黒岩秩子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒岩 秩子
くろいわ ちづこ
生年月日 (1940-01-04) 1940年1月4日(82歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
出身校 東京大学理学部数学科
前職 保育士
参議院議員
所属政党新党さきがけ→)
(さきがけ→)
無所属
親族 祖父・北大路實信
伯父・北大路信明
長男・黒岩宇洋
公式サイト 黒岩秩子のホームページ

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2001年3月16日 - 2001年7月22日
テンプレートを表示

黒岩 秩子(くろいわ ちづこ、旧姓:北大路、1940年1月4日 - )は、日本政治家。元参議院議員(1期)。社会福祉法人理事長。

来歴[編集]

愛知県名古屋市出身[1]。品川区立第二延山小学校、目黒区立第九中学校東京都立日比谷高等学校卒業。同高校の同級生に加藤紘一保岡興治利根川進山尾三省などがいた。1958年(昭和33年)4月、東京大学理科Ⅰ類入学。1960年(昭和35年)、学生運動で知り合った黒岩卓夫と学生結婚[1]1963年(昭和38年)3月、東京大学理学部数学科卒業[1]。同年、京華女子高等学校に数学教諭[1]として奉職。1968年(昭和43年)、公立高校教師に転身し東京都立杉並高等学校に異動[1]

1970年、保母に転職し[1]1971年、1年前に医師として赴任した夫に続いて新潟県南魚沼郡大和町浦佐(現:南魚沼市浦佐)に引っ越す。1971年から18年間、大和町立保育所保育士として勤務[1]。この間、黒岩卓夫との間に黒岩宇洋をはじめ7人の子供をもうける[1]

1990年、保育士退職[2]。大地塾を始める[2](1998年閉鎖[1])。

1995年(平成7年)7月26日執行の第17回参議院議員通常選挙に、新党さきがけから比例代表に出馬するも[1]、落選。2001年(平成13年)3月、堂本暁子参議院議員の千葉県知事選挙出馬による辞職に伴い繰り上げ当選[1]。5か月間議員を務める[1]中村敦夫院内会派「さきがけ環境会議」を組織。

2001年(平成13年)7月29日執行の第19回参議院議員通常選挙に、無所属東京都選挙区から出馬するも落選[1]

2007年(平成19年)3月から、社会福祉法人桐鈴会の理事長に就任[2]

家系[編集]

家系は旧男爵の北大路家で祖父は元貴族院議員北大路實信、伯父は元貴族院議員の北大路信明。衆議院議員の黒岩宇洋は長男。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 黒岩秩子(くろいわ ちづこ)略歴”. www.tsukiji-shokan.co.jp. 築地書館. 2021年10月28日閲覧。
  2. ^ a b c 桐鈴会の生い立ち|桐鈴会”. www.toureikai.com. 2021年10月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]