大阪愛犬家連続殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大阪愛犬家連続殺人事件(おおさかあいけんかれんぞくさつじんじけん)とは、1992年大阪府で発生した殺人事件である。警察庁広域重要指定事件120号[1]

事件の経緯[編集]

犯人である自称「の訓練士」の男性(当時39歳)は犬好きであり、ある日かかりつけの獣医師が子犬に筋弛緩剤塩酸スキサメトニウムを注射して安楽死させているのを見て、獣医師から口実をもうけて筋弛緩剤を入手した。

犯人は十分な知識も持たずに長野県塩尻市内の土地を借り、犬の訓練所を開業。営業資金は口コミや、自ら出向いて街で声をかけたりして集めていた。

1992年4月ごろ、旧友の男性(当時25歳)と散歩中に偶然再会、しかしそのうち口論などのトラブルにより筋弛緩剤を注射して最初の殺人を犯す。他にも1992年から1993年にかけて出資上のトラブルから計4人の男女を筋弛緩剤で相次いで殺害、遺体は訓練所の敷地内に埋めて遺棄した。

警察は失踪した男女の共通点が愛犬家であったため、その線で捜査したところ犯人が浮上。1994年1月26日殺人死体遺棄の罪で逮捕された。

1998年3月30日、大阪地裁死刑判決被告控訴

2001年3月15日、大阪高裁は控訴棄却。被告は上告

2005年12月15日、最高裁は上告棄却。死刑が確定した。

2018年現在、大阪拘置所収監されている。

なお、1993年には埼玉県でも愛犬家連続殺人事件が起きている。本事件とは無関係であるが、愛犬家の失踪という点で共通点があり、本事件の報道が、埼玉の事件発覚のきっかけとなった。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ 平成7年 警察白書

関連項目[編集]