ムービング・ゴールポスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ムービング・ゴールポスト: Moving the goalposts、shifting the goalposts)とは、サッカー等の競技から派生した隠喩。プロセスや試合の規準(ゴール)を、自身に対して、有利な新しい規準・合意基準に勝手に変更する行為、国家間合意又は国際法を守らない国への批判的外交用語にも用いられる。別名「動くゴールポスト[1][2][3][4][5][6]

概要[編集]

このフレーズは英語に起源があり 、サッカーなどのスポーツで使うゴールポストから派生した[2]

この比喩的な用法は片方が既に約束事や契約内容など、両者で決めたことを履行していた後にもう片方が自らに有利にするためにゴールを動かそうとする不公平さを仄めかしている[1]

外交用語[編集]

約束・宣言・合意・条約などを勝手に変更や無視して向こうの決めた事を履行せずに、相手国に知らぬ存ぜぬで追加要求をする状況を意味する時に特に使われる[7]。 日本では韓国政府関係者らと話すとき、着地点を求めてそこを目指すと、いつの間にか韓国側がゴールをさらに先の方に動かしているという意味でよく聞かれる言葉である[8]。韓国の「ムービング・ゴールポスト」はいつものこととして、韓国では反日教育が行われいて、歴史認識問題だけで日韓関係の悪化の度に日本がいつも譲歩する姿勢は韓国側に悪用されてきた。日本側が若い世代になったら仲良くなれるとの認識を棄てて、日韓関係が悪化した場合も以前のように気にする必要しなくて良いと提言されている[3]

武藤正敏によると、戦後の日本と東アジア関係は、韓国が日本との国家間の条約・合意・声明・事前の取り決めなどを破って、一方的にゴールポストを動かして、日本に対して金銭や謝罪などを追加要求してくるものだった。それぞれ国交正常化以降に、日本国内のテレビや新聞などマスコミや日本社会党日本共産党など左派政党、進歩的文化人市民団体が必ず相手側に加担して日本側を非難する言動をし、サイレント・マジョリティである国民の大半は彼らが騒ぐことに無関心や未知であり、彼らの主張を鵜呑みや批判しないことで、声の大きな彼らが日本は謝罪すべき・お金を出すべきとゴールポストをずるずる移動される外患誘致が繰り返されてきたのが日本の東アジア関係である評している[4]。基本的に戦後の東アジアの対立は武藤曰く、冷戦時代の未来思考の日本主流派に国内の東側支持派がわざわざ日韓関係を悪化させる活動や言論をしてきてたのな火種で冷戦後もそれが残っている。武藤は冷戦前に中国・ソ連・北朝鮮を支持・擁護する言論や活動してきた人が、今も自身の誤った主張への反省していないのが原因だとしている。武藤は彼らのような日韓含め西側の離間の意図を持っていた者はもちろん、日本批判・東側擁護したいために北朝鮮の擁護やシンパシーを持つ人達がなければ、韓国は宗教レベルの反日に陥らず東ドイツのように北朝鮮の人々も日韓の協力で解放されていたとして厳しく非難している[9][10][11]

2017年に民進党幹事長の野田佳彦元総理大臣も日韓合意を履行しようとしない韓国を擁護するフリーランスの記者が「まず相手(韓国)の気持ちを聞くべきだ」と主張すると「ある意味ずっと聞いているじゃないですか」と反論した。 更に、「韓国はゴールポストがずるずる動く。この繰り返しをしてはならない」「一回決めたことは、お互い歯を食いしばって前進させる努力がないといけない」と指摘した[12]

2020年に菅義偉総理大臣も月間文藝春秋(10月号)への寄稿で「日韓両国は2015年に慰安婦について『最終的かつ不可逆的な解決』に合意したが、韓国がこれをひっくり返す可能性はゼロではなかった」「そのため米国がこの合意を歓迎する声明を出すよう、外交ルートを通じて調整し『証人』になるようにした」「このように『外堀を埋める外交』が時には必要と感じた」「日韓関係がこのように急速におかしくなるとは考えられなかったが、日本と韓国のどちらがゴールポストを動かしたかは『証人』の米国もよく知っているだろう」と指摘した。韓国が合意をひっくり返す可能性があったため、これを防止する目的で米国を「証人」とし、歓迎の声明を出させたというのだ。日本政府が慰安婦合意を持続させるため、日米緊密に協力していたことを明らかにした 。 菅首相はさらに日韓関係を「戦後最悪」とした責任が、慰安婦合意を「事実上破棄」した文在寅政権にあることについて、米日が認識を同じくしていると批判している[5]。 2021年5月31日には茂木敏充外相は参院決算委員会で、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意前後のもゴールポストを動かし続ける韓国について、「率直に申し上げて、韓国によってせっかくの(問題解決の)ゴールポストが常に動かされる状況がある」と指摘している[6]

脚注[編集]