少年犯罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

少年犯罪(しょうねんはんざい)とは、少年が犯した犯罪

各国の刑事手続[編集]

日本[編集]

日本では、少年法2条1項に定義されている少年、すなわち20歳に満たない者(男女とも)が犯した、または犯したとされる犯罪に対してこの言葉を用いる。

法務省が発行する犯罪白書では、殺人と強盗を「凶悪犯」としている。一方、「警察白書」では、殺人強盗放火強姦を「凶悪犯罪」としている。

少年法により、成人とは違った特別の措置が講ぜられる(2007年(平成19年)11月1日改正)。

  • 14歳未満の場合、児童相談所へ通告。必要な場合により児童相談所経由で家庭裁判所へ送致。
  • 14歳以上の場合、成人と同様に扱い警察や検察庁の捜査が行われ家庭裁判所に送致。

家庭裁判所の審判の結果により、不処分、保護観察、児童自立支援施設、少年院、少年刑務所から、最もふさわしい処分が選択される。特に凶悪な場合は、逆送が行われ検察官により起訴され、地方裁判所にて刑事裁判として執り行われる。

なお、少年院に送致可能な年齢の下限を設け、おおむね12歳以上とすることを盛り込んだ。11歳は「おおむね12歳以上」に含まれ少年院に送致される可能がある。

1997年以降、マスコミでは少年犯罪の凶悪化が報じられることが多くなった。また、犯罪被害者の心情を重視する論調が強まるようにもなっている。以上の背景から、現行の少年法は抑止力にならないのではないかという傾向の世論が強まり、司法の現場においてもそれを受ける形でいわゆる厳罰化の傾向にある。産経新聞の2006年12月30日記事によると、死刑判決が急増した理由としてある現役裁判官は「平成12年(2000年)の改正刑事訴訟法施行により、法廷で遺族の意見陳述が認められたことが大きいと思う。これまでも遺族感情に配慮しなかったわけではないが、やはり遺族の肉声での訴えは受ける印象がまったく違う。」とコメントしている[1]

アメリカ合衆国[編集]

アメリカ合衆国の少年事件に対する刑事手続は州ごとに異なる[2]

少年裁判所が扱う事件の対象年齢は多くの州で18歳を上限としている[2]。重大犯罪については、少年裁判所の管轄から外して刑事裁判所の専属管轄とする州や少年裁判所から刑事裁判所への移送を定めている州もある[2]

少年事件に対する処遇としては、保護観察、矯正施設送致、助言、違反金、社会奉仕活動などが定められる[2]

イギリス[編集]

イギリスでは少年裁判手続の対象年齢は10歳から17歳までである[2]

少年裁判手続の管轄は青少年裁判所であるが、非公開手続と両親などの出頭の特則があるほかは手続の流れは成人とほぼ同様である[2]

青少年裁判所の構成は3人以下の治安判事または1人の有給治安判事による[2]

青少年裁判所の科刑範囲は犯罪が1個の場合は6か月以下、犯罪が2個以上の場合は合計12か月以下に限定されている[2]。青少年裁判所による有罪認定の後、一定の事件(15歳から17歳までの事件で6か月を超える拘禁刑に相当する罪)については量刑の審理のため刑事法院に移送でき、特定の重大犯罪等(拘禁刑14年以上の法定刑の犯罪)は量刑は刑事法院で審理される[2]

少年裁判手続における処遇としては、無条件釈放、条件付釈放、罰金、社会内処遇、親の誓約及び施設収容処分などが定められている[2]

フランス[編集]

フランスでは被疑者が18歳未満であるときは、少年係判事、少年裁判所及び少年重罪院のいずれかの管轄となる[3]

少年係判事は少年の軽罪、第5級違警罪の予審及び審判を管轄する[3]。少年係判事が単独で判決を行う場合には非公開とされ、教育的又は監護的措置のみ言い渡すことができ、保護施設等への収容を決定することはできない[3]

少年裁判所は少年の軽罪、第5級違警罪、16歳未満の少年の重罪にあたる事件を管轄する[3]。少年係判事及び参審員2名の合議による[3]。13歳以上の少年に対しては刑事処分を選択できる[3]

少年重罪院は16歳以上18歳未満の重罪にあたる事件を管轄する[3]。職業裁判官3名(うち少年係判事2名)及び陪審員9名の合議による[3]

ドイツ[編集]

ドイツでは少年裁判所法が制定されており、行為時を基準に14歳以上18歳未満の少年(Jugendlicher)と18歳以上21歳未満の年長少年(Heranwachsender)には少年裁判所法が適用される[3]

少年に対する手続は非公開であり、処分としては教育措置や懲戒手続、少年刑が定められている[3]

年長少年に対する手続は原則公開であるが、少年に対する手続や処分を広く適用できる[3]

フィリピン[編集]

フィリピンでは、2016年6月に就任したロドリゴ・ドゥテルテ大統領が厳罰化を提案、刑事責任を問う年齢を15歳から9歳に引き下げる改正法案が提出された。

中華人民共和国[編集]

中華人民共和国刑法によると,満16歳に満たない者であっても、殺人や傷害致死、強姦、放火、麻薬密売(販毒)等の一定の犯罪に関しては、満12歳以上であれば刑事責任を負う。なお、18歳未満の者に対しては、できるだけ罪を軽くするか、刑を減軽しなければならないとされる。

1999年,中華人民共和国少年犯罪の防止法が公布され、施行された。

ロシア連邦[編集]

2001年には、少年裁判所の創設を目的としたパイロットプロジェクト「少年司法の実施の支援」[4]がロストフ地域で開始された。

2003年、ロストフ地方裁判所では、未成年者の破毀院を考慮した刑事事件の司法コレギウムに、少年事件の特別司法構成が形成された。[5]

2004年3月、ロシアで最初の少年裁判所がタガンログに開設されました。 本質的に、アイデアは別の建物にある未成年者のための特別裁判官の割り当てに限定されていました。 法廷の仕事の特徴は、法廷審問への参加への子供たちの積極的な関与でした。

2010年7月の初めに、ロシアの一般管轄裁判所における未成年者の事件に関する以下の10の専門司法委員会[6]

ロストフ州:タガンログ市裁判所(2004年)、シャクチンスキー市裁判所(2005年)、エゴルリク地方裁判所(2006年)、アゾフ市裁判所(2010年) イルクーツク地方:アンガルスク市裁判所(2006年) ハカシア共和国:アバカン市裁判所(2006年) カムチャツカ半島:ペトロパブロフスク-カムチャツカ市裁判所 リペツク地方:エレツキー地方裁判所(2008年) ブリャンスク地方:ブリャンスク市のヴォルダルスキー地方裁判所とベジツキー地方裁判所、ドゥブロフスキー地方裁判所。

2012年、記者へのインタビューで、連邦院のワレンチナ・マトビエンコ議長は、ロシアでの少年裁判所の創設に反対し、次のように述べた。

私は、私たちの国の伝統に基づいて、ロシアに少年司法を導入することに断固として反対しています...もちろん、司法は子供たちに優しいはずです。 しかし、これは少年裁判所が創設されるべきだという意味ではありません。 私はそのような決定をすることに反対しています。

日本の現状[編集]

日本における少年刑法犯の検挙人員の推移 (総数、運転致死傷、窃盗、横領、傷害、暴行)[7][8][9]
日本における少年刑法犯の主要罪名別検挙人の推移 (殺人)[7][9][10]
日本における少年刑法犯の主要罪名別検挙人の推移 (強盗)[7][9][10]

『Q&A犯罪白書入門98』(法務省法務総合研究所刑事政策研究会)のQ28にて、「長期間にわたっておおむね減少ないし横ばいの傾向が続いており、近年の数値も、ピーク時と比較すれば低い水準にあると言えます。」としている。また、「昭和30年代後半以降の増加は、交通関係業過によるところが大きい」という(平成9年版 犯罪白書、p. 113[11])。

以上のように、少年の非行は減少、または横ばいだが、窃盗横領1980年代まで増加し、その後減少している。実際の横領は、「ほぼ100%遺失物等横領であり、その大半は放置自転車の乗り逃げ」(平成9年版 犯罪白書、p.118[11])だという。

また、「殺人等の凶悪な犯罪を犯した少年の予後(再犯率など)」は、「凶悪事犯で保護処分になった者の予後は、その他のものと比較して概して悪くないといえます」としている(前掲『Q&A犯罪白書入門98』のQ52)。また、保護処分ではないが、凶悪犯罪を犯した少年院出院者の再犯率は窃盗及び粗暴犯罪を犯した少年院出院者より刑事処分を受けた者の割合は低く、実刑になった者の割合も顕著に低い。また、凶悪犯罪を犯した少年院出院者が再び凶悪犯罪を犯した者の割合は、約2.3%(87人中2人)であった[12]

刑法犯検挙は、人数、比率ともに減少傾向にあるという[13]。殺人、放火、強姦などが特に減少しているが、「1995年(平成7年)になって傷害致死や強盗傷人の非行が目立っている。」という[14]。また、2020年特殊詐欺で検挙される少年が489人おり、2019年以降減少しているが、2012年( 192人)と比べて、約2.2倍と増加している[15]

碓井真史新潟青陵大学・福祉心理学科)は、平成9年版犯罪白書より、「少年犯罪が増加、凶悪化しているとは一概に言えない」と指摘している[16]

2021年に警察庁発表の"令和2年中における少年の補導及び保護の概況"と2022年3月発表の"令和3年における少年非行、児童虐待及び子供の性被害の状況"によれば、刑法犯(交通事故、道路交通法除く)少年(14~19歳)人口比の数字が2010年以降から12年連続で減少しており、2021年の人口比は1,000人当たり2.2人であり、1949年以降最小であった[7][15]。また、14歳未満と過失運転致死傷等(2002年以降は危険運転致死傷含む)を含んだ場合の人口比は2020年で1,000人当たり1.6人となり1946年以後最少となっている。但し、戦前1936年まで遡った場合1937年の1.4人が最少であり、2020年は1936年以後で統計でデータがない年を除いて5番目に低い値となる[7][8][9]

有名な少年犯罪[編集]

1940年代[編集]

1950年代[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

時期 名称 発生場所 処分内容 概要
2010年2月10日(発生) 石巻3人殺傷事件 宮城県石巻市 少年死刑囚。平成生まれ初の死刑囚である。従犯の少年は懲役3年以上6年以下の不定期刑。 詳細は記事を参照
2011年10月11日(発生) 大津市中2いじめ自殺事件 滋賀県大津市 書類送検又非行事実で児童相談所に送致 詳細は記事を参照
2015年2月20日(発生) 川崎市中1男子生徒殺害事件 神奈川県川崎市 主犯の少年は懲役9年以上13年以下の不定期刑。

従犯のうち1人の少年は、懲役4年以上6年6ヶ月以下の不定期刑。もう1人の少年は懲役6年以上10年以下の不定期刑。

詳細は記事を参照
2015年10月2日 (発生) ニューサウスウェールズ警察本部銃殺事件 オーストラリア・ニューサウスウェールズ州 警察官により射殺 詳細は記事を参照
2018年4月11日(発生) 河瀬駅前交番警察官射殺事件 滋賀県彦根市 懲役22年

2020年代[編集]

時期 名称 発生場所 処分内容 概要
2020年3月25日 岐阜市ホームレス襲撃殺人事件 岐阜県岐阜市 犯人の内の2人に懲役5年、懲役4年 詳細は記事を参照
2020年8月28日 福岡商業施設女性刺殺事件 福岡県福岡市 検察官送致(逆送 詳細は記事を参照

少年犯罪者の個人情報[編集]

日本では少年法第61条により、家庭裁判所の審判に付された少年または少年のとき犯した罪により公訴を提起された者については、氏名、年齢、職業、住居、容ぼう等によりその者が当該事件の本人であることを推知することができるような記事または写真を新聞紙その他の出版物に掲載してはならないとされている。

少年犯罪を扱った作品(漫画・映画・ドラマ・アニメ・etc)[編集]

  • 家栽の人』 - 毛利甚八作・魚戸おさむ画の青年漫画。各種少年犯罪および家庭裁判所での少年審判を題材とした漫画およびそれを原作にしたテレビドラマ
  • 青の時代』 - TBS系で1998年7月期に放送された、堂本剛主演のテレビドラマ。犯罪を犯した一人の少年と二重人格を持つ弁護士との葛藤を描いた。
  • 少年たち』 - NHKで放送されたテレビドラマ。上川隆也演じる家庭裁判所の調査官と犯罪を犯した少年たちの触れ合いを描いた。
  • ゲド戦記』 - スタジオジブリ の作品。監督・宮崎吾朗 主人公アレンが、冒頭、父親を殺す所から始まり、ゲドと出会い、最後に立ち直ったと目される描写から、少年擁護と少年の内面と自立の観点から描いた作品として捉えられ、各方面、各所で注目されている。だが、その描かれ方やクオリティ、また原作との齟齬(そご)を問題視する声もあり、賛否両論。
  • ほぼ同時期に同テーマを少年法の是非を問題提起する観点から描いた 『太陽の傷』 監督・三池崇史、主演・哀川翔も公開される。
  • シバトラ』- 外見は中学生にしか見えない青年「柴田竹虎」が、少年犯罪の担当刑事として本気で更生に取り組む作品。
  • 黒武洋の『そして粛清の扉を』。暴走族ストリート・ギャングストーカー通り魔など犯罪者ばかり29人の生徒が集まったある高校の一クラスを、少年犯罪によって娘を失った女教師が卒業式間際に占拠、次々と抹殺してゆく内容。
  • TEAM』 - フジテレビ系列テレビドラマ。加害少年性善説に立つ文部省キャリア官僚と加害少年性悪説に立つ警視庁たたき上げ刑事がコンビを組んでお互いに意見をぶつけ合い、少年事件の真相を探っていく内容。
  • アイシテル〜海容〜』 - 伊藤実の漫画。小学5年生の少年が小学2年生の少年を殺害し、加害者家族と被害者家族の葛藤を描いた。2009年に日本テレビ系列でテレビドラマになった。
  • 2008年新春には山口県で実際に起きた光市母子殺害事件を題材にした映画『天国からのラブレター』が公開された。事件被害者と被害者遺族の書簡を集めた同名書籍を元に製作した作品である。被害者遺族である本村洋の事件後の活動は今後の少年法の論議やあり方などに一石を投じ、影響を与えている。
  • 告白 (湊かなえ)』 - 二人の中学一年生が4歳の女児を殺害し、加害者二人が犯行に行き着くまでの過程と、被害者の母親である女教師が彼らに復讐を執行する様子を、被害者の母親の女教師、加害者の同級生、加害者の母親、加害者二人の独白という形で綴っていく作品。中島哲也監督で実写映画化された。
  • スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜』 -中学生が『万引き』、『不良』グループ、『裏サイト』、『暴走族』があった。
  • 明日の光をつかめ』 -東海テレビ(フジテレビ系列)で2010年2011年2013年の夏休み期間に放送された昼ドラのシリーズ作品である。いじめ児童虐待児童性的虐待)・犯罪少年犯罪)をテーマとして扱っている。たんぽぽ農場主催者・北山修治は通り魔の少年に、妻と息子を殺害された経験から、多くの少年少女を農業を通して社会復帰をサポートしていく、という物語である。

上記以外にも、その問題点から小説、映画、ドラマ、漫画を問わずたびたび題材にされる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “死刑宣告、過去最多45人 世論が厳罰化後押し”. 産経新聞. (2006年12月30日). http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/33377/ [リンク切れ]
  2. ^ a b c d e f g h i j 諸外国の司法制度概要 1”. 首相官邸. 2017年9月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 諸外国の司法制度概要 2”. 首相官邸. 2017年9月9日閲覧。
  4. ^ Всероссийский информационный портал «Ювенальная юстиция в России»
  5. ^ Маточкина М.С. Ювенальные суды в современной России: концепция и практика // Научный вестник Омской академии МВД России, № 4, 2008, С. 54-60.
  6. ^ Ювенальная юстиция в регионах // Пресс-служба Общественной палаты РФ, 02.07.2010
  7. ^ a b c d e 警察庁庁生活安全局少年課 (2021) (PDF). 令和2年中における少年の補導及び保護の概況 統計資料 (Report). pp. 79,89. https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/r2syonentoukei1.pdf 2022年3月12日閲覧。. 
  8. ^ a b 法務省 (2021-12) (Excel). 令和3年版犯罪白書第 第3編 少年非行の動向と非行少年の処遇 第1章 少年非行の動向 第1節 少年による刑法犯 1 検挙人員 3-1-1-1図 少年による刑法犯等 検挙人員・人口比の推移 (Report). https://hakusyo1.moj.go.jp/jp/68/nfm/n68_2_3_1_1_1.html 2022年3月12日閲覧。. 
  9. ^ a b c d 法務省 (1947). 昭和22年度刑事警察統計書 第二 靑少年犯罪者調 (Report). https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1272803/40 2020年8月8日閲覧。. 
  10. ^ a b 法務省 (2019) (Excel). 令和元年版犯罪白書第 第2編 平成における犯罪・少年非行の動向 第2章 少年非行の動向 第1節 少年による刑法犯 3 罪名別動向 第2章 少年非行の動向 2-2-1-7図 少年による刑法犯 検挙人員の罪名別構成比 (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/66/nfm/n66_2_2_2_1_3.html#h2-2-1-07 2020年2月20日閲覧。. 
  11. ^ a b 法務省 (1997). 平成9年版犯罪白書 第1編 憲法施行50年の犯罪動向  第5章 少年非行の動向 第1節 概説 1 少年刑法犯の動向 (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/38/nfm/n_38_2_1_5_1_1.html 2019年3月20日閲覧。. 
  12. ^ 法務省 (2011). 平成23年版犯罪白書第 第7編 少年・若年犯罪者の実態と再犯防止 第3章 少年院出院者の犯罪 第3節 少年院出院後の犯罪状況の分析 2 少年時の非行内容による分析 (1)概況 7-3-3-2-1表 非行群別刑事処分状況等 (Report). http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/58/nfm/n_58_2_7_3_3_2.html#h7-3-3-2-01 2019年3月20日閲覧。. 
  13. ^ 守屋克彦『現代の非行と少年審判』1998年、5頁。
  14. ^ 守屋克彦『現代の非行と少年審判』1998年、6頁。
  15. ^ a b 警察庁庁生活安全局少年課 (2022-03-10) (PDF). 令和3年における少年非行、児童虐待及び子供の性被害の状況 第1 少年非行 1 刑法犯少年(1,2ページ、PDF7,8ページ) (Report). https://www.npa.go.jp/news/release/2022/R3syonentokei.pdf#page=7 2022年3月12日閲覧。. 
  16. ^ 少年犯罪は増加、凶悪化?(犯罪白書を読んで)

関連項目[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]