比嘉奈津美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
比嘉 奈津美
ひが なつみ
生年月日 (1958-10-03) 1958年10月3日(58歳)
出生地 沖縄県コザ市(現沖縄市
出身校 福岡歯科大学
前職 歯科医師
所属政党 自由民主党額賀派
称号 学士(歯学)
公式サイト 沖縄第三区|自由民主党|衆議院議員比嘉なつみ

選挙区 沖縄3区→)
比例九州ブロック
当選回数 2回
在任期間 2012年12月19日[1] - 現職
テンプレートを表示

比嘉 奈津美(ひが なつみ、1958年10月3日 - )は、日本政治家歯科医師自由民主党所属の衆議院議員(2期)、環境大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)。

経歴[編集]

1958年10月3日沖縄県コザ市(現在の沖縄市)に生まれる。コザ市立諸見小学校・同コザ中学校を経て、1974年浦添市に新設された昭和薬科大学附属高校に進学した[2]。小学6年生時にはコザ暴動を目の当たりにしている[3]。その後福岡歯科大学へと進学し、1986年に卒業[4]

卒業後は沖縄県の久米島へと渡って歯科医師となり、後に沖縄市内に「なつみ歯科医院」を開院した。また2006年からカンボジアでの歯科医療ボランティアに携わるようになった[2]2009年4月には沖縄県歯科医師会の副会長に就任している[4]

2011年12月嘉数知賢の後任として自民党沖縄3区支部長に就任[5]。翌2012年12月の第46回総選挙では「TPP参加反対」「米軍普天間基地の県外移設」[6]などを公約に掲げて選挙戦に臨み、日本未来の党公認の現職・玉城デニーを約12000票差で破り初当選した(玉城は比例復活)。

しかし普天間基地移設問題に関しては、翌2013年11月名護市辺野古への移設を容認する方向に転換した(後述)[7]

2014年12月14日の第47回衆議院議員総選挙では、前述の基地移設容認姿勢が批判され、玉城に敗れた。だが比嘉は比例九州ブロックにて当選した。

2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、環境大臣政務官に就任[8]

普天間基地移設問題を巡る主張の変遷[編集]

前述の通り、比嘉は第46回総選挙出馬に際して「普天間基地の県外移設」を公約として掲げており、基地移設先に関する考えを問う毎日新聞の候補者アンケートに対しても「沖縄県以外の国内」と回答していた[9]。また当初掲げていた県外移設方針を後退させた民主党政権に対しては「マニフェストを破って県民の心を傷つけた」と批判を寄せていた[3]

しかし辺野古移設容認を求める党本部からの圧力もあり、2013年4月になって同様に県外移設を主張してきた自民党衆議院議員西銘恒三郎沖縄4区)と参議院議員島尻安伊子沖縄県選挙区)が相次いで辺野古容認派に転向。これに対して比嘉は当初は転向を拒み、同年7月参院選で党が辺野古移設推進を打ち出した際にも「衆院選時に公約で掲げた『県外移設』を続けていく」と主張していた[10]

だが同年11月に入り、副総裁高村正彦ら党幹部が「辺野古容認に転じなければ離党勧告もあり得る」と示唆したことで態度が変化[11]。同月19日に幹事長石破茂と面談した際に転向期限を25日とされると地元関係者との調整に入り、25日の記者会見で正式に辺野古移設を容認することを発表した。比嘉は「(普天間の)固定化の可能性が非常に高いということだった。県民の命の方が大事だと思い決断した」と釈明した[7]

日本共産党の機関紙しんぶん赤旗に、2012年分の政治資金収支報告書によると、辺野古移設関連工事の受注業者から合計120万円の政治献金を受け取っていたと報じられた[12]

政策[編集]

  • 憲法改正に賛同し、集団的自衛権の行使を容認すべきとする。その一方で核武装は将来に渡って検討すべきでないとしている[9]
  • 女性宮家の創設に賛同している[9]。ただし所属する自民党内では女性宮家への反発が強い[13]
  • TPPへの参加に反対しており、農業分野への関税は維持されるべきと主張している[9]
  • 東村高江でのヘリパッド建設問題については、北部訓練場の返還が進むことを理由に賛成している。ただしオスプレイを使用した訓練は認めるべきではないとしている[6]
  • 選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらとも言えない」としている[14]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成24年(2012年)12月19日沖縄県選挙管理委員会告示第54号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人)
  2. ^ a b プロフィール|衆議院議員比嘉なつみ”. 比嘉奈津美. 2013年12月24日閲覧。
  3. ^ a b “【速報】県内19人届け出 衆院選公示 過去最多”. 琉球新報. (2012年12月4日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-199904.html 2013年12月24日閲覧。 
  4. ^ a b “時事ドットコム:国会議員 比嘉 奈津美(ひが なつみ)”. 時事通信. http://www.jiji.com/jc/giin?d=657c5ecfb74bce6c34a6b7fbfb9df9c6&c=syu 2013年12月24日閲覧。 
  5. ^ “衆院沖縄3区に新人=自民”. 時事通信. (2011年12月26日) 
  6. ^ a b “4氏 辺野古移設反対 衆院3区立候補予定者座談会”. 琉球新報. (2012年11月24日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-199574.html 2013年12月24日閲覧。 
  7. ^ a b “普天間移設で自民5氏、辺野古容認 県連も転換へ”. 琉球新報. (2013年11月26日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-215810.html 2013年12月24日閲覧。 
  8. ^ 副大臣.20人交代 閣議決定
  9. ^ a b c d “2012衆院選 沖縄3区 比嘉奈津美”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A47003004004 2013年12月24日閲覧。 
  10. ^ “選挙時の「普天間」公約 全国会議員「県外」 県議「県内」主張はゼロ”. 琉球新報. (2013年11月22日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-215646.html 2013年12月24日閲覧。 
  11. ^ “「辺野古」反対は離党勧告 自民幹部 県選出議員に示唆”. 琉球新報. (2013年11月16日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-215383.html 2013年12月24日閲覧。 
  12. ^ “公約破棄議員に「辺野古」マネー 沖縄出身 自民4氏、受注社から610万円”. しんぶん赤旗. (2013年12月1日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-12-01/2013120101_03_1.html 2013年12月24日閲覧。 
  13. ^ “衆院選:「女性宮家」 皇室典範改正、自民内に強い反発”. 毎日新聞. (2012年12月1日). http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20121201k0000e040188000c.html 2013年12月24日閲覧。 
  14. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査

関連項目[編集]

外部リンク[編集]