コンテンツにスキップ

未解決事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

未解決事件(みかいけつじけん)とは、容疑者検挙、または判明発覚などが一切できていない刑事事件のことである。

捜査または捜索等が行き詰まった場合、または公訴時効が成立して未解決となった事件は、完全犯罪が成立することを意味し、また「迷宮入り」とも言われる。なお英語では通称コールド・ケースともいう。

社会との関わりとして、長期間に逃走した犯人逮捕された後に身柄が判っているものも原則、「犯人がわかっている未解決事件」として表現される場合もある。

警察庁はこの他、令和改元2019年5月1日)以降にも、未解決の殺人・(児童の)失踪窃盗などの事件が多く相次いで発生していることから、長期捜査中も含めた該当する未解決事件の謝礼金及び懸賞金または報奨金等を用意して、事件の解決、または解明に向けての有力な情報提供を呼び掛けている(後述)。

概要[編集]

未解決事件が存在することは犯人社会的に裁かれるのを不当に免れることになり、被害者遺族の苦しみが続き、また、罪を犯した者をによって裁き、を償わせるという刑事法の目的を達成することができない。また犯人による再犯の恐れもあり、社会への重大な不利益となる。また、犯罪捜査を責務とする捜査当局(警察)にしても、犯人を取り逃がすことで公訴時効を迎えてしまう場合もままあるため、警察の信用も損ねることになる。

広義では捜査当局によってある程度犯人を特定され、指名手配されている場合があるものの、国外へ逃亡している場合も多いため刑事裁判が開けない事件も未解決事件として扱われる場合がある。また首謀者など事件の全容を知る人物の死亡により、全貌を解明できなくなった事件[注 1]や、別に真犯人がいるとする説がある事件[注 2]も未解決事件として扱われる場合がある。

足利事件のように、民間の調査機関やジャーナリストの手で真相が捜査され、真犯人を特定したと主張して警察へもその捜査の要請がなされているケースも、対象者の実名を報道しないことで社会的に真犯人の特定とされない場合は未解決事件と認識されてしまう事がある。

一部には人間の故意による事件ではなく、事故に過ぎないものが未解決事件として扱われることもある。また、公訴時効が過ぎた未解決事件について、自ら犯人を名乗り出る者もいる。

一度は犯人と特定された被疑者が裁判や再審無罪となり、冤罪事件となって真犯人が逮捕されていない事件も未解決事件として扱われる。冤罪事件の場合、被疑者が長期裁判や再審無罪になった時には長い年月が経っており、公訴時効を迎えている、証拠が集められなくなるなどの理由で未解決事件となりやすい。

未解決事件に対する取り組み[編集]

警視庁の取り組み[編集]

警視庁では2007年捜査特別報奨金制度を導入し、未解決事件の情報提供の増加に力を入れている。また、これまでにも世田谷一家殺害事件柴又上智大学女子大生放火殺人事件八王子スーパー強盗殺人事件など長期の専属捜査が行われている例はあったが、進展のない未解決事件の多くは新しく発生した事件に捜査員を割り振るなどの理由で、警視庁刑事部内の捜査本部が事件からほどなくして閉鎖されることも少なくなかった[注 3]。そこで、2009年11月には警視庁捜査一課内に未解決の殺人事件などを専門に扱う、4個係を擁する特別捜査部署「特命捜査対策室」を作り、捜査に当たっている。過去の捜査を再検証し、DNA型鑑定など科学捜査で被疑者逮捕を目指す。なお、捜査が現在も継続している事件はこのチームでは扱わないとしている。

2010年8月、警察庁は未解決事件の捜査専従班を警視庁と各道府県警察に設置する方針を決めた。凶悪事件の公訴時効の廃止・延長に伴い、未解決事件の捜査体制強化のため、地方警察官833人の増員を来年度予算概算要求に盛り込んだ。内訳は専従捜査員329人、見当たり捜査員(指名手配被疑者の顔を覚え見分ける)34人、サイバー犯罪対策350人、検視専門の刑事調査官(検視官)・補助者120人[1]

公訴時効廃止までの動き[編集]

2004年殺人罪強盗殺人罪など死刑にあたる罪の公訴時効の期間は15年から25年に改正されたが、殺人事件被害者遺族の会(宙の会)や全国犯罪被害者の会(あすの会)などが公訴時効停止・廃止を訴えるなど殺人事件被害者の遺族らによる公訴時効見直しの声が高まった。

一方で刑事訴訟法改正による、時効の延長・廃止の時効進行中の事件に対する適用が、近代刑法の原則および日本国憲法第39条で規定されている法の不遡及に違反する可能性が指摘されている。犯罪被害者家族の会(ポエナの会)などは、この見地から公訴時効の廃止を要望するも、過去の事件に対しての遡及による適用には反対の意を示していた。

2010年4月27日、殺人罪・強盗殺人罪など公訴時効廃止や故意に死に至らしめた罪の公訴時効延長などが盛り込まれた刑事訴訟法並びに刑法の改正案が成立し、即日施行された。施行時に公訴時効を迎えていない過去の未解決事件にも適用される。一方で施行前に時効を迎えた事件に遡っての適用はされない。

100歳送致[編集]

ただし、公訴時効が廃止された事件についても、被疑者(容疑者)が100歳以上の高齢者の場合、すでに死亡している可能性が高いとして書類送検し捜査を終了する「100歳送致」の制度が採られることとなり、事実上の公訴時効制度が存続されることとなった。この制度が初めて適用されたのは、1995年に下関市で発生した死体損壊遺棄事件で、事件当時74歳の男性が指名手配されたが、それから26年が経過した2021年9月に(生きていれば)被疑者が100歳になっても逮捕できなかったことで死亡している可能性が高いとして書類送検・捜査終了となった[2]。なお、「主な未解決事件」節に記載されているような被疑者が特定されていない事件については、事件当時の被疑者の年齢を20歳とみなし、事件発生から80年経過後に被疑者が100歳に達したとして捜査終了となる[3]

アメリカ合衆国[編集]

受刑者らが未解決事件についての情報を知っていることが多いことから、アメリカの刑務所では未解決事件の短い記述や犠牲者の顔写真などが印刷されたトランプのカードを頒布している[4]

オランダ[編集]

オランダの警察当局は、研修のために訪れたアメリカの刑務所で、未解決事件の短い記述や犠牲者の顔写真などが印刷されたカードで遊ぶ服役者の姿を見て、カレンダーを発案[4]。毎週1件の未解決事件を取り上げたカレンダーを製作して刑務所で受刑者らに配布している[5]

主な未解決事件の一覧[編集]

  • ただし、捜査機関被疑者を特定しているものの、被疑者が逃亡しているために裁判が進行できない事件や、近代法制における警察捜査が全くない国の事件は除く。
  • 捜査機関が事件性がないものと断定しているが、殺害されたという有意な主張が存在する事件についても取り上げる。
  • 失踪事件や変死体は件数が多いため、警察が事件を視野に捜査しているものを取り上げる。
  • 被疑者が指名手配もしくは国際指名手配されている事件は、日本における指名手配を参照。また、関連項目として、失踪事件も参照。

19世紀[編集]

1801年(寛政13年)- 1900年(明治33年)[編集]

20世紀[編集]

1901年(明治34年)- 1940年(昭和15年)[編集]

1941年(昭和16年)- 1950年(昭和25年)[編集]

1951年(昭和26年)- 1960年(昭和35年)[編集]

1961年(昭和36年)- 1970年(昭和45年)[編集]

1971年(昭和46年)- 1980年(昭和55年)[編集]

1981年(昭和56年)- 1990年(平成2年)[編集]

1991年(平成3年)- 2000年(平成12年)[編集]

※1995年(平成7年)4月27日以降、日本国内で発生した未解決の事件のうち、人を死亡させた罪で法定刑の最高が死刑にあたる犯罪殺人罪強盗殺人罪など)[注 5]公訴時効成立を取り止めた。なお、長期の専属捜査は継続され、被疑者発見・逮捕に行き着き次第解決に繋がらせることとなった。
◆…これ以降も公訴時効が成立した事件

21世紀[編集]

2001年(平成13年)- 2010年(平成22年)[編集]

2011年(平成23年)- 2020年(令和2年)[編集]

2021年 (令和3年) - 現在[編集]

関連書籍[編集]

  • 歴史の謎研究会編『世界史の謎と暗号 ダ・ヴィンチ、ジャンヌ・ダルク、始皇帝、モーツァルト…歴史を変えた37人の奇妙な「痕跡」』(青春出版社、2006)
  • 日本博学倶楽部『世界史未解決事件ファイル「モナリザ贋作疑惑」から「アポロ11号着陸捏造疑惑」まで』(PHP研究所、2006)
  • 歴史の謎研究会編『未解決事件の謎と暗号 歴史の闇に消えた…』(青春出版社、2007)
  • 日本博学倶楽部『日本史未解決事件ファイル「聖徳太子架空人物説」から「西郷隆盛生存説」まで』(PHP研究所、2005)
  • 松本清張日本の黒い霧(全)』(文芸春秋、1973)
  • 矢田喜美雄『謀殺 下山事件』(講談社、1973)
  • 柴田哲孝『下山事件 最後の証言』(祥伝社、2005)
  • 大野達三『松川事件の犯人を追って』(新日本出版社、1991)
  • 朝日新聞社116号事件取材班『新聞社襲撃 テロリズムと対峙した15年』(岩波書店、2002)
  • エスエル出版会編『謀略としての朝日新聞襲撃事件 赤報隊の幻とマスメディアの現在』(エスエル出版会、1988)
  • 谷川葉『警察が狙撃された日 国松長官狙撃事件の闇」』(講談社プラスアルファ文庫、2002)
  • 柳川喜郎『襲われて 産廃の闇、自治の光』(岩波書店、2009)
  • 森下香枝『グリコ・森永事件「最終報告」真犯人』(朝日新聞社、2007)
  • 『日本の「未解決事件」100(別冊宝島)』(宝島社、2011)
  • 『【昭和・平成】9大未解決事件の真犯人』(宝島社、2009)
  • 週刊朝日ムック『未解決事件ファイル 真犯人に告ぐ』(朝日新聞出版、2010)
  • 清水潔『殺人犯はそこにいる〜隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』(新潮社2013)

未解決事件の捜査を主に描く作品等[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 尼崎事件など。
  2. ^ 帝銀事件ケネディ大統領暗殺事件など。
  3. ^ 警視庁刑事部にて1999年〜2008年の10年間に捜査本部が設置された事件(殺人事件含む)は174件あるが、このうち2009年10月時点で未解決の事件は50件に上る。また、過去に捜査本部が設置された事件のうち、2004年〜2008年にかけて毎年平均5件が公訴時効を迎えている。
  4. ^ 足利事件を含む。うち1件は行方不明。
  5. ^ 外患誘致罪(日本の法律上死刑のみが規定された、唯一の犯罪)や、外患援助罪現住建造物等放火罪死刑無期懲役又は2年以上の有期懲役)は人が死亡することを想定していないため、両罪の公訴時効は廃止されていない。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 警察庁捜査特別報奨金対象事件

出典[編集]

  1. ^ 共同通信 2010年8月31日
  2. ^ 26年前の殺人 所在不明・生きていたら100歳の父を書類送検
  3. ^ 公訴時効が廃止された罪に係る事件に関する検察官への連絡及び送致の際の留意事項について
  4. ^ a b オランダ警察が取り組むコールドケースのイノベーション AMP(アンプ)2018年10月17日
  5. ^ 「未解決事件カレンダー」配布で手掛かりに期待 オランダ AFP 2017年1月11日
  6. ^ 川井村郷土誌編纂委員会 編『川井村郷土誌 下巻』1063-1064頁 川井村 1962年
  7. ^ 田原町文化財調査会 編『田原町史 中巻』921-925頁 田原町教育委員会 1975年
  8. ^ 藤田五郎 編『公安百年史 : 暴力追放の足跡』257頁 公安問題研究協会 1978年
  9. ^ 維新の史蹟国立国会図書館デジタルコレクション
  10. ^ 三明智彰『明治初期の真宗大谷派における研究教育とその体制 - 護法場・学校組織を中心に - 大谷大学真宗総合研究所研究紀要』81-83頁 大谷大学真宗総合研究所 1993年
  11. ^ a b 愛媛県警察史編さん委員会 編『愛媛県警察史 第1巻』227-230頁 愛媛県警察本部 1973年
  12. ^ 熊本県議会事務局 編『熊本県議会史 第1巻』290-291頁 熊本県議会 1963年
  13. ^ 武田三夫, 山田東作 著『三河最初の中学校 (ちぎり文庫 ; 第16集)』266-268頁 豊橋文化協会 1981年
  14. ^ 星野進一 著『小金井百一話 : 大正時代の思い出』156-158頁 小金井新聞社 1980年
  15. ^ 神奈川県警察史編さん委員会 編『神奈川県警察史 上巻』593頁 神奈川県警察本部 1970年
  16. ^ a b c d 愛宕警察署史編集委員会 編『愛宕警察署史 : 創立100年記念』警視庁愛宕警察署 1981年
  17. ^ 群馬県議会事務局 編『群馬県議会史 第2巻 (自明治24年至明治40年)』1842-1843頁 群馬県議会 1953年
  18. ^ 町田市史編纂委員会 編『町田市史 下巻』715頁 町田市 1976年
  19. ^ 富山県政史 第4卷国立国会図書館デジタルコレクション
  20. ^ 青森県総覧 : 一名青森県四十年略史国立国会図書館デジタルコレクション
  21. ^ 『自由と正義 1(4)』35-36頁 日本弁護士連合会 1950年
  22. ^ a b c d 『自由と正義 36(10)』日本弁護士連合会 1985年
  23. ^ 茨城県警察史編さん委員会 編『茨城県警察史 上巻』927-928頁 茨城県警察本部 1971年
  24. ^ 『りべらる 6(11)』121頁 白羊書房 1951年
  25. ^ 犯罪実話集国立国会図書館デジタルコレクション
  26. ^ a b c 『福島県犯罪史 第2巻』福島県警察本部 1966年
  27. ^ a b 山口県警察史編さん委員会 編『山口県警察史 上巻』898-900頁 山口県警察本部 1978年
  28. ^ 『佐賀新聞七十五年史』169頁 佐賀新聞社 1961年
  29. ^ 『深川市史』736頁 深川市 1977年
  30. ^ a b 山形県警察史編さん委員会 編『山形県警察史 上巻』山形県警察本部 1967年
  31. ^ 野村二郎『日本の裁判史を読む事典』293頁 自由国民社 2004年
  32. ^ a b c 兵庫県警察本部 編『鎮魂の碑 : 兵庫県殉職警察官顕彰録』兵庫県警察本部 1980年
  33. ^ 楠瀬正澄 著『実例捜査科学』111頁 新光閣 1935年
  34. ^ 白山友正『幌延町史』797頁 天塩郡幌延町 1974年
  35. ^ 西松五郎『神戸新聞による世相60年』66-69頁 のじぎく文庫 1964年
  36. ^ 『士別よもやま話』128頁 士別市郷土研究会 1969年
  37. ^ 二本の指 : 社会部記者の手帖から (春陽文庫)国立国会図書館デジタルコレクション
  38. ^ a b 『管内実態調査書 熊本編 熊本篇』熊本県警察本部警務部教養課 427、594頁 1961年
  39. ^ 前田誠孝 著『謎の殺人篇 (世界犯罪叢書 ; 7)』421-441頁 天人社 1931年
  40. ^ 『りべらる 9(13)』50頁 白羊書房 1954年
  41. ^ 鶴橋小学校八十周年記念誌編纂委員会 編『鶴橋小学校八十年のあゆみ : 郷土鶴橋の歴史』239頁 大阪市立鶴橋小学校八十周年記念祝賀委員会 1956年
  42. ^ a b 長野県警察本部警務部警務課 編『長野県警察史 犯罪編』112-124、161-164頁 長野県警察本部 1958年
  43. ^ a b c 渡辺義雄『まちは生きている : 旭川市街の今昔 上 (旭川文庫 ; 3,4)』113頁 総北海 1983年
  44. ^ a b 青森県警察史編纂委員会 編『青森県警察史 上巻』643-646頁 青森県警察本部 1973年
  45. ^ 永松浅造 著『後悔先に立たず : 犯罪実話』鷺ノ宮書房 1956年
  46. ^ 大分県警察史 2/2国立国会図書館デジタルコレクション
  47. ^ 名古屋郷土文化会 編『郷土文化 44(3)(157)』49頁 名古屋郷土文化会 1990年
  48. ^ a b c d e f 『福島県犯罪史 第3巻』福島県警察本部 1967年
  49. ^ a b 秋田県警察史編纂委員会 編『秋田県警察史 下巻』581、585頁 秋田県警察本部 1971年
  50. ^ 山口県警察史編さん委員会 編『山口県警察史 下巻』1150-1152頁 山口県警察本部 1982年
  51. ^ a b 福田洋 著『20世紀にっぽん殺人事典』社会思想社 2001年
  52. ^ 山形県警察史編さん委員会 編『山形県警察史 下巻』434-443頁 山形県警察本部 1971年
  53. ^ a b 稚内市史編纂室 編『稚内市史』843、872頁 稚内市 1968年
  54. ^ 警視庁警務部教養課 編『自警 36(7)』37-39頁 自警会 1954年
  55. ^ 청양 소년 살해사건 미스터리”. 新東亜. 2024年2月18日閲覧。
  56. ^ 帯広市史編纂委員会 編『帯広市史』692頁 帯広市 1976年
  57. ^ 『堺市史 続編 第2巻』553-554頁 堺市 1971年
  58. ^ 부산 마리아 참살(慘殺) 사건”. 新東亜. 2024年2月20日閲覧。
  59. ^ 調査と文: 池田洋三『わすれかけの街 : まつやま戦後』161頁 愛媛新聞社 1975年
  60. ^ a b 客野澄博 著『放火魔 : 死刑囚・古川義雄連続放火事件 (犯罪ドキュメントシリーズ)』111-112頁 東京法経学院出版 1986年
  61. ^ 荒垣秀雄 著『人も世も花も 続』201頁 春秋社 1963年
  62. ^ 안동 가와카미(川上) 순사 살해사건”. 新東亜. 2024年2月20日閲覧。
  63. ^ 『新聞集成昭和史の証言. 第8巻』本邦書籍 1990年
  64. ^ 都築嘉雄 著『昭和警察署四十年史』32頁 都築嘉雄 1971年
  65. ^ 水谷盛光 著『ええじゃないか : 名古屋330年の歴史秘話』167-168頁 中日新聞本社 1982年
  66. ^ 『新潟の犯罪史 上巻 (新潟シリーズ ; 第5集)』263-271頁 新潟日報事業社 1968年
  67. ^ a b c 福井新聞社編集局 編『生きているふくい昭和史 上』148-149頁 品川書店 1974年
  68. ^ 中野並助 著『犯罪の通路 (中公文庫)』173-177頁 中央公論社 1986年
  69. ^ 『高岡史話 : 庶民の歴史 下巻』21頁 高岡史談会 1965年
  70. ^ 四国新聞社 著『昭和50年史 上巻 (香川・激動の20年) (Biko books ; 12)』92頁 美巧社 1975年
  71. ^ 開聞町郷土誌編集委員会 編『開聞町郷土誌』356頁 開聞町 1973年
  72. ^ a b c d e f g h i 秋田魁新報社 編『秋田大百科事典』373-374頁 秋田魁新報社 1981年
  73. ^ 『富山県警察史 上巻』780頁 富山県警察本部 1965年
  74. ^ 加藤尚文 [ほか]編『日本経営史料大系 : コメンタール 第5巻 (労働)』三一書房 1988年
  75. ^ 更科源蔵, 富樫酋壱郎 編著『夕張市史』245-246頁 夕張市 1959年
  76. ^ 岩附一雄『犯罪実話と捜査研究』123-124頁 警察時報社 1948年
  77. ^ 越智道順『南加州日本人史 後篇』181頁 南加日系人商業会議所 1957年
  78. ^ a b 新聞資料ライブラリー『カストリ新聞 : 昭和二十年代の世相と社会』大空社 1995年
  79. ^ 『中川町史』378頁 中川町 1975年
  80. ^ a b c d e f g h i j k l m n 岡山県警察史編さん委員会 編『岡山県警察史 下巻』790-817頁 岡山県警察本部 1976年
  81. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 熊本県警察史編さん委員会 編『熊本県警察史 第3巻 (昭和後期編)』1019-1031頁 熊本県警察本部 1986年
  82. ^ a b c 『富山県警察史 下巻』339-340、677頁 富山県警察本部 1965年
  83. ^ a b 新井鉱一郎 著『花のない墓標 : 進駐軍による日本人虐殺の記録』理論社 1959年
  84. ^ a b 築地警察署史編集委員会 編『築地警察署史』607、609-610頁 警察庁築地警察署 1973年
  85. ^ 神奈川県警察史編さん委員会 編『神奈川県警察史 下巻』455-458頁 神奈川県警察本部 1974年
  86. ^ 『戦後京の二十年』39頁 夕刊京都新聞社 1966年
  87. ^ 「泊り込んで幼児を誘拐」『朝日新聞』昭和21年(1946年)5月11日、2頁
  88. ^ a b c d e f g h 『福島県犯罪史 第4巻』福島県警察本部 1968年
  89. ^ 「迷宮事件を追って 第八話 十三夜の美女殺し 裸体に「バカ」の泥文字 襲われた日舞帰りの女工さん あまりにも猟奇的な・・・閉ざされた運命のしゃ断機 和服の似合うおとなしい娘 犯人は顔見知り? 奇怪なドロ団子のナゾ」『埼玉新聞』昭和34年(1959年)9月5日、9頁
  90. ^ 信濃毎日新聞社調査出版部 編『信每年鑑』信濃毎日新聞社 1962年
  91. ^ 高知県警察史編さん委員会 編『高知県警察史 昭和編』743頁 高知県警察本部 1979年
  92. ^ a b 淵真吉『署長の履歴書 第2篇』44、251-252頁 警察文化 1966年
  93. ^ a b c d e 岩手県警察本部 編『岩手県警察史 第2巻』岩手県警察本部 1979年
  94. ^ 講談社 編『警視庁大研究』67頁 講談社 1982年
  95. ^ 「斎藤きのう釈放 白岡の実父殺し」『読売新聞 埼玉 朝刊』昭和30年(1955年)3月10日、8頁
  96. ^ 岩田政義 著『死体は語る : 捜査ドキュメンタリー (野洲文庫. シルバー・ブックス)』19-22頁 野洲文庫 1967年
  97. ^ 「埼中生殺し遂に迷宮へ 浦和署の面目潰る 重視される浦和地検‘示達’ 功を焦って失態 半年・刑事の努力も遂に空し 必ず雪辱」『埼玉新聞』昭和22年(1947年)11月13日、2頁
  98. ^ 「ついに捜査陣の黒星 小川村 夫婦強殺事件時効に」『読売新聞 長野 朝刊』昭和37年(1962年)4月2日、7頁
  99. ^ 千葉県警察史編さん委員会 編『千葉県警察史 第2巻』615-618頁 千葉県警察本部 1985年
  100. ^ 『ジュリスト 第249~256号』有斐閣 1962年
  101. ^ 木村文平 著『日本七年間の謎 : アメリカへの公開状 (秘録現代史)』88-91頁 光源社 1959年
  102. ^ 「迷宮入りか 月見原の白骨死体」『埼玉新聞』昭和22年(1947年)8月4日、2頁
  103. ^ 北見市史編さん委員会 編『北見市史 年表編』197頁 北見市 1987年
  104. ^ 「志紀の殺人迷宮入りか」『埼玉新聞』昭和22年(1947年)10月8日、2頁
  105. ^ 高橋昭夫『証言・北海道戦後史 : 田中道政とその時代』161-164頁 北海道新聞社 1982年
  106. ^ 奥田二郎 著『北海道米軍太平記 : 黒と赤の日誌』228-230頁 1961年
  107. ^ a b 警視庁史編さん委員会 編『警視庁警察職員殉職者顕彰録』72、325-327頁 警視庁史編さん委員会 1967年
  108. ^ a b 山形県警察史編さん委員会『山形県警察史年表』251、261頁 山形県警察本部 1973年
  109. ^ 山形県警察史編さん委員会 編『山形県警察史 下巻』1197頁 山形県警察本部 1971年
  110. ^ 『蔵柱のまもり』41頁 上宝村消防団第三分団 1985年
  111. ^ a b 北海道警察史編集委員会 編『北海道警察史 第2 (昭和編)』784-793頁 北海道警察本部 1968年
  112. ^ a b 『新潟の犯罪史 下巻 (昭和後期編) (新潟シリーズ ; 第6集)』44-45、56頁 新潟日報事業社 1969年
  113. ^ 中岡志州『志摩国郷土史』349頁 中岡書店 1975年
  114. ^ 『別府市誌』523-524頁 別府市 1985年
  115. ^ a b 埼玉県警察本部教養課 編『新警察風土記』埼玉県警察本部 1978年
  116. ^ 古畑種基 著『今だから話そう : 法医学秘話』83-93頁 中央公論社 1959年
  117. ^ 『三笠市史』998頁 三笠市 1971年
  118. ^ 供野外吉 著『三笠郷土史雑記』142-145頁 みやま書房 1971年
  119. ^ a b c 『石川県史 現代篇 6』158頁 石川県 1995年
  120. ^ a b 四谷警察署史編集委員会 編『四谷警察署史 : 創立100年記念』471-475頁 警視庁四谷警察署 1976年
  121. ^ a b c 茨城サンケイ新聞社 編『実録茨城の犯罪:県警捜査員による四半世紀の証言』鶴屋書店 1980年
  122. ^ 「迷宮入りか 夫婦殺傷事件」『埼玉新聞』昭和25年(1950年)2月5日、2頁
  123. ^ 「きょう時効に 岡谷の主婦殺し」『読売新聞 長野 朝刊』昭和40年(1965年)4月17日、16頁
  124. ^ 『旭の友 19(4)(225)』35-37頁 長野県警察本部警務部教養課 1965年
  125. ^ a b c d e 日弁連えん罪原因究明第三者機関ワーキンググループ 編著ほか『えん罪原因を調査せよ―国会に第三者機関の設置を』勁草書房 2012年
  126. ^ 『筑豊石炭鉱業史年表』489頁 西日本文化協会 1973年
  127. ^ 大阪府警察史編集委員会 編『大阪府警察史 第3巻』690-694頁 大阪府警察本部 1973年
  128. ^ 岩倉市史編集委員会 編『岩倉市史 中巻』753頁 岩倉市 1985年
  129. ^ a b c d 青森県警察史編纂委員会 編『青森県警察史 下巻』949、1303-1304頁 青森県警察本部 1977年
  130. ^ a b c d e 仙台市警察史編纂委員会 編『仙台市警察史 : 仙台市における自治体警察の記録』277-80、430-431頁 宝文堂出版販売 1978年
  131. ^ 秋田魁新報社 編『秋田魁年鑑 1969年版』69頁 秋田魁新報社 1968年
  132. ^ a b 『警察風土記』89、316頁 新潟県警察本部 1978年
  133. ^ 「警察犬も出動 行方不明の運転手 殺害とみて死体捜索」『読売新聞 神奈川 朝刊』昭和27年(1952年)10月7日、4頁
  134. ^ 『埼玉年鑑 昭和29年版』187頁 埼玉新聞社 1953年
  135. ^ 「高橋の無罪確定 旭市の農婦殺し 検事上告期限ぎれ」『千葉日報 朝刊』昭和37年(1962年)3月6日
  136. ^ a b 立川警察署 編『立川警察署史』116、122頁 立川警察署 1971年
  137. ^ a b c 函館中央警察署 編『函館中央警察署史』函館中央警察署 1977年
  138. ^ 「久喜のやく殺事件、時効に」『埼玉新聞』昭和43年(1968年)9月7日、7頁
  139. ^ 「証拠不十分で釈放 北本宿 実父殺し容疑の正一」『埼玉新聞』昭和37年(1954年)2月25日、3頁
  140. ^ 『千葉県年鑑 昭和50年版』83頁 新濤社 1975年
  141. ^ a b 大分県警察史編さん委員会 編『大分県警察史 第1巻 (明治・大正・昭和前期編)』752-753頁 大分県警察本部 1986年
  142. ^ 愛知県蟹江警察署史編集委員会 編『愛知県蟹江警察署史』44-45頁 愛知県蟹江警察署 1980年
  143. ^ a b c 三重県警察史編さん委員会 編『三重県警察史 第4巻』199-204頁 三重県警察本部 1994年
  144. ^ a b c 毎日新聞メディア編成本部 編『毎日新聞戦後の重大事件早見表改訂新版』毎日新聞社 1991年
  145. ^ 「ついに時効 松本市上土の強殺事件」『読売新聞 長野 朝刊』昭和45年(1970年)3月1日、16頁
  146. ^ 『管内実態調査書 熊本編補遺 熊本篇』58頁 熊本県警察本部警務部教養課 1961年
  147. ^ a b 『新聞に見る90年 : 北日本新聞創刊90周年記念 下』北日本新聞社 1974年
  148. ^ 『栃木年鑑 昭和47年版』61頁 栃木新聞社 1972年
  149. ^ 「「灘崎の親子殺傷」時効 県犯罪史上、最も凶悪な事件」『読売新聞 岡山 朝刊』昭和46年(1971年)9月9日、21頁
  150. ^ 『旭の友 32(3)(377)』14頁 長野県警察本部警務部教養課 1978年
  151. ^ 札幌市教育委員会文化資料室 編『札幌事件簿 (さっぽろ文庫 ; 37)』269-270頁 札幌市 1986年
  152. ^ a b c d 『福島県犯罪史 第5巻』福島県警察本部 1990年
  153. ^ 「16年前、時効のトビ職殺し“犯人不詳”で送致 自供の裏付け取れず/東京」『読売新聞 朝刊』昭和48年(1973年)6月15日
  154. ^ 「ついに時効 尼崎のバラバラ事件」『読売新聞 兵庫 朝刊』昭和47年(1972年)2月17日、16頁
  155. ^ 『埼玉年鑑 昭和48年版』27頁 埼玉新聞社 1972年
  156. ^ 「みつ子さん殺し時効 浜松 発見遅れが致命的 めい福祈るだけと老母」『読売新聞 静岡 朝刊』昭和47年(1972年)3月25日、12頁
  157. ^ 日本新聞協会 編『新聞研究 (428)』82頁 日本新聞協会 1987年
  158. ^ 「殺された?女ブローカー 消息絶って一ヵ月 大金を持ち出かけたまま 連れ出されたか 貸金関係にもつれ」『埼玉新聞』昭和32年(1957年)6月15日、5頁
  159. ^ a b 警視庁警務部教養課 編『自警 58(8)』164-165頁 自警会 1976年
  160. ^ 吉原公一郎 著『謀略列島 : 内閣調査室の実像』223-228頁 新日本出版社 1978年
  161. ^ Army Sheds Light on Loss Of CIA Agent in Japan
  162. ^ 横須賀警察署史発行委員会 編『横須賀警察署史』81-92頁 横須賀警察署 1977年
  163. ^ 『旭の友 28(11)(338)』51頁 長野県警察本部警務部教養課 1974年
  164. ^ 北海道警察史編集委員会 編『北海道警察史 第2 (昭和編)』934頁 北海道警察本部 1968年
  165. ^ 室蘭市史編さん委員会 編『新室蘭市史 第5巻 室蘭市年表』394頁 室蘭市 1989年
  166. ^ 広島弁護士会福山地区会 編『芦田川のひまわり : 福山地区会発足三十五周年記念誌』289-331頁 広島弁護士会福山地区会 1985年
  167. ^ 「桑名の「まり子ちゃん」事件 ついに迷宮入り」『読売新聞 朝刊 岐阜 愛知 三重』昭和53年(1978年)10月14日 20頁
  168. ^ 『河北年鑑 昭和51年版』205頁 河北新報社 1976年
  169. ^ a b 「秩父市のマダム殺し 戸田市の少女殺し 凶悪事件、相つぎ時効に」『読売新聞 埼玉版』昭和49年(1974年)9月11日
  170. ^ 四国新聞社 著『昭和50年史 下巻 (香川・立ち上がる30年) (Biko books ; 13)』148-152頁 美巧社 1976年
  171. ^ 村上久 著『検事の現場検証 (中公文庫)』95-99頁 中央公論社 1986年
  172. ^ 「ナゾの失踪十一日 貸し金取立てに出たまま 家族から捜索願い 白岡の家畜商“理由なき”家出 複雑な貸借関係 蒲田のバーから姿消す」『埼玉新聞』昭和35年(1960年)8月25日、5頁
  173. ^ 「高松の女性殺しあす時効 県下5件目」『読売新聞 香川 朝刊』昭和50年(1975年)12月23日、12頁
  174. ^ 「あす時効成立 陸前高田の「竹駒町殺人」」『読売新聞 岩手 朝刊』昭和50年(1975年)12月31日、13頁
  175. ^ 『東奥年鑑 昭和52年版』東奥日報社 1976年
  176. ^ 『高知年鑑 昭和39年版』134頁 高知新聞社 1963年
  177. ^ 神奈川新聞編集局 編『激流 : かながわ昭和史の断面 神奈川新聞40年の報道写真から』88頁 神奈川新聞出版局 1982年
  178. ^ 弓削信夫,中島義博,笠井邦充 著『福岡犯罪50年史 戦後編』250-251頁 夕刊フクニチ新聞社「昭和50年史刊行会」1976年
  179. ^ 第75回国会 衆議院 予算委員会 第13号 昭和50年2月15日
  180. ^ 自由法曹団 編・著『警察と市民の人権』230-231頁 みずち書房 1984年
  181. ^ 「“マダム殺人事件”時効 むなしかった長期捜査 弘前」『読売新聞 青森 朝刊』昭和52年(1977年)11月13日、8頁
  182. ^ 栃木新聞社編集局 編『栃木年鑑 昭和39年版』51頁 栃木新聞社 1963年
  183. ^ 「妙子さん事件ついに時効 県警、痛い黒星喫す」『読売新聞 山梨 朝刊』昭和53年(1978年)9月3日、20頁
  184. ^ 「“和枝さん殺し”時効 黒羽」『読売新聞 栃木 朝刊』昭和53年(1978年)10月29日、20頁
  185. ^ 「市川大門町の母娘殺傷 ついに時効」『読売新聞 山梨 朝刊』昭和53年(1978年)12月13日、20頁
  186. ^ 「マルK市場殺人ついに時効」『読売新聞 長野 朝刊』昭和54年(1979年)3月11日、20頁
  187. ^ 日本語編集委員会 編『ブラジル沖縄県人移民史 : 笠戸丸から90年 : 1908 〜 1998』ブラジル沖縄県人会 2000年
  188. ^ 「甲府の真理ちゃん事件 悲運の15年 ついに時効」『読売新聞 山梨 朝刊』昭和54年(1979年)11月21日、20頁
  189. ^ a b 『茨城県の昭和史 : 近代百年の記録 上』241頁 毎日新聞社 1984年
  190. ^ a b 菅野良司 著『冤罪の戦後史 : 刑事裁判の現風景を歩く』岩波書店 2015年
  191. ^ a b c 瑞慶山茂 著『沖縄返還協定の研究 : 幻想の「核ぬき・本土なみ」返還論』406頁 汐文社 1982年
  192. ^ 「高岡女子大生殺し ついに時効」『北日本新聞 朝刊』昭和55年(1980年)5月22日、P19
  193. ^ 警視庁警務部教養課 編『自警 66(11)』176頁 自警会 1984年
  194. ^ 「老婆殺しも時効 宇都宮市雀宮」『読売新聞 栃木 朝刊』昭和56年(1981年)1月29日、20頁
  195. ^ 下野新聞社事業局出版部 編『下野年鑑 1982年版』24頁 下野新聞社 1982年
  196. ^ 京都府警察史編集委員会 編『京都府警察史 第4巻』616-617頁 京都府警察本部 1985年
  197. ^ 『埼玉年鑑 昭和58年版 本編』35頁 埼玉新聞社 1982年
  198. ^ 『高知年鑑 1983年版』121頁 高知新聞社 1982年
  199. ^ 福島県警察本部 編『福島県犯罪史 第6巻』513-524頁 福島県警察本部 1991年
  200. ^ 事件・犯罪研究会 編『事件・犯罪大事典 : 明治・大正・昭和』333頁 東京法経学院出版 1986年
  201. ^ 芹沢常行 著『完全犯罪と闘う : ある検死官の記録 (中公文庫)』100-106頁 中央公論社 1985年
  202. ^ 『戦争責任研究 = The report on Japan's war responsibility (24)』14頁 日本の戦争責任資料センター 1990年
  203. ^ 「きょういっぱいで時効成立 川口の工員殺し」『埼玉新聞』昭和57年(1982年)12月1日、11頁
  204. ^ 「「証拠不十分」で無罪 銚子の女子中学生殺し ぬれきぬ晴れホッと 青沼さん さっそく仕事捜し」『千葉日報 朝刊』昭和45年(1970年)4月22日
  205. ^ 『新潟県年鑑 1984年版』48頁 新潟日報社 1983年
  206. ^ 『埼玉年鑑 昭和60年版 本編』29頁 埼玉新聞社 1984年
  207. ^ 「熱海の老女殺し時効 執念の捜査不発 対象数千人いずれもシロ」『読売新聞 静岡 朝刊』昭和61年(1984年)1月5日、18頁
  208. ^ 『富山女子短期大学紀要 (22)』74-75頁 富山女子短期大学 1987年
  209. ^ 『新潟県年鑑 1985年版』48頁 新潟日報社 1984年
  210. ^ 「ニュースの視角 大宮の時計眼鏡店夫婦殺傷事件 17日で時効」『埼玉新聞』昭和59年(1984年)7月15日、11頁
  211. ^ 「若妻殺し(岩舟)あす時効 容疑者15人絞り切れず」『読売新聞 栃木 朝刊』昭和60年(1985年)7月18日、18頁
  212. ^ 「「紀子さん絞殺」きょう時効 捜査15年進展なし 滋賀県警 乏しい証拠、決め手欠く」『京都新聞 朝刊』昭和60年(1985年)12月23日、16面
  213. ^ 「川越・芳野農協強盗殺人事件 22日に時効成立」『埼玉新聞』昭和61年(1986年)1月18日、11頁
  214. ^ 宜野湾市史編集委員会 編『宜野湾市史 第7巻 資料編 6 下 (新聞集成 3・下 米軍統治後期)』642-644頁 宜野湾市 1988年
  215. ^ 『警察時事年鑑 1974』446-447頁 警察文化協会 1973年
  216. ^ 「タクシー強盗殺人 県警、苦い幕切れ」『読売新聞 大分 朝刊』昭和61年(1986年)8月13日、16頁
  217. ^ 静岡県警察風土記編さん委員会(編集・発行)『警察風土記』1999年1月改訂版第1刷発行(1988年3月初版第1刷発行)静岡県警察本部、127頁「島田警察署 > 1 警察署のあらまし > 重要特異事件(事件・事故関係)」
  218. ^ 「美佐江さん殺害事件ついに時効成立/琉警最後の事件/物的証拠なく捜査難航」『琉球新報/うるま新報 夕刊』昭和62年(1987年)5月9日、10頁
  219. ^ 『現代の眼 17(7)』300-309頁 現代評論社 1976年
  220. ^ 日本弁護士連合会 編『日本の安全保障と基地問題 : 平和のうちに安全に生きる権利』明石書店 1998年
  221. ^ 昭和53(あ)1718 強姦未遂、殺人
  222. ^ 「川口の妊婦殺害が時効 犯行動機絞れぬまま15年」『埼玉新聞』昭和63年(1988年)8月21日、13頁
  223. ^ 「春日居の女性絞殺 無念の時効成立」『読売新聞 山梨 朝刊』平成元年(1989年)3月8日、24頁
  224. ^ 「まな娘殺した犯人自首して、戸塚区の女高生事件来月8日で時効、つらく悲しい15年…、両親涙の訴え」『読売新聞 横浜 朝刊』平成元年(1989年)11月25日、p26
  225. ^ 『昭和の不思議プレミアム. vol.4(ミリオンムック ; 79)』大洋図書 2023年
  226. ^ 「公訴時効が成立 氷見・祇園祭り殺人事件」『富山新聞 朝刊』平成2年(1990年)7月15日、P23
  227. ^ 「首なし殺人が時効 首も凶器も発見されず きょう 蒲生」『毎日新聞 朝刊 千葉版』平成2年(1990年)9月10日
  228. ^ a b c d e 岩手県警察史編さん委員会 編『岩手県警察史 第2巻』岩手県警察本部 1996年
  229. ^ 読売新聞大阪本社社会部 編『別所汪太郎・鬼検事覚書』151-157頁 読売新聞社 1983年
  230. ^ 「15年経過時効成立 市原の看護婦殺し」『朝日新聞 朝刊 ちば首都圏』平成3年(1991年)5月31日、p17
  231. ^ 続生田原町史編さん委員会 編『生田原町史 続』123頁 生田原町 1997年
  232. ^ 「迷宮入りか 岩槻の主婦殺し丸一年 犯人像を絞れず 捜査本部は全容解明の決意」『埼玉新聞』昭和54年(1979年)5月15日、p9
  233. ^ 「中二殺人が時効 印旛村の女子 有力手掛かりなく15年」『千葉日報 朝刊』平成5年(1993年)8月6日、p19
  234. ^ 「市原の市津農協強盗殺人事件 被疑者不明のまま公訴時効 [1979年1月の事件]」『朝日新聞 朝刊 ちば首都圏』平成6年(1994年)1月13日、p27
  235. ^ 「千葉地検、証拠出ず誘拐殺人容疑者異例の不起訴に。」『日本経済新聞 朝刊』昭和57年(1982年)12月7日
  236. ^ 「浦和の一家4人焼死 「自分の犯行」と自供 連続放火で公判中の伊藤」『埼玉新聞』昭和55年(1980年)6月29日、13頁
  237. ^ 「会社員殺人が時効 被疑者不詳で書類送検 習志野[79年、JR津田沼駅近くで発見]」『朝日新聞 朝刊 ちば首都圏』平成6年(1994年)5月29日、p25
  238. ^ 「弘子さんはどこに 失踪から10か月」『読売新聞 朝刊 山梨』昭和55年(1980年)4月4日、p20
  239. ^ 「杉戸の女高生殺し迷宮入りか 有力情報得られずきょうで一年 痛い死体発見の遅れ 専従班で継続捜査」『埼玉新聞』昭和56年(1981年)9月22日、p11
  240. ^ 小林道雄 著『日本警察腐蝕の構造』75頁 講談社 1986年
  241. ^ 「有力情報なく依然〝謎〟 騎西の作業員変死から一週間」『埼玉新聞』昭和60年(1985年)3月23日、11頁
  242. ^ Hiromi Kazuni”. THE CHARLEY PROJECT. 2024年6月28日閲覧。
  243. ^ “Crimestop needs information to find missing young woman” (英語). News-Press (Fort Myers, FL): pp. 20. (1988年2月17日). https://www.newspapers.com/article/news-press-hiromi-kazuni-1986-1/119513438/ 2024年7月1日閲覧。 
  244. ^ 「老名妓姿消し2ケ月、赤坂署が捜査に乗り出す。」『日本経済新聞 夕刊』昭和63年(1988年)7月29日
  245. ^ 「青森の女性絞殺が時効。」『日本経済新聞 夕刊』平成15年(2003年)10月25日
  246. ^ 『日刊大牟田』2004年7月1日付(第5203号)3頁「大牟田署 草木の薬局老夫婦殺人事件 ついに時効成立」(日刊総合調査企画)
  247. ^ 「静岡・函南、上田容疑者と出かけたまま、パチンコ店員失跡4年。」『日本経済新聞 朝刊』平成6年(1994年)2月17日
  248. ^ 「金沢地検、保険金殺人容疑の3人――証拠不十分で不起訴。」『日本経済新聞』平成2年(1991年)11月30日
  249. ^ 文藝春秋digital (2022年12月31日). “【虚飾のデザイナー小田嶋透事件#2】さっちゃんの証言|伝説の刑事「マル秘事件簿」”. 文藝春秋. 2022年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月24日閲覧。
  250. ^ 「森山千郷ちゃん事件時効(ピックアップ)」『日本経済新聞 夕刊』平成15年(2006年)9月11日
  251. ^ 「お返しすべき遺品」108点を警察が廃棄 強盗殺人事件遺族が提訴”. 朝日新聞DIGITAL (2022年1月27日). 2024年5月12日閲覧。
  252. ^ 「住宅造成地から人骨 長南町」『千葉日報』平成4年(1992年)7月19日、19頁
  253. ^ 「深谷の内ゲバ殺人革労協が犯行声明」『埼玉新聞』平成5年(1993年)8月31日、19頁
  254. ^ 「事件に巻き込まれた? 渋川の女性白骨死体」『読売新聞 群馬 朝刊』平成6年(1994年)5月12日、27頁
  255. ^ 倉敷 児島の殺人放火事件から29年 警察が情報提供呼びかけ”. NHK 岡山 NEWS WEB (2023年4月26日). 2024年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月31日閲覧。
  256. ^ 「越谷の短銃殺人有力情報なく1年」『埼玉新聞』平成8年(1996年)5月24日、23頁
  257. ^ 「抗争の背景浮かばず 川口の暴力団殺人」『埼玉新聞』平成7年(1995年)6月16日、15頁
  258. ^ 『政界 21(9)』60-64頁 政界出版社 1999年
  259. ^ 毎日ジャーナリズム (2016年12月14日). “<記者の目>ニカラグア殺人事件 再審無罪=庭田学 津支局(元メキシコ市支局)”. 毎日新聞. 2020年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年3月6日閲覧。
  260. ^ 宮田さん殺害事件から1年 捜査進展せず迷宮入りも”. 「日刊まにら新聞」ウェブ (1998年7月31日). 2024年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月22日閲覧。
  261. ^ 17年前の事件で書類送検 殺人容疑の2人、不起訴に”. 日本経済新聞 (2015年11月11日). 2024年4月10日閲覧。
  262. ^ 「福岡の殺人事件、逮捕の女性、拘束44日、証拠なく釈放――弁護団「えん罪」。」『日本経済新聞』平成11年(1999年)2月22日
  263. ^ 警視庁刑事部捜査第一課公式Twitter 2019年(令和元年)9月13日付
  264. ^ 邦人射殺事件 比人容疑者を不起訴”. 日刊まにら新聞 (2000年6月27日). 2024年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月30日閲覧。
  265. ^ 北海道新聞』2024年3月7日朝刊第16版第4社会面23頁「【室蘭】女子高生不明23年 情報提供呼び掛け 室蘭署」(北海道新聞社
  266. ^ 室蘭 女子高校生行方不明から23年 警察が情報提供呼びかけ」『北海道 NEWS WEB』NHK札幌放送局、2024年3月6日。2024年6月19日閲覧。オリジナルの2024年6月19日時点におけるアーカイブ。
  267. ^ 「覆面4人組285万強奪 鴻巣の米殻店妻間もなく死亡」『埼玉新聞』平成13年(2001年)5月26日、p19
  268. ^ 未解決事件 宮崎早紀ちゃんの遺体発見から23年 情報提供を呼びかけ”. 関西テレビ NEXT (2024年6月8日). 2024年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月8日閲覧。
  269. ^ ワードBOX 田川市タクシー運転手強盗殺人事件”. 西日本新聞 me (2016年7月20日). 2024年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月4日閲覧。
  270. ^ 今も遺骨をペンダントに 息子失った母「犯人は名乗り出て」 川西・刺殺事件19年”. 神戸新聞 NEXT (2021年5月24日). 2022年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月4日閲覧。
  271. ^ 「北海道の女性刺殺事件、証拠不十分で主婦釈放。」『日本経済新聞』平成14年(2002年)11月7日
  272. ^ 「苦しがられて手足を動かす動作が認められた」白昼の自宅で殴殺 手がかり無く19年 浜田市黒川町女性殺人事件とは”. RSS山陰放送 (2023年2月3日). 2023年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月28日閲覧。
  273. ^ 白骨遺体発見から20年 三春峠で全力捜査誓う”. 両丹日日新聞 (2024年2月8日). 2024年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月28日閲覧。
  274. ^ 犯行直後に逃走する男の画像公開 信金殺人から10年”. テレ朝news (2015年2月12日). 2024年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月23日閲覧。
  275. ^ 「畑で腹刺され意識不明 川口市職員が死亡」『埼玉新聞』平成18年(2006年)6月28日、p19
  276. ^ Distraught dad searching for daughter missing in Japan for 8 years”. Myrepublica. 2024年6月3日閲覧。
  277. ^ 悲しみ胸に前へ 平塚タクシー強盗殺人5年”. カナロコ (2015年5月20日). 2022年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月3日閲覧。
  278. ^ 千丈寺湖死体遺棄事件から10年 「この人は誰?」情報提供、今年も呼び掛け 三田”. 神戸新聞NEXT (2022年4月25日). 2021年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月8日閲覧。
  279. ^ 伊豆大島の女性変死体、暴行受けた傷痕 事件の疑い”. 日本経済新聞 (2011年9月2日). 2021年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月8日閲覧。
  280. ^ 西条市で新生児死体遺棄から12年 情報提供を呼びかけ【愛媛】”. テレビ愛媛 (2024年5月22日). 2024年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月23日閲覧。
  281. ^ 亘理町の男性不審死から10年 情報提供を呼びかけ”. NHK 宮城 NEWS WEB (2013年10月23日). 2024年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月25日閲覧。
  282. ^ 検察側、比人妻らの自供否定を覆せず、公訴棄却に。捜査の適法性も立証できず”. まにら新聞 (2013年10月23日). 2024年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月30日閲覧。
  283. ^ 会社役員の男性刺され死亡 富山・高岡、殺人で捜査”. 日本経済新聞 (2013年12月11日). 2022年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月2日閲覧。
  284. ^ うるま市妻殺人事件 夫無罪確定”. NHK 沖縄 NEWS WEB (2018年7月27日). 2018年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月22日閲覧。
  285. ^ 館林84歳遺棄 不明直前に車で外出 死亡の40代も同行か”. 産経新聞 (2018年1月26日). 2024年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月23日閲覧。
  286. ^ 湯河原 女性放火殺人から9年 「解決する信念を持ち捜査」警察が情報提供を呼びかけ”. テレ朝news (2024年4月19日). 2024年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月28日閲覧。
  287. ^ f2015-1178』(pdf)(プレスリリース)警視庁https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/sodan/madoguchi/fumei/fumei_list/female/fumei_list_26-27.files/f2015-1178.pdf2023年9月23日閲覧 
  288. ^ JR東京駅コインロッカー内死体遺棄事件 情報提供をお願いします。』(プレスリリース)日本歯科技工士会https://www.nichigi.or.jp/site_data/nichigi/files/sousa_tokyo150709.pdf2023年9月23日閲覧 
  289. ^ 嶋岡照 (2022年12月31日). “東京駅コインロッカーで「生首発見」 犯人どころか、被害者の身元すら不明の“未解決事件”になった理由とは | 未解決事件を追う”. 文春オンライン. 2022年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月23日閲覧。
  290. ^ 横浜南区の女性遺体、殺人容疑で現場検証”. カナロコ (2015年7月22日). 2021年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月8日閲覧。
  291. ^ 【速報】空き家マンホール内で発見の人骨 過去の住人女性と判明 7年前に行方不明 大阪・門真市”. 読売テレビ (2023年4月11日). 2023年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月27日閲覧。
  292. ^ 名義人は韓国出身40代女性 カード詐欺、昨夏ごろ連絡途絶える”. 福島民友 (2017年9月26日). 2017年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月8日閲覧。
  293. ^ 目撃者が4回の予備捜査の召喚に全て応じなかったため、逃走中の容疑者を不起訴”. 日刊まにら新聞 (2017年2月8日). 2019年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月27日閲覧。
  294. ^ 多摩川 少年遺体事件 逮捕の4人不起訴に”. NHK NEWS WEB (2017年12月19日). 2017年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月2日閲覧。
  295. ^ 上牧町 介護施設入所女性殺人事件 元職員再び不起訴に”. NHK 奈良 NEWS WEB (2021年4月22日). 2021年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月1日閲覧。
  296. ^ 川崎のビル床下から人骨? ほぼ全身、警察が捜査”. 朝日新聞デジタル (2017年6月7日). 2017年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月5日閲覧。
  297. ^ ビルから転落死した娘、直前まで一緒にいた男性は「覚えていない」…両親苦悩「真相知りたい」”. 読売新聞オンライン (2022年3月27日). 2022年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月22日閲覧。
  298. ^ 70代の会社社長男性が行方不明 自宅に血痕や引きずられた跡”. テレ朝news (2018年2月26日). 2018年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月7日閲覧。
  299. ^ 会社員刺殺 無罪確定 東京高検が上告断念 神奈川”. 産経新聞 (2020年2月12日). 2024年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月22日閲覧。
  300. ^ 【独自】高齢夫婦殺害事件から6年…長男が当時の様子を語る 取材中にも現場住宅に新たな侵入被害 茨城・つくば市”. FNNプライムオンライン (2024年4月24日). 2024年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月30日閲覧。
  301. ^ 同一犯?不審火相次ぐ 越谷・吉川で12件、隣県でも”. 産経新聞 (2022年5月14日). 2023年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月23日閲覧。
  302. ^ 青森の女性殺人事件発覚から2年 解決至らず”. 陸奥新報 (2020年6月11日). 2024年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月5日閲覧。
  303. ^ 愛知・知多の雑木林に女性白骨体 30代前後か、遺棄容疑捜査”. 千葉日報オンライン (2018年12月13日). 2024年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月28日閲覧。
  304. ^ 襲撃で邦人女性の死亡確認 エチオピア、武装勢力関与”. 日本経済新聞 (2019年4月13日). 2021年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月30日閲覧。
  305. ^ ラーメン店で山口組系幹部刺殺 稲川会系組長ら5人不起訴”. カナロコ (2021年7月15日). 2024年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月25日閲覧。
  306. ^ 逆転無罪判決を受けた男性について静岡地検は控訴せず男性の無罪が確定”. LOOK静岡朝日テレビ (2023年10月5日). 2022年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月22日閲覧。
  307. ^ 山梨県警「不明女児は死亡と判断」 道志村山中で見つかった肩甲骨とDNA型が一致”. 東京新聞 TOKYO Web (2022年5月14日). 2022年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月18日閲覧。
  308. ^ 道志村での女児捜索打ち切りを正式発表 山梨県警”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2022年7月1日). 2023年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年4月18日閲覧。
  309. ^ 愛媛)住民「一刻も早く解決を」 今治・殺人事件1カ月”. 朝日新聞 (2020年6月27日). 2024年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月1日閲覧。
  310. ^ 南アルプス市の女性画家遺体発見から3年 殺人容疑で捜査継続”. NHK 山梨 NEWS WEB (2023年6月2日). 2023年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月25日閲覧。
  311. ^ 海岸で子どもの白骨化死体見つかる 静岡・下田市”. 静岡朝日テレビ (2020年11月14日). 2024年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月3日閲覧。
  312. ^ いわき市 56歳の男性刺殺事件から一年 延べ約1万4000人で捜査するも犯人の特定にはいたらず”. 福島中央テレビニュース (2022年9月4日). 2022年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月25日閲覧。
  313. ^ メキシコで邦人が暴行受け死亡か 「当局が捜査」と日本大使館”. 高知新聞PLUS DIGITAL (2021年12月9日). 2024年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月28日閲覧。
  314. ^ 埼玉15才“ヤングケアラー”暴行死 優しい長男を取り巻く特殊な家庭環境”. NEWSポストセブン (2022年1月26日). 2022年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月30日閲覧。
  315. ^ 九州大学跡地の切断遺体…手がかり乏しく捜査難航”. RKBオンライン (2022年4月14日). 2023年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月27日閲覧。
  316. ^ 床下から頭蓋骨?見つかる 大阪、解体中の空き家で”. サンスポ (2022年2月12日). 2022年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月8日閲覧。
  317. ^ 高齢女性殺害から2年…民家点在する山間部、防犯カメラ乏しく 地元の不安募るが、県警は「捜査難航ではない」 鹿児島・鹿屋”. 南日本新聞 (2024年4月13日). 2024年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月27日閲覧。
  318. ^ 東村山の一家4人死亡火災 「一家の誰かが放火」 警視庁、容疑者不詳のまま殺人容疑で書類送検へ”. 東京新聞 (2022年12月8日). 2022年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月22日閲覧。
  319. ^ 大分ひき逃げ事件 重要指名手配容疑者の母親 “早く出頭して” | NHK”. NHKニュース (2024年6月28日). 2024年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月30日閲覧。
  320. ^ 有力な手掛かりなく捜査難航 群馬・伊勢崎市の90歳男性殺害から1年”. 上毛新聞 (2023年9月23日). 2024年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月22日閲覧。
  321. ^ 埼玉・狭山の銃撃事件の語られざる深層 なぜ妻子の前で射殺されなければならなかったのか”. デイリー新潮 (2023年1月11日). 2023年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月30日閲覧。
  322. ^ 南米パラグアイで日本人男性死亡 頭に撃たれた痕、殺人事件で捜査”. 朝日新聞デジタル (2023年3月10日). 2023年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月27日閲覧。
  323. ^ 筑北村の資材置き場で頭蓋骨見つかる ブルーシートに被せられた状態で 警察が捜査に乗り出す【長野・筑北村】”. 長野朝日放送 (2023年5月1日). 2023年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月3日閲覧。
  324. ^ 病院の廊下で入院患者死亡 北九州、女性のあばら骨折”. サンスポ (2023年10月6日). 2024年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月27日閲覧。
  325. ^ 松山海岸発見の赤ちゃん溺死か 殺人事件として捜査”. NHK 愛媛 NEWS WEB (2024年3月5日). 2024年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年5月25日閲覧。

関連項目[編集]