警察庁広域重要指定事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

警察庁広域重要指定事件(けいさつちょうこういきじゅうようしていじけん)とは、日本全国の警察機構(日本の警察)が協力体制を取り、捜査に当たることを指定された事件である。

解説[編集]

同一犯による犯行と思われる事件が複数の都道府県で起きた場合、あるいは犯行件数が1件でも、捜査の過程で他の管轄の都道府県警察組織に協力を要請した場合が指定の対象となり、警察庁が決定をする。そのため、複数の都道府県で事件が発生していなくても、指定される事件も稀に存在するが、基本的に、犯行件数が複数でも、一都道府県内に留まると見込まれる事件であれば、指定の対象とはならない。

しかしながら、複数の都道府県で発生した事件でも警察庁広域重要指定事件には指定されていない事件もあるため。それゆえに明確な定義はない。(後述)

また横須賀線電車爆破事件は、単独の事件であるが指定の対象になった。また勝田清孝事件は、1982年から1983年に発生した拳銃強盗事件とそれを使った強盗殺傷事件のみが指定の対象となり、それ以外の7件の強盗殺人や、300近い窃盗事件は指定の対象となっていない。勝田は2つの事件でそれぞれ死刑判決が下っている。

制定の歴史[編集]

  • 1956年、現行の規定の前身と言える『重要被疑者特別要綱』が制定。当時は各地域の警察同士で縄張り意識が強く、広域事件発生時に連携が取れず、捜査の妨げとなるケースが多かったため、こうした事態を解決すべく発足。
  • 1964年4月13日、『広域重要事件特別捜査要綱』が制定。重要被疑者特別要綱に比べ、地域間の連携や情報の統合を強化する内容になっており、これが広域重要事件を指定するための規定である。この要綱の制定には、1963年10月から1964年1月にかけて起きた西口彰事件の影響が大きいとされている[1]
  • 1974年5月8日、『広域重要捜査要綱』に移行。指定事件を「社会的反響の大きい凶悪又は特異重要の事件」に限定。
  • 1981年10月12日、『準指定制度』を増設。将来指定事件に発展する可能性のある事件や、広域捜査の必要性が生じた事件に対し適用される。

指定事件一覧[編集]

警察庁広域重要指定事件一覧
指定
番号
指定年月日 事件 被害者数 被害金額 被疑者
101号 1964年11月1日 れんそくかつこう/連続学校金庫破り事件 1938万円 懲役07年
102号 1964年07月4日 れんそくかんこうちよう/連続官公庁金庫破り事件 1579万円 懲役17年6月
103号 1964年09月19日 しゆうたんきんこう/集団銀行帰り窃盗事件 1978万円  
104号 1965年01月20日 れんそくこうしよう/連続工場金庫破り事件 1595万円  
105号 1965年12月9日 ふるたに?ふるや?/古谷惣吉連続殺人事件 8人死亡 死刑/執行済み
106号 1967年1月23日 こんけつしようねん/混血少年連続殺人事件 3人死亡 懲役無期懲役
107号 1967年6月17日 よこすかせんてんしや/横須賀線電車爆破事件[2] 1人死亡
14人重軽傷
死刑/執行済み
108号 1968年10月18日 なかやまのりお/永山則夫連続射殺事件 4人死亡 死刑/執行済み
109号 1970年7月29日 れんそくしゆうたん/連続集団窃盗事件 1574万円  
110号 1979年12月12日 れんそくきんこう/連続銀行強盗事件 4801万円  
111号 1980年3月30日 とやまなかの/富山・長野連続女性誘拐殺人事件 2人死亡 死刑1人死刑・1人無罪
112号 1982年06月24日[3] ふしさわ/藤沢母娘殺人事件他2事件 5人死亡 死刑/執行済み
113号 1982年11月1日 かつたきよたか/勝田清孝事件の一部事件[4] 1人死亡
02人重軽傷
死刑/執行済み
114号 1984年4月12日 くりこもりなか/グリコ・森永事件 0不明 公訴時効成立
115号 1984年9月5日 きようともとけいさつかん/京都元警官強盗殺人事件 2人死亡 死刑
116号 1987年9月25日 せきほうたい/赤報隊事件 1人死亡
01人重傷
公訴時効成立
117号 1989年8月15日[3] とうきようさいたまれんそく/東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件 4人死亡 死刑/執行済み
118号 1991年06月17日[3] ちはふくしまいわて/千葉・福島・岩手誘拐殺人事件 2人死亡 死刑3人死刑 (3人全員が執行前に病死)、3人無期懲役、1人公判中病死
119号 1991年12月30日 すなつくまま/スナックママ連続殺人事件 4人死亡 死刑/執行済み
120号 1994年2月10日[3] おおさかあいけんか/大阪愛犬家連続殺人事件 5人死亡 死刑
121号 1994年4月18日[3] にほんかいこくしんしゆうたん/日本・外国人集団連続強盗殺人事件 3人死亡 死刑2人死刑
122号 1995年06月12日[3] おおさかれんそくはらはら/大阪連続バラバラ殺人事件 5人死亡 死刑/執行済み
123号 1995年07月26日[3] うらやすよこはま/浦安・横浜連続殺人事件 2人死亡 懲役無期懲役
124号 2005年12月7日[3] まふちもおたあ/マブチモーター社長宅殺人放火事件他2事件 4人死亡 死刑2人死刑[5] (1人が執行前に病死)

犯行件数が複数だが県内に留まったため指定されなかった事件[編集]

複数の都道府県で発生したが指定されなかった事件[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この同時期には四国連続強盗殺人事件が発生している。
  2. ^ 単独の事件でありながら、指定の対象となった。
  3. ^ a b c d e f g h 被疑者の身柄拘束後に指定。
  4. ^ 他に7件の強盗殺人を起こしていたが、それは指定の対象とならず、それぞれの事件で有罪が確定している。
  5. ^ “マブチ事件、死刑確定へ 「冷酷、残虐」と最高裁”. 産経新聞. (2011年11月22日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111122/trl11112217120009-n1.htm 2011年11月22日閲覧。 

関連項目[編集]