羽生田俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
羽生田 俊
はにゅうだ たかし
厚生労働副大臣就任に際し公表された肖像画像
生年月日 (1948-03-28) 1948年3月28日(75歳)
出生地 日本の旗 日本群馬県前橋市
出身校 東京医科大学医学部
所属政党 自由民主党安倍派→無派閥)
親族 祖父・羽生田俊次(前橋市議会議長)
父・羽生田進衆議院議員
公式サイト 羽生田たかし オフィシャルサイト

選挙区 比例区
当選回数 2回
在任期間 2013年 - 現職
テンプレートを表示
羽生田 俊
生誕 (1948-03-28) 1948年3月28日(75歳)
群馬県前橋市
教育 東京医科大学
医学関連経歴
職業 医師
所属 羽生田眼科医院
日本医師会
日本医師会総合政策研究機構
専門 眼科
受賞 藍綬褒章[1]
群馬県知事表彰[1]
テンプレートを表示

羽生田 俊(はにゅうだ たかし、1948年昭和23年〉3月28日[2] - )は、日本政治家眼科医自由民主党所属の参議院議員(2期)。

厚生労働副大臣参議院厚生労働委員長日本医師会副会長、日本医師会総合政策研究機構所長、羽生田眼科医院院長などを歴任。資金管理団体は俊翔会[3]

父は眼科医で元衆議院議員羽生田進[4]。祖父は眼科医で元前橋市議会議長の羽生田俊次[1]

来歴[編集]

群馬県前橋市生まれ[5][6]。1966年3月、群馬県立前橋高等学校卒業[6]。1973年3月、東京医科大学医学部卒業[5]。1973年、医師免許取得。

1973年6月、群馬大学医学部附属病院眼科学教室に入局[5][2]。1985年12月、医学博士群馬大学)となる[7]

1978年4月、羽生田眼科医院の院長に就任[5][6]。その後、前橋市医師会や群馬県医師会で理事を務めた[5][2]

2000年4月、日本医師会常任理事に就任[5][6]

2009年、藍綬褒章を受章[1]

2010年4月、日本医師会副会長に就任[5][6]

2013年2月、自由民主党比例区支部長に就任[6]

2013年7月、第23回参議院議員通常選挙日本医師連盟推薦の候補として自民党から比例区で出馬、約25万票で党内6位で初当選。

2016年9月、参議院厚生労働委員長に就任[8]

2019年の任期満了時点で71歳であり、参院選比例区70歳定年制の党の規約があるにもかかわらず、他の6人と共に第25回参議院議員通常選挙の比例区で特例公認された[9]。2019年の第25回参院選で再選[10]

2022年8月12日、第2次岸田第1次改造内閣にて伊佐進一と共に厚生労働副大臣に就任した[11][12]

政策・主張[編集]

  • 日本国憲法第9条・96条の改正に賛成[13]
  • 集団的自衛権を認めるべき[13]
  • 日本の核武装について、将来にわたって検討すべきでない[13]
  • 首相閣僚靖国神社に、参拝すべきでない[13]
  • 村山談話河野談話を見直すべきでない[13]
  • 労働市場の規制緩和を進め、企業側が金銭を払えば解雇しやすくすることに反対[13]
  • 日本の原発について、当面は必要だが、将来は廃止すべきだ[13]
  • 外国への原発の輸出を進めるべきでない[13]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に反対[14][15]
  • 受動喫煙防止を目的に飲食店などの建物内を原則禁煙とする改正健康増進法について賛成しており、喫煙店で働く従業員や、会社の宴会などでやむを得ず喫煙店へ行かなければならない人の受動喫煙を防ぐ必要があるとしている[16]。また、2017年2月15日の厚生労働部会でも「受動喫煙を無理やりさせられている国民がいるということを考えてほしい」として賛成の立場から発言を行ったが、普段部会に参加をしていない自民党たばこ議員連盟の議員が大勢参加したことで多数のやじを受けたことを告白している[16][17]

政治資金[編集]

  • 2013年に、日本医師会から、国会議員の中でも突出して多い2億3000万円の献金を受けた、と報道された[18]

所属議員連盟[編集]

著書[編集]

  • 羽生田俊, 西島英利, 高田勗 編『心の病い : 治療と予防の現在』日本医師会、労働調査会、2004年3月。ISBN 4897828341 

参考文献[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 院長紹介”. hanyuda-ganka.com. 羽生田眼科医院. 2024年1月9日閲覧。
  2. ^ a b c 羽生田 俊(はにゅうだ たかし)”. www.sangiin.go.jp. 参議院. 2024年1月8日閲覧。
  3. ^ 現職国会議員の資金管理団体一覧” (PDF). 総務省. 2013年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月2日閲覧。
  4. ^ 日医連 参院選に羽生田日医副会長を擁立、自民党へ公認申請
  5. ^ a b c d e f g 国会議員名鑑:羽生田 俊(はにゅうだ たかし)”. 産経ニュース. 産経デジタル. 2024年1月8日閲覧。
  6. ^ a b c d e f プロフィール”. 羽生田たかし公式サイト. 2024年1月8日閲覧。
  7. ^ 国立国会図書館. “博士論文『実験的網膜色素上皮障害と硝子体蛍光』”. 2023年4月1日閲覧。
  8. ^ 衆院予算委員長に浜田靖一氏 常任委員長など両院で選出
  9. ^ 自民、参院選へ60人前後1次公認へ 前回比約20人増 「70歳定年制」対象7人も”. 産経ニュース. 産経デジタル (2018年7月19日). 2019年7月2日閲覧。
  10. ^ 比例代表 自民 参院選2019 候補者・選挙最新ニュース”. 読売新聞オンライン. 読売新聞東京本社. 2024年1月8日閲覧。
  11. ^ 副大臣の略歴 第2次岸田改造内閣”. 日本経済新聞電子版. 日本経済新聞社 (2022年8月12日). 2022年8月12日閲覧。
  12. ^ 第2次岸田改造内閣 副大臣名簿 | 首相官邸ホームページ”. www.kantei.go.jp. 首相官邸 (2022年8月12日). 2022年8月12日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h 2013年参院選 毎日新聞候補者アンケート
  14. ^ 2013年参院選、朝日東大谷口研究室調査
  15. ^ 選択夫婦別姓アンケート、mネット、2014年
  16. ^ a b 受動喫煙の法規制、今国会中に決着を=羽生田参院議員に聞く”. 時事通信社 (2017年5月31日). 2018年4月10日閲覧。
  17. ^ 2017年2月15日の受動喫煙対策法の厚生労働部会の各議員の発言に突っ込んでみた”. 2018年4月22日閲覧。
  18. ^ 「『医薬系』献金16億円超 自民回帰で倍増も」、中日新聞、2014年11月29日
  19. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  20. ^ 日本最古の医書「医心方」のユネスコ登録に向け議連発足”. じほう. 2018年10月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
古賀篤
佐藤英道
日本の旗 厚生労働副大臣
伊佐進一と共同

2022年 - 2023年
次代
濱地雅一
宮崎政久
議会
先代
三原じゅん子
日本の旗 参議院厚生労働委員長
2016年 - 2017年
次代
島村大