園田修光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
園田 修光
そのだ しゅうこう
生年月日 (1957-03-13) 1957年3月13日(65歳)
出生地 日本の旗 日本 鹿児島県鹿児島市
出身校 日本大学法学部
前職 社会福祉法人旭生会理事長
所属政党 自由民主党谷垣グループ
称号 法学士
公式サイト そのだ修光ホームページ

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2016年7月26日 - 現職

選挙区 鹿児島2区
当選回数 1回
在任期間 1996年10月21日 - 2000年6月2日

当選回数 2回
在任期間 1987年 - 1993年
テンプレートを表示

園田 修光(そのだ しゅうこう、1957年3月13日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員全国比例区)(1期)。公益社団法人全国老人福祉施設協議会常任理事。衆議院議員(1期)、鹿児島県議会議員(2期)等を務めた。2019年10月、参議院厚生労働委員長に就任。介護福祉の現場出身の国会議員として、2018年度2021年度介護報酬改定をプラス改定に導き、介護人材対策や、高齢者施設介護現場における新型コロナウイルス感染症対策の重点化に尽力するなど、社会保障の充実並びに災害対策に取り組んでいる。

参議院所属委員会は、厚生労働委員会行政監視委員会東日本大震災復興特別委員会災害対策特別委員会(筆頭理事)

自民党内での役職は厚生労働部会 副部会長、組織運動本部 副本部長、奄美振興特別委員会 事務局長。

来歴[編集]

鹿児島県鹿児島市生まれ[1]鹿児島県立錦江湾高等学校日本大学法学部卒業[1]

幼稚園経営を経て、1987年鹿児島県議会議員に当選し、1993年まで2期務めた。鹿児島県県議会議員在職中、1987年4月自民党鹿児島県連広報委員長、1995年5月自民党鹿児島県連青年局長に就任[2]。また、ウォーターフロント開発問題議員研究会代表、九州新幹線建設促進協力会委員、県国土利用計画地方審議委員など地域活性化のための要職を歴任[3]

1996年第41回衆議院議員総選挙自由民主党公認で鹿児島2区から出馬し、長らく奄美地方で強固な地盤を築いていた自由連合代表の徳田虎雄を約3千票の僅差で破り、当選した。1997年10月、自民党社会福祉・環境関係団体副委員長、自民党青年局次長就任[2]

衆議院議員在職中、介護保険制度の立法化に努めた[4]地方創生のために、省庁再編の影響で開発銀行(現:日本政策投資銀行)が吸収合併される危機に伴い、世話人として勉強会を立ち上げ、銀行継続に動いたり、農林水産委員会黒豚の定義を問い、鹿児島の黒豚ブランディングに先鞭をつけた[5]鹿児島2区に在する奄美諸島のため、離島振興に取り組んだ[5]。また、不登校児の受け皿となるフリースクールへの経済的支援の道筋をつけた[5]

2000年第42回衆議院議員総選挙では、鹿児島2区で前回下した徳田に1万票超の差をつけられ、比例復活もできず落選した。2001年より社会福祉法人旭生会理事長[1]2003年第43回衆議院議員総選挙にも鹿児島2区から自民党公認で出馬したが、再び徳田に敗れた。

2005年第44回衆議院議員総選挙では、元職の園田に加え、元鹿児島県議の打越明司が自民党に公認を申請し、園田が公認を受けた。打越も無所属で鹿児島2区から出馬したが、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の闘病のため引退した徳田虎雄に代わり、長男の徳田毅が無所属(民主党推薦)で出馬し[6]、園田、打越のいずれも徳田に敗れた[7]。選挙戦中、鹿児島市内にある園田の後援会事務所の窓ガラスが何者かに割られる被害を受けた[8]2006年に徳田毅が自民党に入党したため、2009年第45回衆議院議員総選挙には出馬せず徳田を支援し、徳田は民主党公認で出馬した打越を下して再選(打越も比例復活)[9]2012年第46回衆議院議員総選挙にも出馬せず、鹿児島2区から自民党公認で出馬した徳田毅の選挙対策本部長を務めた[10][11]。同年12月28日第23回参議院議員通常選挙における、比例区での自民党公認を受けた[12]2013年7月の第23回参議院議員通常選挙では、かつて鹿児島2区の対立候補であった徳田虎雄が理事長を務め、徳田毅の支持母体でもある徳洲会の支援を受けた[13]が、支持が伸び悩み、落選した[14]

落選中は、社会福祉法人旭生会理事長兼特別養護老人ホーム旭ヶ丘園施設長として、地域福祉の充実、質の高い介護の提供、介護と医療の連携強化、認知症ケア児童発達支援に取り組んだ[5]社会保障の現場を運営する中で、「現場の声を届けなければならない!」と言う思いを深め、参議院議員への再出馬を目指すことになった[5]

2016年全国老人福祉施設協議会常任理事就任。全国老人福祉施設協議会の組織内候補として推薦を受け、2016年第24回参議院議員通常選挙に自民党公認で比例区から出馬。自民党は比例区で19議席を獲得。園田が最後の19議席目に当選が確定し、16年ぶりとなる国政復帰を果たした[15]

当選後は有隣会(谷垣グループ)に所属。為公会(麻生派)への合流を目指す佐藤勉らが谷垣グループを離脱し「天元会」を設立すると、谷垣グループに所属したまま参加した[16]。しかし、その後の合流・新派閥立ち上げには参加しなかった。

2017年4月ニッポン一億総活躍等に基づき、処遇改善加算を拡充(1万円相当)[1]

消費税を8%から10%に増税時の経済対策として策定された「新しい経済対策パッケージ」(平成29年12月8日閣議決定)に介護人材対策のための介護職員の処遇改善も含まれるように働きかけ(公費1,000億円)[17]、現場に役に立つ特定処遇改善加算制度の設立(2019年)に貢献した[1]

2017年10月、サンクトペテルブルグで開催された第137回国際列国同盟(IPU)定例会議に日本国会代表団団長として参加し[18]、北朝鮮に核計画放棄と拉致被害者の解放を要求した[19]

日本・メコン地域諸国友好議連に所属しており、介護人材対策の観点からベトナム・ミャンマーをはじめとするメコン地域諸国に対して、人材育成並びに派遣に関する議員外交を実施[20][21]

2018年11月に成立した改正入管法により創設した特定技能制度に介護も含まれるように要望し、実現[22]

そのだが議席を得ていない2015年度介護報酬改定はマイナス2.27%[23]で、介護業界に激震が走った。2018年度介護報酬改定においても、財政制度等審議会財政制度分科会では「平成30年度改定においてマイナス改定が必要。」と厳しく明記され[24]、財務相も再度「マイナスで」と言っていた[25]が、衆議院議員時代に培った議員ネットワークを用いてプラス0.54%に導く[26]

2019年10月、参議院厚生労働委員長に就任[27]

2020年12月、就任3カ月を迎える菅義偉首相が就任後に最も多くの時間を共有したのは誰かという日本経済新聞の調査で、3位にランクイン[28]

2021年度介護報酬改定においても、財政制度等審議会財政制度分科会においては「少なくとも介護報酬のプラス改定(国民負担増)をすべき事情は見いだせない。」と厳しく明記された[29]が、新型コロナウイルス感染症対策[30]と深刻な人手不足[31]対策から疲弊する介護現場を守り、国民に必要な介護サービスを提供するためプラス0.70%に導く[32]

2021年7月、2022年夏に行われるの参院選自由民主党の1次公認候補者(全国比例区)として公認を受けた[33]。介護・福祉の代表として、全国老人福祉施設協議会全国老人保健施設協会日本認知症グループホーム協会日本福祉用具供給協会日本介護支援専門員協会日本在宅介護協会全国介護事業者連盟日本介護事業連合会知的障がい者の明日を考える勉強会等の団体ないし政治連盟から推薦を受けている。

新型コロナウイルス感染症対策における高齢者施設介護現場・障がい施設等での感染症対策の重点化に働きかけ、衛生用品の確保、介護従事者に対するコロナ慰労金[34]介護報酬の適用特例かかりまし経費、高齢者と同じタイミングでのワクチン優先接種、ICT導入補助金補助率アップ、施設内療養費補助の実現に尽力した[35][36][37]

2022年、公的価格の見直しによる介護職の賃上げについて、働きかけを行い、介護従事者の処遇改善に取り組む[38]。介護保険制度外の高齢者福祉施設における養護・軽費・ケアハウスの介護職員やケアマネについても公平な処遇改善が行われるよう要望し、養護・軽費・ケアハウスの介護職員の処遇改善の道を切り開く[39]

2022年1月より自由民主党奄美振興特別委員会事務局長就任[40]

政策・主張[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e https://shuko-sonoda.com/profile プロフィール - そのだ修光公式HP そのだしゅうこう]
  2. ^ a b 国会議員情報:園田 修光(そのだ しゅうこう):時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2022年3月8日閲覧。
  3. ^ そのだ修光(ソノダシュウコウ)|政治家情報|選挙ドットコム” (日本語). 選挙ドットコム. 2022年3月8日閲覧。
  4. ^ 【Visionと戦略】2022年2月号 | 【VISIONと戦略】2022年2月号:検索結果 | HMS│保健・医療・福祉サービス研究会│セミナー、研修会開催、講師派遣、医療福祉施設の運営指導、コンサルティング、医療福祉経営情報誌発行”. www.hms-seminar.com. 2022年3月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e プロフィール | 参議院議員 そのだ修光 公式ホームページ”. shuko-sonoda.com. 2022年3月8日閲覧。
  6. ^ 【鹿児島】激戦区ルポ〈2区〉「谷山地区」浮動票に照準” (2005年9月4日). 2017年4月1日閲覧。
  7. ^ “総選挙2005 開票結果 小選挙区 鹿児島”. ヨミウリ・オンライン. http://www.yomiuri.co.jp/election2005/kaihyou/ya46.htm 2018年1月1日閲覧。 
  8. ^ 園田氏の事務所でガラス割られる 2区” (2005年8月23日). 2017年4月1日閲覧。
  9. ^ “総選挙2009 開票結果 小選挙区 鹿児島”. ヨミウリ・オンライン. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/kaihyou/ya46.htm 2018年1月1日閲覧。 
  10. ^ 2012衆院選かごしま:1区、保岡さん奪還 3区、野間さん悲願(その1)/鹿児島 2区、徳田さん盤石−−民主・打越さんに「奄美の壁」” (2012年12月17日). 2012年12月17日閲覧。
  11. ^ 2012衆院選かごしま:1区、保岡さん奪還 3区、野間さん悲願(その1)/鹿児島” (2012年12月17日). 2012年12月17日閲覧。
  12. ^ 自民、来夏参院選で北村氏ら5人公認” (2012年12月28日). 2012年12月28日閲覧。
  13. ^ 第7回 園田修光氏の活動リポート” (2013年7月1日). 2013年7月1日閲覧。
  14. ^ 徳洲会の園田氏支援、「手尽くせ」虎雄氏次女がハッパ 女性スキャンダルで組織動かず” (2013年11月20日). 2013年11月20日閲覧。
  15. ^ 【参院選】自民の最終当選者は園田修光氏” (2016年7月11日). 2017年4月1日閲覧。
  16. ^ 谷垣グループが分裂=佐藤、棚橋氏ら4人離脱-自民時事通信 2017年5月12日
  17. ^ 新しい経済政策パッケージに基づく介護職員の更なる処遇改善”. 厚生労働省. 2022年3月8日閲覧。
  18. ^ 第137回IPU会議への日本国会代表団の派遣について:国際会議:参議院”. www.sangiin.go.jp. 2022年3月8日閲覧。
  19. ^ 日本, Sputnik (20171017T0133+0900). “日本、北朝鮮に核計画放棄と拉致被害者の解放を要求” (jp). Sputnik 日本. 2022年3月8日閲覧。
  20. ^ 日本・メコン地域諸国友好議連で議員外交 | 参議院議員 そのだ修光 公式ホームページ”. shuko-sonoda.com. 2022年3月8日閲覧。
  21. ^ フック首相、日本・メコン友好議員連盟の会長と会見” (英語). ベトナムの声放送局 (2018年7月27日). 2022年3月8日閲覧。
  22. ^ 第197回国会(臨時会)閉会にあたり | 参議院議員 そのだ修光 公式ホームページ”. shuko-sonoda.com. 2022年3月8日閲覧。
  23. ^ 平成27年度介護報酬改定について”. 厚生労働省. 2022年3月8日閲覧。
  24. ^ 財政制度分科会(平成29年10月25日開催)”. 2022年3月11日閲覧。
  25. ^ 診療・介護報酬ダブル改定「マイナスで」 財務相” (日本語). 日本経済新聞 (2017年10月27日). 2022年3月8日閲覧。
  26. ^ 『月刊老施協』公益社団法人全国老人福祉施設協議会、8/15、[3-9]頁。 
  27. ^ “臨時国会開会、新たな常任委員長決まる”. Qnewニュース. https://qnew-news.net/news/2019-10/2019100711.html 2019年10月18日閲覧。 
  28. ^ 就任3カ月…菅首相が安倍・二階氏より多くの時間面会した人物は” (日本語). 中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします. 2022年3月8日閲覧。
  29. ^ 財政制度分科会(令和2年11月2日開催)”. 2022年3月11日閲覧。
  30. ^ R2.3.6【政策提言】高齢者介護施設における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に係る現状と要望(令和2年3月6日付全国老施協発第3020号)”. 2022年3月11日閲覧。
  31. ^ 介護人材確保に向けた取り組み”. 2022年3月11日閲覧。
  32. ^ 【特別インタビュー】「介護は皆の公共財」理念貫く/参議院議員 そのだ修光氏” (日本語). 高齢者住宅新聞オンライン (2020年10月28日). 2022年3月8日閲覧。
  33. ^ 自民、46人の公認発表 22年夏の参院選” (日本語). 日本経済新聞 (2021年7月14日). 2022年3月8日閲覧。
  34. ^ 新型コロナ介護への慰労金最大 20万円”. 全国老人福祉施設協議会. 2022年3月8日閲覧。
  35. ^ 新型コロナウイルス感染症対策情報4(全国老施協の活動)”. 公益社団法人全国老人福祉施設協議会. 2022年3月8日閲覧。
  36. ^ 通所介護の利用控えへの経営補償を 老施協が要請 訪問介護への支援強化も | articles” (日本語). 介護のニュースサイトJoint. 2022年3月8日閲覧。
  37. ^ 岸田首相「介護・障害福祉の現場に感謝。引き続き国としてしっかり支えたい」 | articles” (日本語). 介護のニュースサイトJoint. 2022年3月8日閲覧。
  38. ^ 老施協、介護職の給与を全産業水準と連動して上げる仕組みを提言 政府に要望 | articles” (日本語). 介護のニュースサイトJoint. 2022年3月8日閲覧。
  39. ^ 養護・軽費ケアハウスの職員処遇改善”. 全国老人福祉施設協議会. 2022年3月8日閲覧。
  40. ^ seisaku. “自民党奄振特別委 – 奄美新聞” (日本語). 2022年3月8日閲覧。
  41. ^ a b c d e 2016参院選 毎日新聞候補者アンケート”. 2017年4月1日閲覧。
  42. ^ “受動喫煙対策、国会議員アンケートでわかった5つの「傾向」”. BuzzFeed News (BuzzFeed Japan). (2018年3月23日). https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/judokitsuen-kokkai-giin-comment 2021年2月14日閲覧。 

外部リンク[編集]

議会
先代:
石田昌宏
日本の旗 参議院厚生労働委員長
2019年 - 2020年
次代:
小川克巳