身体的虐待

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

身体的虐待(しんたいてきぎゃくたい)とは、他者による意図的もしくは非偶発的な損傷を指す。肉体的虐待(にくたいてきぎゃくたい)とも称される。

虐待の古典的傾向に該当する。身体的虐待の具体的な例としては、外傷の残る暴行(打撲傷・あざ・骨折・頭部外傷・刺し傷・火傷)、生命に危険のある暴行(首を絞める・布団蒸しにする・溺れさせる・逆さ吊りにする・毒物を飲ませる・食事を与えない・冬に外に締め出す・一室に監禁する)などが挙げられる。また、外傷が残らない暴行(髪を掴み上げる・頭を押さえつける)も身体的虐待として扱われている。

関連法律[編集]

関連項目[編集]