四国連続強盗殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

四国連続強盗殺人事件(しこくれんぞくごうとうさつじんじけん)とは、1963年昭和38年)に発生した連続大量殺人事件犯人強盗で服役し出所後、四国各地で強盗殺人をしながら逃走したものであった。

犯人歴[編集]

犯人Mは高知県長岡郡1921年に生まれ、義務教育を終えると各地の飯場で作業員として働いていたが、20歳の時に「規則正しい生活は嫌だ」という動機から、当時大日本帝国憲法で国民の義務とされていた徴兵検査を受けず逃亡した。しかし当時の日本第二次世界大戦太平洋戦争)の最中であり、時局柄許されない状況であった。そのため懲罰覚悟で出頭し兵役に就く事になった。1944年2月高知県第44連隊に入営したが、部隊内のいじめに耐え切れなくなり部隊を脱走し軍法会議にかけられた。軍法会議の最中にMは拘禁先で看守を負傷させ脱獄を図ったため、殺人未遂無期懲役判決を受け、終戦広島刑務所で迎えた。

その後、Mは恩赦により減刑され1956年6月仮出獄したがギャンブルにはまり、強盗や窃盗を繰り返し刑務所送りとなり、高松刑務所を仮出獄したのは1963年9月25日であった。

事件の概要[編集]

Mは出所後実家に戻っていたが、仮出獄2日目にぶらりと実家を当てもなく出て行き、強盗殺人を連続して引き起こす事になった。まず10月2日に高知県中村市(現在の四万十市)で食料品店を物色し家人を刺して逃亡10月9日に高知県高岡郡小学校用務員室に侵入し用務員で殺害し350円を奪い逃走、10月14日深夜に徳島県三好郡(現在の三好市)の浄水場管理人の自宅に侵入し一家6人を斧でめった打ちにし5人を殺害、管理人の自宅から10km北にある国鉄(現在の四国旅客鉄道(JR四国)土讃本線(現在の土讃線)坪尻駅前にある雑貨商に押し入り、現金2000円と店の菓子を奪って逃走した。

この一連の犯行を同一犯によるものとみなした警察は大規模な山狩りをしたが、Mは香川県に逃亡しており10月20日に香川県三豊郡(現在の三豊市)の雑貨商に押し入り雑貨商夫婦を負傷させ現金170円と衣類を奪った。そのため四国管区警察局は10月21日から香川・愛媛・徳島の3県合同で機動隊員や消防団員を動員して3県の県境の山間部を捜索10月22日にMの身柄を確保した。

事件のその後[編集]

Mが仮出獄後に逮捕されるまでの27日間で奪った被害額は2870円と食料と衣類であったが、3県で6人を殺害、4人を負傷させる犯行であった。またMは逃亡中、四国山地でほとんど野宿という無軌道なものであった。Mは裁判において1966年3月31日死刑が確定し、1970年10月29日大阪拘置所で死刑が執行された。記録によれば午前10時29分47秒絶命とされている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]