通常選挙宮崎県選挙区の候補者に擁立する方針を決めた[3]。同年7月21日の第23回参議院議員通常選挙では自民党新人の長峯誠に3倍以上の得票差で敗れ、落選。民主党からの宮崎県選出議員は衆参ともに0人になった。

2017年9月28日民進党宮崎県連が第48回衆議院議員総選挙に道休を宮崎1区に擁立すると発表[4]。同日に民進党は希望の党への合流を決め、10月3日に道休は希望の党の一次公認を受けた[5]が、民進党宮崎県連が希望の党に保守色の強い中山成彬元文部科学相が参加していることに反発し、道休を支援しない方針を決定。翌4日に道休は公認を辞退し、選挙にも出馬しなかった[6][7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]