広島県警察

移動保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Flag of Hiroshima Prefecture.svg 広島県行政機関
広島県警察
Asahikage.svg
広島県庁東館(警察本部が所在する)
広島県庁東館(警察本部が所在する)
役職
本部長 森元良幸(警視監
警務部 引地信郎(警視正
組織
上部組織 広島県公安委員会
内部組織 警務部総務部地域部生活安全部刑事部交通部警備部
概要
所在地 広島市中区基町9番42号
ウェブサイト
広島県警察
テンプレートを表示
警察学校

広島県警察(ひろしまけんけいさつ)は、広島県が設置した警察組織である。広島県内を管轄区域とし、広島県警と略称する。警察法上、広島県公安委員会の管理を受けるが、給与支払者は広島県知事である。警察庁中国四国管区警察局管内。本部所在地は広島市中区基町9番42号。

沿革[編集]

本部組織[編集]

大規模警察本部であり、本部長は警視監

データ[編集]

  • 警察署数 - 26
  • 分庁舎 - 3
  • 交番数 - 155
  • 駐在所数 - 144
  • 職員数 - 5428名
  • ヘリコプター - 2機
  • 警備艇 - 2隻
    • 広2 せとちどり 尾道 8m型 2015-
    • 広5 あきなだ(旧おんど) 広島南 12m型
    • (退役) 広3 しらぎく
    • (退役) 広8 たちばな 尾道 8m型
    • (退役) 広9 ぬまくま 福山西 -2019

警察署[編集]

警察署数は26。警察車両ナンバー地名は尾道・福山周辺地域が「福山」、それ以外の地域は「広島」である。

広島・広島西・芸北[編集]

地域 警察署名称 所在地 管轄区域 前身
広島 広島 広島中央警察署 広島市中区基町9-48 広島市中区 広島警察署→(旧)広島西警察署
広島東警察署 広島市東区二葉の里3丁目4-22 広島市東区安芸郡府中町
広島西警察署 広島市西区商工センター4丁目1-3 広島市西区
広島南警察署 広島市南区宇品東4丁目1-34 広島市南区 宇品警察署
佐伯警察署 広島市佐伯区倉重1丁目26-1 広島市佐伯区
安佐北警察署 広島市安佐北区可部4丁目14-13 広島市安佐北区 可部警察署
安佐南警察署 広島市安佐南区西原9丁目3-20 広島市安佐南区 広島北警察署
海田警察署 安芸郡海田町つくも町1-45 広島市安芸区安芸郡海田町熊野町坂町 海田市警察署
広島西 廿日市警察署 廿日市市本町1-10 廿日市市
大竹警察署 大竹市本町1丁目8-10 大竹市
芸北 安芸高田警察署 安芸高田市吉田町吉田1204-2 安芸高田市 吉田警察署
山県警察署 山県郡安芸太田町加計3760-1 山県郡安芸太田町北広島町 加計警察署

呉・広島中央[編集]

地域 警察署名称 所在地 管轄区域 前身
広島 呉警察署 呉市西中央2丁目2-4 呉市の一部(呉西部・音戸倉橋地域)
└音戸分庁舎(音戸交番) 呉市音戸町南隠渡1丁目11-48 音戸警察署
広警察署 呉市広大新開1丁目5-6 呉市の一部(呉東部・下蒲刈川尻安浦蒲刈豊浜地域)
江田島警察署 江田島市江田島町中央4丁目13-1 江田島市
広島中央 東広島警察署 東広島市西条昭和町4-11 東広島市 西条警察署
福山 竹原警察署 竹原市中央1丁目1-13 竹原市豊田郡大崎上島町
└大崎上島分庁舎(木江交番) 豊田郡大崎上島町木江4952-1 木江警察署

尾三・福山・奥備後[編集]

地域 警察署名称 所在地 管轄区域 前身
福山 尾三 尾道警察署 尾道市新浜1丁目7-34 尾道市の一部(浦崎町を除く)
└因島分庁舎 尾道市因島土生町1900-3 因島警察署
三原警察署 三原市皆実3丁目2-6 三原市
世羅警察署 世羅郡世羅町西上原427-1 世羅郡世羅町 甲山警察署
福山 福山東警察署 福山市三吉町南2丁目5-31 福山市の一部(中心部・東部) 福山警察署
福山西警察署 福山市神村町3106-1 福山市の一部(西部、松永地域)、尾道市浦崎町 松永警察署
福山北警察署 福山市神辺町新道上3丁目14 福山市の一部(北部)、神石郡神石高原町
府中警察署 府中市鵜飼町542-3 府中市
広島 奥備後 庄原警察署 庄原市中本町1丁目3-8 庄原市
三次警察署 三次市十日市中2丁目6-6 三次市

警察署の変遷[編集]

  • 1971年(昭和46年)4月1日
  • 1987年(昭和62年)9月1日
  • 2005年(平成17年)4月25日
  • 2007年(平成19年)4月1日
  • 2008年(平成20年)4月1日
  • 2009年(平成21年)4月1日
  • 2013年(平成25年)9月2日[1]
    • 広島西警察署から佐伯区全域を移管され佐伯警察署が開庁。
    • 広島中央警察署が広島西警察署に西区管轄分を移管し、広島西警察署の管轄は西区全域となる。
    • 広島東警察署が広島中央警察署に中区のうち広島市道御幸橋三篠線中央通り・御幸橋西詰通り)以東かつ平和大通り以北相生通り以南を移管し、広島中央警察署の管轄は中区のうち広島市道御幸橋三篠線(中央通り・御幸橋西詰通り)以東かつ平和大通り以南を除く全域となる。
  • 2018年(平成30年)4月1日
    • 呉警察署と音戸警察署が統合し、音戸警察署が呉警察署音戸分庁舎となる。
    • 尾道警察署と因島警察署が統合し、因島警察署が尾道警察署因島分庁舎となる。
  • 2018年(平成30年)9月1日[2]
    • 広島東警察署が広島市東区二葉の里三丁目に移転。
    • 広島東警察署が広島中央警察署に中区管轄分を移管し、広島中央警察署の管轄は中区全域となる。
    • 広島東警察署が広島南警察署に南区管轄分を移管し、広島南警察署の管轄は南区全域となる。

主な事件[編集]

広島タクシー運転手連続殺人事件
1996年4月18日 - 9月16日に同一犯による4件の殺人事件が連続して発生。まず1件目の殺人事件が広島北警察署(現:安佐南警察署)管内で発生し(2・3件目は4件目の事件で被疑者逮捕された後に発覚)、4件目の事件は廿日市警察署管内で発生。廿日市署に捜査本部が設置され、4件目の殺人容疑で逮捕された被疑者を取り調べた結果、未解決事件となっていた1件目への関与が判明したほか、2・3件目の事件も発覚した。
廿日市女子高生殺人事件
2004年10月5日廿日市市内で発生。廿日市署が捜査するも長らく未解決事件となっていたが、2018年4月13日に山口県宇部市の男が殺人容疑で逮捕された[3]
広島小1女児殺害事件
2005年11月22日広島市安芸区矢野地区で発生。海田警察署が捜査に当たり、8日後容疑者ペルー人男性が逃亡先の三重県鈴鹿市内で逮捕された。
マツダ本社工場連続殺傷事件
2010年6月22日広島市南区安芸郡府中町マツダ本社工場で発生。11人負傷、一人死亡。当日に犯人が逮捕され、その後の裁判無期懲役が確定。
広島刑務所中国人受刑者脱獄事件
2012年1月11日に広島刑務所から中国人受刑者が脱獄した事件。

不祥事[編集]

  • 2008年6月 - 2013年2月 - 広島西警察署の交通課長の男性警部が、架空の領収書などを部下に作成させたり自ら作成するなどして、捜査協力者への謝礼である捜査報償費を8万3,000件(55万7,708円に及ぶとされる)にわたって着服し、業務上横領容疑で書類送検懲戒免職処分となった。県警は、書類偽造に関わった警部の部下17人や、警部の上司3人についても、本部長注意や警務部長注意などの処分とした[4][リンク切れ]
  • 広島市安佐南区の交差点において、1996年に県警が作成した交通規制台帳が、車線数の変更を反映しないまま誤った状態で記載され続けていたことが2014年10月に明らかになった。これにより、この21年間に発行された交通反則通告制度に基づく反則切符が1,000件超にわたって無効となることになった[5][リンク切れ]
  • 2014年秋以降に、県警の3警察署(広島中央・広島西・海田)が、本来なら広島簡易裁判所ファクス送信すべきであった被疑者名の記載された捜査関連資料を安芸郡内の一民家に誤送信していたことが2015年1月になって判明した。最初に「0」をプッシュすることで内線に切り替わる「0発信」回線であったにもかかわらず、署員らが知らなかったか、忘れていたことが原因と考えられる[6][リンク切れ]
  • 2015年5月 - 職務を利用して電話番号を取得し、女性を脅して性行為的関係を迫ったとして、広島東警察署地域課巡査長を強要未遂罪で起訴、別の強要未遂と県個人情報保護条例違反(盗用)容疑で追送検していたことがわかった。追送検は21日付け[7][リンク切れ]
  • 2017年5月8日 - 県警は広島中央警察署会計課の金庫に保管されていた特殊詐事件の証拠品として押収した現金約8,500万円が盗まれていたと発表した。会計課長のデスクの引き出しが壊されており、県警は内部犯行の可能性が高いと述べた[8]。その後の2019年2月、自殺した同署の30歳代の男性警部補が事件に関係した可能性が高まり、県警は同署の署長らの処分を検討中である[9][リンク切れ]
  • 2020年7月21日 - 県警本部の留置管理課課長補佐の男性警部(54歳)が広島市南区の居酒屋で、酒に酔って知人男性(57歳)を引き倒したうえ、腹や頭を数回蹴り、拳で顔面を数回殴るなどし、加療日数不詳のけがを負わせ、傷害容疑で逮捕される。男性警部は病気休職期間中であった[10]
  • 2020年7月23日 - 福山東警察署地域第三課の男性巡査部長(33歳)が広島市中区の路上で会社員の男性(25歳)の左ほおを素手で1回殴り、軽傷を負わせた。男性巡査長は知人と飲酒した後であり、酒に酔った状態で路上で20代の女性に声をかけていた。被害者の会社員男性は、駆けつけた女性の交際相手の男性であった[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

関連項目[編集]

広島県警察部長辞令書(高等官四等)

外部リンク[編集]