やじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

やじ(ヤジ、野次、弥次、英語: jeering ; heckling)は、相手の話を聞いていて、対象の僅かな隙に一瞬疑問系の言葉を浴びせかけること、およびその言葉である。動詞化させやじると用いられる[注 1][1][2][3]議会スポーツ試合、劇場公演など様々な場で発言の合間を縫うように瞬間的に発せられるが、内容や場の礼儀によってしばしば批判され問題とされる。更には、混同されやすいものの行為者が一人であっても継続的に大声を出し続けることで他の人々が聞きに来たのに全く話している内容が聞こえないような状況にする場合、集団でシュプレヒコールを繰り返すことで視聴している周囲を阻害するような場合は「やじ」とは言わずに罵声と呼ばれ、悪意のある妨害行為だとして強く非難される[1][4][5]

議会におけるやじ[編集]

言論生業とする政治家ならではの絶妙な応酬を評価するものとして、やじは「議会の華」という言葉がある[6]。1920年(大正9年)の第43回帝国議会で、原敬内閣大蔵大臣高橋是清が海軍予算を説明中、「陸海軍共に難きを忍んで長期の計画と致し、陸軍は十年、海軍は八年の…」と言いかけるや、三木武吉が「だるまは九年!」とヤジを飛ばした。

これは、高橋のあだ名の「だるま」に、「達磨大師(だるまたいし)が、中国少林寺で壁に向かって九年間座禅し、悟りを開いた」という面壁九年の故事をかけた、機知に富んだものだった。本会議の議場は爆笑に包まれ、高橋も演説を中断して、ひな壇にいた原敬を振り返り、苦笑いした。普段から謹厳なことで知られる加藤高明濱口雄幸までが、議席で笑い声をあげたという。

しかし、発したやじが「不適切である」として、懲戒謝罪に追い込まれた例は後を絶たない。

2009年9月9日共和党議員ジョー・ウィルソンは、アメリカ合衆国議会上下両院合同会議で医療保険改革について演説中のアメリカ合衆国大統領バラク・オバマen:Barack Obama speech to joint session of Congress, September 2009)に「つき!」(英語: "You lie!")とやじを飛ばした。同国下院は9月15日、ウィルソンに対する譴責決議を賛成240、反対179の賛成多数で採択した[7]

1978年昭和53年)2月、衆議院予算委員会において、日本社会党安宅常彦議員が、自由民主党の浜田幸一衆議院議員から「強姦野郎!」と野次られ[8]、安宅は次期総選挙で日本社会党から公認を受けることが出来ず引退に追い込まれている。

2014年平成26年)6月18日東京都議会本会議において、東京都議会議員塩村文夏の議会演説中に「自分が早く結婚したらいいじゃないか」「産めないのか」とセクシャルハラスメントを容認するやじが発せられ、欧米メディアが取り上げるまでの大きな問題となった。発言者のうち一人が特定され謝罪した。

2015年(平成27年)2月19日衆議院予算委員会において、民主党玉木雄一郎議員が予算質問の最中、内閣総理大臣安倍晋三が唐突に「日教組!」などとやじを飛ばし、大島理森予算委員長から窘められた[9]

 「安倍首相:日教組はどうするんだよと呼ぶ」と衆議院の議事録に残される椿事となり、2月23日に内閣総理大臣安倍晋三は「正確性を欠くもので、遺憾だ」と述べ、答弁内容を訂正することとなった[10]

2018年1月25日日本共産党中央委員会幹部会委員長志位和夫衆議院本会議代表質問に立ち沖縄県で相次ぐ米軍機事故に言及した際、内閣府副大臣で元沖縄・北方担当副大臣自由民主党松本文明が「それで何人死んだんだ」というやじを飛ばし、翌1月26日副大臣の辞表を提出した[11][12]

選挙演説におけるシュプレヒコールとの差異[編集]

選挙演説において、聴衆から一瞬の冷やかしの言葉、やじが飛ぶことがある。ただし、下記のように大声で声を出し続けるなど聴衆の妨害するシュプレヒコールの場合は、起訴されると演説妨害として公職選挙法違反(選挙の自由妨害罪)が適応され、処罰対象になる。最高裁判所における過去の判例では「演説自体が継続せられたとしても、挙示の証拠によつて明かなように、聴衆がこれを聴き取ることを不可能又は困難ならしめるような所為があつた場合」(最判昭和23年12月24日)は適用されるとしている。逆に、応援の大声であっても継続して声を出されたことで演説が中止されたことがあるため、選挙演説を視聴する際はマナーとして傾聴することが勧められている[13]

スポーツにおけるやじ[編集]

2013年1月3日イタリア北部で行われたサッカー親善試合で、黒人選手ケヴィン=プリンス・ボアテングに対し相手チーム側スタンドの若者グループが人種差別的なやじを飛ばした。ボアテングはこれに腹を立て試合を途中放棄、チームメートも同調して退場した。検察当局は、人種的憎悪を扇動した容疑で若者グループの刑事訴追手続きを進めることとした。イタリア・サッカー連盟は、独自調査を実施すると発表した[14]

舞台芸術におけるやじ[編集]

オペラでは、アリアの後に拍手や歓呼を受ける場合があるものの、演奏演技の進行中に観客が声や音を発することは基本的に許されない[15]

2006年12月10日ミラノスカラ座ジュゼッペ・ヴェルディ作『アイーダ』の公演中、主演テノール歌手ロベルト・アラーニャが最初のアリアを終えると、天井桟敷席から「恥を知れ」といったやじが飛び始めた。アラーニャはこれに憤り、本番中にもかかわらず、こぶしを振り上げ舞台袖に姿を消してしまった。すぐにジーンズ姿の代役が登場し歌い始めたが、スカラ座で歌手が公演を途中で放棄した初めてのできごととなった[16]

歌舞伎の上演中の掛け声「大向う」は、日本伝統芸能独特の風習であるが、練達が求められ、他の観客にやじや雑音と思われるようなものは歓迎されない[15]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 毎日新聞は野球の試合を例に、マウンドにいる相手の投手に対して投げる前に「キャッチャーまでボールが届くかな?!」と浴びせかけるのを「野次」、自身や味方が死球を受けた際にが投手に対して「おい、お前どこ見て投げとんじゃ!!!この○○!!」と浴びせかけるのは「罵声」としている。

出典[編集]

  1. ^ a b “「野次」と「罵声」の違い” (jp). Mainichi Daily News. (2014年7月28日). https://mainichi.jp/articles/20140728/mul/00m/040/00600sc 2020年9月1日閲覧。 
  2. ^ や‐じ【野次/弥次】 デジタル大辞泉
  3. ^ やじ・る【野次る/弥次る】 デジタル大辞泉
  4. ^ 「田中角栄の「経営術教科書」」,小林吉弥, 2016年8月8日,主婦の友社
  5. ^ 「政界往来 第31巻第5-8号」p157,1965年,政界往来社
  6. ^ 首相のヤジ―敵意むき出し華もなし”. 朝日新聞 (2015年2月22日). 2015年2月24日閲覧。
  7. ^ オバマ大統領にやじの共和党議員にけん責決議、米下院”. AFP (2009年9月16日). 2015年2月23日閲覧。
  8. ^ 都議よりさらに酷い国会議員のお下劣ヤジ”. フライデー (2014年7月8日). 2016年4月10日閲覧。
  9. ^ 「日教組!」安倍首相が突然ヤジ 衆院予算委、自民委員長も困惑”. withnews (2015年2月19日). 2015年2月23日閲覧。
  10. ^ 民主議員へのヤジ理由、首相「正確性欠く」と訂正”. TBSニュース (2015年2月23日). 2015年2月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月23日閲覧。
  11. ^ 松本内閣府副大臣が辞表=本会議場のやじに批判”. 時事通信 (2018年1月26日). 2018年1月26日閲覧。
  12. ^ 副大臣「何人死んだ」米軍事故 志位質問に暴言ヤジ”. しんぶん赤旗 (2018年1月26日). 2018年1月26日閲覧。
  13. ^ 地方選挙の記錄 p10.東京都選挙管理委員会 - 1975
  14. ^ 「イタリア:サッカー選手に人種差別的やじ 非難の声広がる」『毎日新聞』2013年1月6日
  15. ^ a b 歌舞伎の掛け声「大向こう」、飛び入りしていい?”. 日本経済新聞 (2013年2月9日). 2015年2月24日閲覧。
  16. ^ 「ヤジに怒った主演歌手、ミラノ『スカラ座』を途中退場」『読売新聞』2006年12月12日

関連項目[編集]