警察本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

警察本部(けいさつほんぶ)は、都道府県警察の本部である。「都道府県警察」とは、警察法2条に定める事務を執り行うため当該都道府県が設置した組織[1]であり、その中枢が「警察本部」である。また、庁舎そのものを指す語でもある。

目次

概要[編集]

日本の警察は、国家公安委員会と都道府県公安委員会による公安委員会制度を定めて民主的運営と政治的中立性を確保し、警察庁と都道府県警察の役割分担により全国一律・画一的な調整機能と自律的・地方分権的警察運営の実現を目指している。

警察本部は、東京都では警視庁、道府県では道府県警察本部と呼称される。警察本部の長は、警視庁においては警視総監、道府県警察本部においては警察本部長である。

警視総監及び道府県警察本部長は、それぞれ、都道府県公安委員会の管理に服し、都道府県警察の事務を統括し、並びに所属警察職員を指揮監督する。警視総監は、国家公安委員会が都公安委員会の同意の上に内閣総理大臣の承認を得て任免する。道府県警察本部長は、国家公安委員会が道府県公安委員会の同意を得て任免する。

日本の警察は、内閣総理大臣所轄の下に国家公安委員会が置かれ、その管理下に特別機関として警察庁が置かれる。国の組織である警察庁は、警察制度の企画立案、国の公安に関する事案についての警察運営、警察活動の基盤である教養、通信、情報収集と分析、鑑識等に関する事務、警察行政に関する調整等を行う。警察庁の長である警察庁長官は、国家公安委員会の管理の下で警察庁の所掌事務につき都道府県警察を指揮監督する。

都道府県警察は幹部人事・運営の面でも警察庁の強い影響下に置かれ、警視総監及び道府県警察本部長を初めとする警視正以上の階級にある幹部警察官は、国家公安委員会が任免権を有する一般職国家公務員である地方警務官で、都道府県知事には任免権や懲戒権がない。それ以外の都道府県警察職員は、地方警察職員と呼ばれる都道府県公務員であるが、都道府県知事に任免権や懲戒権がないことは地方警務官と同様である。また運営面でも、広域捜査や公安捜査、警備実施や全国交通取締り等の全国的警察活動は警察庁が全国に号令をかけて行われるのが通例であり、都道府県知事に指揮命令権はない。

都道府県警察組織は、都警察組織、道警察組織、府警察および政令指定都市を包括する宮城埼玉千葉神奈川県警新潟静岡愛知兵庫広島岡山福岡熊本の12指定県警察組織、指定県以外31県警察組織、の4類型に大別される。

道警察は管轄区域を5つの方面に分け、札幌方面を除く[2]各方面に方面本部長が長の方面本部を置く。

道府警察及び指定県警察組織は、政令指定都市区域内に市警察部を置く。

都道府県警察には本部組織、警察学校警察署交番などが置かれる。本部組織は警察法施行令基準に従い各都道府県条例で定める。必置部署として警務部生活安全部刑事部交通部警備部の5部を置く[3]

人口や犯罪発生状況その他応需により、警務部所掌事務のいくつかを分掌する総務部地域警察その他警らを所掌する地域部組織犯罪対策を所掌する組織犯罪対策部(警視庁)あるいは暴力団対策部(福岡県警察)、公安警察を警備部から独立させて所掌する公安部(警視庁のみ)が置かれる。なお、警視庁および福岡県警察以外の警察本部では、刑事部麾下の「捜査第四課」「組織犯罪対策課」等が組織犯罪対策を管掌しているが、兵庫県警察など大都市圏警察本部では刑事部に「組織犯罪対策局」など組織犯罪対策部署が部課中間組織として置かれることがある。

指定県以外の県警察組織は基本的な5部体制であるが、福島茨城栃木群馬長野岐阜三重山口の8県は地域部を置く6部体制である。

警視庁本部組織[編集]


警視庁本部には、警視総監、副総監の監督の下、9つの部が置かれている。各部長階級は、総務・警務・警備・公安・刑事の5部では必ずキャリア警視監が就き、それら以外の4部(交通・地域・生活安全・組織犯罪対策)では2名がキャリアの警視監、残り2名が警視庁採用組の警視長が就く慣例となっている。なお、「副総監」は階級ではなく、大阪府警察本部での「副本部長」に相当する職名(階級は警視監)。

総務部
警務部
生活安全部
地域部
刑事部
組織犯罪対策部
交通部
警備部
公安部
警視庁警察学校
警視庁警察学校は、警視庁警察職員の教育・訓練を行う機関。1879年に東京府東京市麹町区(当時)に開学し、その後新橋九段中野と移転した後、2001年8月6日に府中市へ移転し現在に至る。上級幹部教育を行う警察庁警察大学校が隣接する。
自動車運転免許試験場
府中運転免許試験場
府中市多磨町3-1-1
全ての学科試験及び技能試験を実施している。
鮫洲運転免許試験場
品川区東大井1-12-5
大型・中型・大特・けん引の一種及び二種の技能試験は、実施していない。
江東運転免許試験場
江東区新砂1-7-24
技能試験は、実施していない。
犯罪抑止対策本部
人身安全関連事案総合対策本部
サイバーセキュリティ対策本部
オリンピック・パラリンピック競技大会総合対策本部


北海道警察本部組織[編集]


全国有数の大規模警察本部であり、本部長は警視監である。また、2018年(平成30年)4月1日現在の警察職員の総数は、11,912人(うち警察官は10,634人)となっている。

本部組織[編集]

 

装備[編集]

  • パトカー 1,330台
  • 白バイ 60台
  • 警備艇 8隻
  • ヘリコプター5機
    • だいせつ1(AS365N2
    • だいせつ2(412EP
    • だいせつ3(412EP)
    • ぎんれい1(A109E
    • ぎんれい2(EC135P1

方面本部[編集]

警察署[編集]

道内の警察署数は66。

札幌方面管轄(北海道警察本部直轄)28署
  • 警察車両ナンバー地名:石狩・後志・空知地域の署所属車は「札幌」、胆振・日高地域の署所属車は「室蘭」。
地域 警察署 所在地 管轄区域
札幌 石狩 中央警察署 札幌市中央区北1条西5丁目 札幌市中央区の一部
東警察署 札幌市東区北16条東1丁目 札幌市東区
西警察署 札幌市西区西野2条5丁目 札幌市西区、中央区の一部
南警察署 札幌市中央区南29条西11丁目 札幌市南区、中央区の一部
北警察署 札幌市北区北24条西8丁目 札幌市北区石狩市石狩郡当別町
白石警察署 札幌市白石区菊水3条5丁目 札幌市白石区
豊平警察署 札幌市豊平区豊平7条13丁目 札幌市豊平区清田区
厚別警察署 札幌市厚別区厚別中央2条4丁目 札幌市厚別区北広島市
手稲警察署 札幌市手稲区富丘1条4丁目 札幌市手稲区
江別警察署 江別市弥生町 江別市、石狩郡新篠津村
千歳警察署 千歳市東雲町5丁目 千歳市恵庭市
空知 岩見沢警察署 岩見沢市10条東2丁目 岩見沢市三笠市樺戸郡月形町
栗山警察署 夕張郡栗山町朝日3丁目 夕張市夕張郡由仁町栗山町長沼町空知郡南幌町
美唄警察署 美唄市東1条北7丁目 美唄市
砂川警察署 砂川市東2条南5丁目 砂川市、空知郡上砂川町奈井江町、樺戸郡浦臼町
滝川警察署 滝川市緑町1丁目 滝川市、樺戸郡新十津川町
赤歌警察署 赤平市東大町3丁目 赤平市歌志内市
芦別警察署 芦別市南1条東2丁目 芦別市
後志 小樽警察署 小樽市富岡1丁目 小樽市
余市警察署 余市郡余市町朝日町 余市郡余市町仁木町赤井川村古平郡古平町積丹郡積丹町
岩内警察署 岩内郡岩内町字高台 岩内郡岩内町共和町古宇郡神恵内村泊村
倶知安警察署 虻田郡倶知安町南1条東2丁目 虻田郡倶知安町ニセコ町喜茂別町京極町留寿都村真狩村磯谷郡蘭越町
室蘭 胆振 伊達警察署 伊達市館山町 伊達市有珠郡壮瞥町虻田郡豊浦町洞爺湖町
室蘭警察署 室蘭市東町4丁目 室蘭市登別市
苫小牧警察署 苫小牧市旭町3丁目 苫小牧市勇払郡厚真町安平町むかわ町白老郡白老町
日高 門別警察署 沙流郡日高町富川東1丁目 沙流郡日高町平取町
静内警察署 日高郡新ひだか町静内古川町1丁目 日高郡新ひだか町新冠郡新冠町
浦河警察署 浦河郡浦河町築地2丁目 浦河郡浦河町様似郡様似町幌泉郡えりも町
函館方面本部管轄9署
  • 警察車両ナンバー地名:渡島・檜山地域の署所属車は「函館」、後志地域の署所属車は「札幌」。
地域 警察署 所在地 管轄区域
函館 渡島 函館中央警察署 函館市五稜郭町 函館市の一部、北斗市亀田郡七飯町
函館西警察署 函館市海岸町 函館市の一部
森警察署 茅部郡森町字上台町 茅部郡森町鹿部町
八雲警察署 二海郡八雲町富士見町 二海郡八雲町山越郡長万部町
木古内警察署 上磯郡木古内町字本町 上磯郡木古内町知内町
松前警察署 松前郡松前町字福山 松前郡松前町福島町
檜山 江差警察署 檜山郡江差町字上野町 檜山郡江差町上ノ国町厚沢部町爾志郡乙部町奥尻郡奥尻町
せたな警察署 久遠郡せたな町北檜山区徳島 久遠郡せたな町瀬棚郡今金町
札幌 後志 寿都警察署 寿都郡寿都町字渡島町 寿都郡寿都町黒松内町島牧郡島牧村
旭川方面本部管轄12署
  • 警察車両ナンバー地名:「旭川」
地域 警察署 所在地 管轄区域
旭川 上川 旭川中央警察署 旭川市6条通10丁目 旭川市上川郡鷹栖町比布町
旭川東警察署 旭川市1条通25丁目 旭川市、上川郡美瑛町上川町当麻町愛別町東川町東神楽町
富良野警察署 富良野市若葉町 富良野市、空知郡上富良野町中富良野町南富良野町勇払郡占冠村
士別警察署 士別市東5条5丁目 士別市、上川郡剣淵町和寒町雨竜郡幌加内町
名寄警察署 名寄市大通南1丁目 名寄市、上川郡下川町
美深警察署 中川郡美深町字美深 中川郡美深町音威子府村中川町
宗谷 枝幸警察署 枝幸郡枝幸町本町 枝幸郡枝幸町浜頓別町中頓別町
稚内警察署 稚内市大黒1丁目 稚内市宗谷郡猿払村利尻郡利尻町利尻富士町礼文郡礼文町
天塩警察署 天塩郡天塩町新栄通9丁目 天塩郡豊富町幌延町
留萌 天塩郡天塩町遠別町
羽幌警察署 苫前郡羽幌町南4条4丁目 苫前郡羽幌町苫前町初山別村
留萌警察署 留萌市高砂町3丁目 留萌市増毛郡増毛町留萌郡小平町
空知 深川警察署 深川市5条 深川市、雨竜郡妹背牛町秩父別町雨竜町沼田町北竜町
釧路方面本部管轄10署
  • 警察車両ナンバー地名:釧路・根室地域は「釧路」、十勝地域は「帯広」。
地域 警察署 所在地 管轄区域
釧路 釧路 釧路警察署 釧路市黒金町10丁目 釧路市釧路郡釧路町白糠郡白糠町阿寒郡鶴居村
厚岸警察署 厚岸郡厚岸町真栄1丁目 厚岸郡厚岸町浜中町
弟子屈警察署 川上郡弟子屈町中央2丁目 川上郡弟子屈町標茶町
根室 根室警察署 根室市弥栄町1丁目 根室市
中標津警察署 標津郡中標津町西5条南1丁目 標津郡中標津町標津町野付郡別海町目梨郡羅臼町
帯広 十勝 池田警察署 中川郡池田町西3条6丁目 中川郡池田町豊頃町十勝郡浦幌町
本別警察署 中川郡本別町北1丁目 中川郡本別町足寄郡足寄町陸別町
帯広警察署 帯広市西1条北1丁目 帯広市、中川郡幕別町河西郡芽室町中札内村更別村河東郡上士幌町音更町士幌町
新得警察署 上川郡新得町4条南6丁目 上川郡新得町清水町、河東郡鹿追町
広尾警察署 広尾郡広尾町並木通東1丁目 広尾郡広尾町大樹町
北見方面本部管轄7署
  • 警察車両ナンバー地名:「北見」
地域 警察署 所在地 管轄区域
北見 網走 北見警察署 北見市青葉町 北見市常呂郡訓子府町置戸町
美幌警察署 網走郡美幌町字大通南1丁目 網走郡美幌町津別町
網走警察署 網走市南6条東5丁目 網走市、網走郡大空町
斜里警察署 斜里郡斜里町本町 斜里郡斜里町清里町小清水町
遠軽警察署 紋別郡遠軽町大通北5丁目 紋別郡遠軽町湧別町、常呂郡佐呂間町
紋別警察署 紋別市南が丘町1丁目 紋別市、紋別郡滝上町
興部警察署 紋別郡興部町字興部 紋別郡興部町雄武町西興部村


青森県警察本部組織[編集]


5部 1室 1校 27課 1所 4隊 警察署18 交番38 駐在所115 警備派出所4(平成26年4月現在)

警務部[編集]

総務室[編集]

  • 総務事務推進課
  • 厚生課
  • 情報管理課

生活安全部[編集]

刑事部[編集]

交通部[編集]

警備部[編集]

教育機関[編集]


岩手県警察本部組織[編集]



宮城県警察本部組織[編集]


7部1局等。大規模警察本部であり、本部長は警視監

総務部[編集]

警務部[編集]

生活安全部[編集]

地域部[編集]

刑事部[編集]

組織犯罪対策局[編集]

  • 組織犯罪対策課
  • 暴力団対策課
  • 銃器薬物対策課

交通部[編集]

  • 交通企画課
  • 交通規制課
  • 交通指導課
    • 交通事件・暴走族捜査室
  • 運転免許課
  • 運転教育課
  • 交通機動隊
  • 高速道路交通警察隊
  • 自動車運転免許試験場
    • 宮城県運転免許センター(仙台市泉区市名坂字高倉65)
    • 石巻運転免許センター(東松島市赤井字南一134)
    • 古川運転免許センター(大崎市古川大宮3丁目4-30)
    • 仙南運転免許センター(柴田郡大河原町字南平3-1)

警備部[編集]

警察学校

宮城県警察学校[編集]

仙台市警察部[編集]


秋田県警察本部組織[編集]


警務部[編集]

生活安全部[編集]

刑事部[編集]

交通部[編集]

警備部[編集]

秋田県警察学校[編集]

秋田県警察学校


山形県警察本部組織[編集]


  • 交通部
    • 交通企画課
    • 交通規制課
      • 交通管制センター
    • 交通指導課
      • 交通反則通告センター
    • 交通運転免許課
      • 免許更新などを行う「総合交通安全センター」は天童市にある。
    • 交通機動隊
      • 庄内分駐隊
    • 高速道路交通警察隊
      • 鶴岡分駐隊

警察官数は1945名(2009年度)。


福島県警察本部組織[編集]



茨城県警察本部組織[編集]


茨城県警察の白バイ
  • 地域部
    • 地域課
      • 航空隊小美玉市百里170番地、航空自衛隊百里基地内)
      • 鉄道警察隊(水戸市宮町一丁目1番1号)⇒以前まで本部執行隊として独立した組織であったが、人員調整の為地域課内の一セクションとしての位置づけとなった。よって地域部鉄道警察隊ではなく地域部地域課鉄道警察隊である。
    • 通信指令課
    • 自動車警ら隊(水戸市元吉田町1012番1)
      • 本隊(水戸)
      • 牛久分駐隊
      • 下妻分駐隊
      • 神栖分駐隊
  • 交通部
    • 交通企画課
    • 交通指導課
    • 交通規制課
    • 交通機動隊(水戸市元吉田町1012番1)
      • 本隊(水戸)
      • 県西方面隊
      • 日立分駐隊
      • 牛久分駐隊
      • 潮来分駐隊
    • 高速道路交通警察隊(水戸市加倉井町字矢崎2206番地)
      • 本隊(水戸)
      • 谷和原分駐隊
      • 日立北分駐隊
      • つくば分駐隊(平成27年4月設置)
    • 運転免許課(茨城町大字長岡字矢頭3783番地の3)
    • 運転管理課(茨城町大字長岡字矢頭3783番地の3)
  • 警察学校(茨城町大字上石崎字大高4667番地の4)

警察官定員は4646名である(地方警務官10名含む、2007年度)。他に事務・技術職員がいる。


栃木県警察本部組織[編集]



群馬県警察本部組織[編集]


警務部[編集]

生活安全部[編集]

  • 生活安全企画課
  • 安全安心推進課
  • 少年課
  • 生活環境課

地域部[編集]

刑事部[編集]

交通部[編集]

警備部[編集]

群馬県警察学校[編集]


埼玉県警察本部組織[編集]


全国有数の大規模警察本部であり、本部長は警視監


総務部
  • 総務課
    • 公安委員会室
    • 取調べ監督室
  • 文書課
  • 広報課
  • 情報管理課
    • 情報セキュリティ対策室
    • 照会センター
  • 留置管理課
    • 留置センター
      • 警察本部第一~第三留置施設
  • 総務部財務局
    • 会計課
      • 監査室
    • 施設課
    • 装備課
      • 装備技術センター


警務部
  • 警務課
    • 採用センター
    • 犯罪被害者支援室
    • 企画調整室
  • 監察官室
  • 教養課
    • 現任教養推進室
  • 厚生課
    • 健康管理指導室


生活安全部
  • 生活安全総務課
    • 生活安全指導室
    • 地域安全対策推進室
    • 生活安全特別捜査隊
  • 人身安全対策課
  • 少年課
    • 少年サポートセンター(さいたま市南区・ラムザタワー内)
      • 西分室川越相談室(川越市・川越市教育センター分室内)
      • 東分室越谷相談室(越谷市・埼玉県越谷合同庁舎内)
      • 北分室熊谷相談室(熊谷市・熊谷市立婦人児童館内)
  • 少年捜査課
  • 保安課
  • 生活経済課
    • 生活経済捜査室
  • サイバー犯罪対策課


地域部


刑事部
  • 刑事総務課
    • 刑事指導室
    • 捜査支援・通訳センター
  • 捜査第一課
    • 検視調査室
  • 捜査第二課
    • 特殊詐欺捜査室
  • 捜査第三課
  • 科学捜査研究所(さいたま市大宮区・大宮警察署内)
    • 法医鑑定室
  • 鑑識課(さいたま市大宮区・大宮警察署内)
  • 機動捜査隊(さいたま市西区・機動センター内)
    • 南部方面隊(さいたま市西区・機動センター内)
    • 東部方面隊(越谷市・東部機動センター内)
    • 西部方面隊(川越市・川越警察署内)
    • 北部方面隊(深谷市・北部機動センター内)
  • 組織犯罪対策局
    • 組織犯罪対策課
    • 捜査第四課
      • 暴力団排除対策室
    • 薬物銃器対策課
    • 国際捜査課


交通部


警備部
  • 公安第一課
  • 公安第二課
  • 公安第三課
  • 警備課
  • オリンピック・パラリンピック対策課
  • 危機管理課
  • 外事課
    • 外事特別捜査隊
    • 国際テロリズム対策室
  • 機動隊(朝霞市)


さいたま市警察部(さいたま市浦和区・浦和警察署内)
  • 総務課


第一方面本部(さいたま市浦和区・浦和警察署内)
  • 第一方面特別機動警察隊
第二方面本部(川越市・川越警察署内)
第三方面本部(深谷市・北部機動センター内)
第四方面本部(越谷市)


警察学校(さいたま市北区


千葉県警察本部組織[編集]


全国有数の大規模警察本部であり、本部長は警視監

総務部
  • 総務課
    • 公安委員会補佐室
    • 取調べ監督室
  • 情報管理課
  • 広報県民課
  • 会計課
    • 施設管理室
    • 監査室
  • 装備課
    • 機動装備センター
  • 留置管理課
警務部
  • 警務課
    • 犯罪被害者支援室
  • 厚生課
  • 教養課
    • 術科指導室
  • 監察官
生活安全部
地域部
  • 地域課
  • 通信指令課
  • 自動車警ら隊
    • 本隊:第一自動車警ら班(千葉市)
    • 南方面隊:第二自動車警ら班(浦安市)
    • 東方面隊:第三自動車警ら班(松戸市)
    • 成田方面隊:第四自動車警ら班(成田市)
    • 船橋方面隊:第五自動車警ら班(習志野市)
    • 木更津方面隊:第六自動車警ら班(木更津市)
  • 鉄道警察隊
    • 本隊(千葉市)
    • 松戸分駐隊(松戸市)
    • 西船橋分駐隊(船橋市)
    • 津田沼分遣所(習志野市)
    • 成田分遣所(成田市)
  • 水上警察隊(千葉市)
刑事部
  • 刑事総務課
    • 犯罪捜査支援室
    • 捜査実務研修所
  • 捜査第一課
  • 捜査第二課
  • 捜査第三課
  • 鑑識課
  • 機動鑑識班
    • 千葉方面機動鑑識班 (千葉市)
    • 船橋方面機動鑑識班 (習志野市)
    • 東葛方面機動鑑識班 (流山市)
    • 君津方面機動鑑識班 (君津市)
    • 成田方面機動鑑識班 (成田市)
    • 東金方面機動鑑識班 (東金市)
  • 科学捜査研究所
  • 機動捜査隊
    • 本隊(千葉市)
    • 千葉方面機動捜査班(千葉市)
    • 君津方面機動捜査班(君津市)
    • 成田方面機動捜査班(成田市)
    • 東金方面機動捜査班(東金市)
    • 松戸方面機動捜査班(松戸市)
    • 東葛方面機動捜査班(流山市)
    • 船橋方面機動捜査班(習志野市)
    • 南方面機動捜査班(浦安市)
組織犯罪対策本部

組織犯罪対策本部長は刑事部参事官が兼任する。

  • 組織犯罪対策課
  • 薬物銃器対策課
    • 薬物密輸対策センター
  • 捜査第四課
    • 暴力団対策室
  • 国際捜査課
    • 国際捜査情報センター
    • 通訳センター
交通部
  • 交通総務課
  • 交通指導課
    • 駐車対策センター
    • 交通反則通告センター
  • 交通捜査課
  • 交通規制課
    • 交通管制センター
  • 交通機動隊
    • 特別交通機動班 本隊(千葉市)
    • 第一交通機動班 本部班(千葉市)
    • 第二交通機動班 習志野分班(習志野市)
    • 第三交通機動班 柏分駐(柏市)
    • 第四交通機動班 成田分駐(成田市)
    • 第五交通機動班 君津分駐(君津市)
  • 高速道路交通警察隊
    • 本隊(千葉市)
    • 船橋分駐隊(船橋市)
    • 成田分駐隊(成田市)
    • 市原分駐隊(市原市)
    • 木更津分駐隊(木更津市)
    • 木更津分駐隊 保田分隊(安房郡鋸南町)
    • 茂原分駐隊(茂原市)圏央道東金~木更津区間開通に伴い、千葉東分駐隊を移転し設置された
  • 運転免許本部
    • 免許課
    • 執行課
    • 千葉運転免許センター(千葉市)
    • 流山運転免許センター(流山市)
警備部
  • 公安第一課
  • 公安第二課(警衛・警護)
  • 公安第三課
  • 警備課
    • 災害対策室
  • オリンピック・パラリンピック対策課
  • 外事課
    • 国際テロ対策室
  • 第一機動隊(千葉市)
  • 第二機動隊(千葉市)
  • 第三機動隊(柏市)
  • 成田国際空港警備隊(成田市)


神奈川県警察本部組織[編集]


航空隊のヘリコプター
BK117B-2「おおやま」

全国有数の大規模警察本部であり、本部長の階級は警視監{以下主な要職の階級にあっては警務部長が警視長、総務・生活安全・地域・刑事・交通・警備の各部長は警視長又は警視正、横浜・川崎・相模原の各市警察部長、相模方面本部長、組織犯罪対策本部長(刑事部参事官)、運転免許本部長(交通部参事官)、警察学校長、警務部警務課長、警務部監察官室長(首席監察官)、刑事部刑事総務課長及び大規模警察署長は警視正}。

総務部[編集]

  • 総務課
    • 公安委員会室
    • 情報公開室
    • 取調べ監督室
  • 広報県民課
  • 会計課
    • 監査室
  • 施設課
    • 庁舎管理室
  • 装備課
  • 情報管理課
    • 情報技術推進室
    • 照会センター
  • 留置管理課

警務部[編集]

  • 警務課
    • 企画室
    • 被害者支援室
    • 採用センター
  • 厚生課
    • 健康管理センター
  • 教養課
  • 監察官

生活安全部[編集]

  • 生活安全総務課
    • 犯罪抑止対策室
    • 生活安全特別捜査隊
  • 人身安全対策課
  • 少年育成課
    • 少年相談・保護センター
    • 子ども安全対策室
  • 少年捜査課
  • 生活経済課
  • 生活保安課
  • サイバー犯罪捜査課

地域部[編集]

刑事部[編集]

  • 刑事総務課
    • 刑事指導官室
    • 捜査指揮・支援センター
    • 刑事特別捜査隊(所在地は横浜市南区。)
  • 捜査第一課
    • 検視室
  • 捜査第二課
    • 告訴センター
    • 特殊詐欺対策室
  • 捜査第三課
  • 鑑識課
  • 機動捜査隊(隊本部は横浜市南区。本隊とは別に、港北戸塚・幸・宮前・相模原・綾瀬・平塚・小田原・横須賀・青葉・相模原南・厚木に分駐所と連絡所が存在する。)
  • 科学捜査研究所(所在地は横浜市中区。)

組織犯罪対策本部[編集]

  • 組織犯罪分析課
  • 暴力団対策課
    • 暴力団排除対策室
  • 薬物銃器対策課
  • 国際捜査課

交通部[編集]

  • 交通総務課
    • 交通相談センター
    • 交通事故防止対策隊(所在地は横浜市神奈川区。)
    • 交通安全センター(所在地は横浜市旭区。)
  • 交通指導課
    • 交通反則通告センター(所在地は横浜市旭区。)
    • 交通裁判所
  • 交通捜査課
  • 交通規制課
    • 都市交通対策室
    • 交通管制センター{本部以下8分室(川崎・相模原・厚木・平塚・秦野・小田原・横須賀・藤沢)が存在する。}
  • 駐車対策課
    • 放置違反金センター(所在地は横浜市旭区。)
  • 第一交通機動隊{隊本部は横浜市南区。本隊以下2分駐所(幸・横須賀)が存在する。}
  • 第二交通機動隊{隊本部は厚木市。本隊以下3分駐所(相模原・茅ヶ崎・小田原)及び3連絡所(赤羽根・西久保・西湘)が存在する。}
  • 高速道路交通警察隊{隊本部は川崎市宮前区。本隊以下5分駐所(朝比奈・大黒・港北・厚木・さがみ)及び東神奈川連絡所が存在する。}

運転免許本部[編集]

  • 運転免許課(所在地は横浜市旭区。)
  • 運転教育課(所在地は横浜市旭区。)

警備部[編集]

サイバーセキュリティ対策本部[編集]

横浜市警察部[編集]

川崎市警察部[編集]

相模原市警察部[編集]

相模方面本部[編集]

神奈川県警察学校[編集]

  • 庶務部
  • 第一教養部
  • 第二教養部
  • 木月分校(所在地は川崎市中原区。)
  • 由野台分校(所在地は相模原市中央区。)


新潟県警察本部組織[編集]


大規模警察本部であり、本部長は警視監

  • 生活安全企画課
  • 少年課
  • 生活保安課
  • 長岡分駐隊
  • 機動鑑識隊
  • 長岡分駐隊
  • 上越分駐隊
  • 長岡方面隊
  • 上越方面隊
  • 長岡分駐隊
  • 上越分駐隊
  • 津川分駐隊
  • 湯沢分駐隊


山梨県警察本部組織[編集]



長野県警察本部組織[編集]


生活安全特別捜査隊は、2008年3月21日をもって廃止された。


静岡県警察本部組織[編集]


本部[編集]

大規模警察本部であり、本部長は警視監

市警察部組織[編集]

県内の各政令指定都市に、市警察部を設置している。

警察学校[編集]


富山県警察本部組織[編集]


  • 生活安全部
    • 生活安全企画課
      • 犯罪抑止対策室
      • 許認可管理指導室
    • 少年女性安全課
      • 子供・女性安全対策室
      • 少年サポートセンター
    • 生活環境課
    • サイバー犯罪対策課
      • サイバーセキュリティ対策室
  • 交通部
    • 交通企画課
      • 交通総合対策室
    • 交通指導課
      • 交通事故事件捜査室
      • 交通反則通告センター
    • 交通規制課
    • 運転免許センター
      • 免許管理室
      • 運転免許試験場
      • 高岡運転免許更新センター
    • 交通機動隊
    • 高速道路交通警察隊


石川県警察本部組織[編集]


※ 組織構成は2018年4月1日現在のもの[4]


福井県警察本部組織[編集]


警務部
生活安全部
刑事部
交通部
警備部
福井県警察学校(福井市荒木新保町)


岐阜県警察本部組織[編集]


  • 総務室
    • 総務課 - 取調べ監督室
    • 広報県民課 - 岐阜県警察音楽隊
    • 会計課
    • 装備施設課 - 警察車両整備センター
    • 情報管理課


愛知県警察本部組織[編集]


全国有数の大規模警察本部であり、本部長は警視監


三重県警察本部組織[編集]



滋賀県警察本部組織[編集]


高速道路交通警察隊のパトロールカー
180系クラウン 信楽分駐隊に配備)


京都府警察本部組織[編集]


警察本部の組織体制は京都府による警察本部組織条例、公安委員会による京都府警察本部等組織規則などにより定められている[7]。各部には部長が置かれ、部長に準じる職として次長、参事官、理事官、首席監察官、組織犯罪対策統括室長の職が設けられている。

  • 総務部
    • 公安委員会補佐室
    • 総務課
      • 情報公開室
      • 本部長秘書室
      • 取調べ監督室
    • 情報管理課
      • 情報管理技術センター
      • 照会センター
    • 広報応接課
    • 会計課
      • 施設管理室
      • 監査室
    • 装備課
      • 自動車整備工場
    • 留置管理課
      • 伏見留置センター
  • 警務部
    • 警務課
      • 企画調整室
      • 治安総合対策室
      • 再編推進室 - 警察署等の再編整備
      • 犯罪被害者支援室
      • サイバーセキュリティ戦略推進室
    • 監察官室
    • 教養課
    • 厚生課
      • 健康管理センター
  • 生活安全部
    • 生活安全企画課
      • 生活安全指導室
      • 犯罪抑止対策室
      • 許可等事務審査室 - 質屋、警備業、探偵業、風俗営業、鉄砲火薬・危険物の許可
    • 人身安全対策課
    • サイバー犯罪対策課
      • ネットセキュリティ・サポートセンター
    • 少年課
      • 少年サポートセンター
      • 少年事件特別捜査隊
    • 生活保安課 - 消費者被害、保健衛生、知的財産、金融、公害、核物質などの取締り
  • 刑事部
    • 刑事企画課
      • 刑事指導室
      • 捜査支援分析センター
    • 捜査第一課
    • 捜査第二課 - 知能犯罪、選挙犯罪、経済的不正事犯などの捜査
      • 特殊詐欺捜査室
    • 捜査第三課 - 窃盗などの捜査
    • 組織犯罪対策統括室
    • 組織犯罪対策第一課
      • 国際捜査室
    • 組織犯罪対策第二課 - 暴力団犯罪の取締り
    • 組織犯罪対策第三課 - 薬物犯罪、銃器犯罪の捜査
    • 鑑識課
      • 機動鑑識隊
    • 科学捜査研究所
    • 機動捜査隊
  • 京都府警察学校


大阪府警察本部組織[編集]


組織については、大阪府警察組織規則によって定められている。

大阪府知事の所轄、大阪府公安委員会(委員5名)の管理があり、府警察本部に本部長を置く。本部長の下に副本部長が置かれており、警視庁皇宮警察を除けば、副本部長が置かれているは大阪のみである。警務部長に警視監が置かれているのも警視庁以外では大阪のみである。特殊急襲部隊 (SAT) が置かれている。

総務部[編集]

  • 総務課
    • 公安委員会事務担当室
    • 取調べ監督室
    • 証拠品管理センター
  • 情報管理課
    • 情報センター
  • 広報課
  • 会計課
    • 監査室
    • 遺失物対策室
  • 施設課
    • 庁舎管理室
  • 装備課
  • 留置管理課
    • 新北島別館(住之江区、国内最大規模の女性専用留置施設)
    • 留置業務支援室
  • 府民応接センター
    • 情報公開室

警務部[編集]

  • 警務課
    • サイバーセキュリティ戦略推進室
  • 給与課
  • 教養課
    • 術科指導室
    • 通訳センター
    • 総合訓練センター(大東市
  • 厚生課
    • 職員相談室
  • 監察室
  • 健康管理センター

生活安全部[編集]

  • 生活安全総務課
    • 人身安全対策室
    • ストーカー・DV対策室
  • 府民安全対策課
  • サイバー犯罪対策課
  • 保安課
  • 生活環境課
  • 生活経済課
  • 少年課
    • 「アイ・キャッチャー」(女子の非行・被害事案を専門に担当する女性捜査班)
    • 少年育成室
    • 児童虐待対策室
  • 生活安全特別捜査隊

地域部[編集]

  • 地域総務課
    • 地域指導室
    • ステップアップセンター
  • 通信指令室
  • 方面機動警ら隊(大阪府警では、自動車警ら隊とは呼んでいない)
    • 第一方面機動警ら隊(西区)
      • 関目分駐所(城東区)
    • 第二方面機動警ら隊(淀川区)
      • 茨木分駐所(茨木市)
    • 第三方面機動警ら隊(泉佐野市)
      • 高石分駐所(高石市)
  • 鉄道警察隊(淀川区)
    • 大阪駅分駐所
    • 新大阪駅分駐所
    • 京橋駅分駐所
    • 天王寺駅分駐所
  • 航空隊(八尾市)

刑事部[編集]

  • 刑事総務課
    • 特別捜査班「ライトウィンズ」
  • 捜査第一課
    • 特殊犯捜査係(MAAT
  • 捜査第二課
    • 告訴センター
    • 特殊詐欺対策室
  • 捜査第三課
  • 捜査第四課
    • 暴力団対策室
  • 薬物対策課
  • 国際捜査課
  • 捜査共助課
  • 鑑識課
    • 鑑定指導室
  • 検視調査課(2016年(平成28年)4月発足。全国初の検視専門課。)
  • 科学捜査研究所(中央区)
  • 機動捜査隊(中央区)
    • 淀川分駐所
    • 関目分駐所
    • 高石分駐所
  • 刑事特別捜査隊

交通部[編集]

  • 交通総務課
    • 交通安全調査室
    • 自転車対策室
  • 交通規制課
    • 交通管制センター
  • 交通指導課
    • 交通反則通告センター
    • 交通警察官室(淀川区
  • 交通捜査課
    • 暴走族対策室
  • 駐車管理課(2016年(平成28年)4月、旧駐車対策課を改組)
  • 運転免許課
    • 安全運転学校
  • 門真運転免許試験場
  • 光明池運転免許試験場
  • 交通機動隊(城東区)
    • 高槻分駐所
    • 八尾分駐所
    • 枚方分駐所
    • 大東分駐所
    • 高石分駐所
    • 泉佐野分駐所
  • 高速道路交通警察隊(港区)
    • 阪神四ツ橋分駐所
    • 近畿吹田分駐所
    • 西名阪藤井寺分駐所
    • 近畿貝塚分駐所
    • 阪神泉大津分駐所
    • 新名神高槻分駐所

警備部[編集]

  • 警備総務課
  • 警備課
    • 警備危機管理室
    • 空港危機管理室
  • 警衛警護課
  • 公安第一課
  • 公安第二課
  • 公安第三課
  • 外事課
    • 国際テロ対策室
  • G20サミット対策課(2018年(平成30年)4月発足)
  • 第一機動隊(城東区)
  • 第二機動隊(住之江区)
  • 第三機動隊(泉佐野市)

犯罪抑止戦略本部[編集]

組織犯罪対策本部[編集]

方面本部[編集]

  • 第一方面本部(大阪市中央区大手前三丁目)
第一方面区(大淀、曾根崎、天満、都島、福島、此花、東、南、西、港、旭、城東、鶴見及び大阪水上の各警察署管轄区域)
  • 第二方面本部(大阪市住之江区南港北一丁目)
第二方面区(大正、天王寺、浪速、東成、生野、阿倍野、住之江、住吉、東住吉、平野及び西成の各警察署管轄区域)
  • 第三方面本部(池田市空港二丁目)
第三方面区(西淀川、淀川、東淀川、高槻、茨木、摂津、吹田、豊能、箕面、池田、豊中及び豊中南の各警察署管轄区域)
  • 第四方面本部(門真市一番町)
第四方面区(羽曳野、富田林、枚岡、河内、布施、八尾、松原、柏原、枚方、寝屋川、四條畷、交野、門真及び守口の各警察署管轄区域)
  • 第五方面本部(堺市西区鳳東町四丁)
第五方面区(堺、北堺、西堺、南堺、高石、泉大津、和泉、岸和田、貝塚、関西空港、泉佐野、泉南、黒山及び河内長野の各警察署管轄区域)

大阪市警察部[編集]

堺市警察部[編集]

(部長は第五方面本部長が兼務)

大阪府警察学校[編集]

  • 旧警察学校(廃止)大阪府交野市東倉治4丁目7−1
  • 初任教養部 大阪府泉南郡田尻町りんくうポート南1-1
  • 専科教養部 大阪市城東区関目6丁目2−13

交野校は2013年4月、りんくうタウンに移転した[8]

自動車運転免許試験場[編集]


兵庫県警察本部組織[編集]


全国有数の大規模警察本部で、管内に山口組を抱えていることもあり暴力団対策に注力している。警察官約11,500人。本部長は警視監

総務部[編集]

警務部[編集]

生活安全部[編集]

  • 生活安全企画課
  • 少年育成課
  • 少年捜査課
  • 生活経済課
  • 生活環境課
  • サイバー犯罪対策課
  • 人身安全対策課
  • 生活安全特別捜査隊

地域部[編集]

刑事部[編集]

交通部[編集]

警備部[編集]

神戸市警察部[編集]

第一方面本部[編集]

第二方面本部[編集]

第三方面本部[編集]

兵庫県警察学校[編集]


奈良県警察本部組織[編集]



和歌山県警察本部組織[編集]



鳥取県警察本部組織[編集]



岡山県警察本部組織[編集]


大規模警察本部であり、本部長は警視監

  • 生活安全部
    • 生活安全企画課
    • 子ども女性安全対策課
    • 少年課
    • 生活環境課
    • サイバー犯罪対策課
  • 地域部(2012年4月新設)
    • 地域課
    • 通信指令課
    • 機動警ら隊(岡山県警では、自動車警ら隊とは呼んでいない)
      • 本隊・岡山方面隊(岡山市北区いずみ町11-30(県警いずみ町庁舎内))
      • 倉敷方面隊(倉敷市大島451番地1(倉敷警察署内))
  • 刑事部
    • 刑事企画課
    • 捜査第一課
    • 捜査第二課
    • 捜査第三課
    • 組織犯罪対策第一課
    • 組織犯罪対策第二課
    • 鑑識課
    • 科学捜査研究所
    • 機動捜査隊
      • 本隊・岡山方面隊(岡山市北区伊福町1-9-18、旧岡山西警察署内)
      • 倉敷方面隊(倉敷市大島451番地1(倉敷警察署内))
      • 津山方面隊(津山市林田77番地(津山警察署内))


島根県警察本部組織[編集]


警察官の定員は1456人である(地方警務官6名含む、2006年)。他に事務・技術職員がいる。


広島県警察本部組織[編集]


大規模警察本部であり、本部長は警視監


山口県警察本部組織[編集]



徳島県警察本部組織[編集]


  • 警務部
    • 総務課
      • 公安委員会補佐室
      • 取調べ監督指導室
    • 情報発信課
      • 情報公開室
      • 警察総合相談センター
      • 犯罪被害者支援室
      • 犯罪被害者相談所
    • 会計課
      • 装備管理室
      • 監査室
    • 拠点整備課
    • 警務課
      • 給与管理室
      • 留置管理室
    • 企画課
      • 警察署再編整備等総合計画推進室
    • 監察課
    • 情報管理課
      • 照会センター
    • 教養課
    • 厚生課


香川県警察本部組織[編集]



愛媛県警察本部組織[編集]


  • 総務室
    • 総務課
      • 公安委員会補佐室
      • 取調べ監督室
    • 広報県民課
    • 情報管理課
      • IT化対策推進室
      • 照会センター


高知県警察本部組織[編集]



福岡県警察本部組織[編集]


北九州市警察部庁舎

総務部[編集]

  • 総務課(警察事務、警察行事、公安委員会庶務、機密、本部長秘書、公告式、文書、県議会、情報公開、個人情報保護、警察署協議会)
    • 情報公開室、公安委員会係
  • 被害者支援・相談課(警察安全相談、犯罪被害者支援、広聴、被疑者取調べ監督)
    • 警察安全相談係、被害者支援係、犯罪被害者支援官、取調べ監督室
  • 情報管理課(電子計算組織運用、電磁的記録解析、警察統計)
  • 広報課(広報、報道、警察音楽隊)
  • 会計課(予算、決算、物品、会計監査、遺失物、交通反則金徴収)
    • 財務監査室、出納係
  • 施設課(警察施設管理及び営繕、本部庁舎管理)
  • 装備課(警察装備、服制、船舶管理、警察車両、車両整備工場)
    • 機動装備隊、自動車修理工場

警務部[編集]

  • 警務課(組織、人事、警察運営、給与、公務災害補償、警友会)
    • 統括参事官室、採用センター(採用第一係)、総合企画係、給与係
  • 厚生課(福利厚生、健康管理、共済組合、恩給、退職手当、互助会)
    • 健康管理室、生活相談室
  • 教養課(職場・学校・術科教養、機関紙発行、警察史編纂)
    • 若手育成推進室、術科指導室、福岡武道館、福岡県警察資料室、自動車運転訓練場、射撃訓練場
  • 監察官室(監察、表彰、懲戒、訟務)
    • 首席監察官、特命・第一・第二・第三・第四方面監察官、訟務官
  • 留置管理課(留置業務、留置施設視察委員会)

生活安全部[編集]

  • 生活安全総務課(生活安全警察運営、犯罪予防、行方不明者保護)
    • 安全安心まちづくり推進室、生活安全特別捜査隊、街頭犯罪特別遊撃隊、庶務係、地域安全対策係、
  • 人身安全対策課(性犯罪被害抑止、ストーカー行為規制、DV被害者保護)
    • ストーカー・DV対策係、特別捜査班
  • 少年課(少年警察運営、少年事案、少年健全育成、福祉犯捜査)
    • 少年健全育成室(少年相談係)、中央・福岡・北九州・飯塚・久留米少年サポートセンター、特別捜査班、少年事件指導官
  • 生活保安課(危険物取締り、風俗事犯、外国人労働者に係わる雇用関係事犯、インターネット異性紹介事業、警備業、探偵業、質屋、古物商)
    • 銃砲火薬類係、風俗環境対策係、特別捜査班
  • 生活経済課(経済関係事犯、知的財産権関係事犯、密貿易関係事犯、環境関係事犯、保健衛生関係事犯)
    • 特別捜査班
  • サイバー犯罪対策課(情報技術利用犯罪取締り・予防、不正アクセス行為、情報技術利用犯罪取締り支援)
    • 特別捜査班

地域部[編集]

  • 地域課(地域警察運営、航空隊、交番・駐在所)
    • 航空隊(飛行係、整備係)、地域指導係
  • 通信指令課(警察通信、通信指令業務、緊急配備、模写電送、斉報通信)
    • 通信指令室
  • 自動車警ら隊(自動車警ら業務)
    • 福岡・筑豊・筑後地区隊
  • 鉄道警察隊(鉄道施設における犯罪の予防、検挙、事故防止)
    • 博多駅(隊本部)・小倉駅・直方駅・西鉄久留米駅派遣所

刑事部[編集]

  • 刑事総務課(刑事警察運営、捜査共助、刑事公判対応、犯罪捜査支援、犯罪統計、照会)
    • 照会センター、犯罪捜査支援室(事件分析係)、捜査研修係、捜査共助係、財務捜査係、追跡捜査係
  • 捜査第一課(凶悪犯罪・粗暴犯罪・火災犯罪・性犯罪・特殊犯罪捜査、検視)
    • 検視官室、庶務係、特別捜査班、特殊犯捜査係、特定事件捜査係、性犯罪対策室
  • 捜査第二課(知能犯罪・選挙犯罪捜査)
    • 特殊詐欺対策室、告訴センター、特別捜査班
  • 捜査第三課(窃盗犯罪捜査、犯罪手口、移動警察)
    • 特別捜査班
  • 鑑識課(指紋、現場鑑識、刑事写真、警察犬)
    • 福岡・北九州・筑豊・筑後地区機動鑑識係、現場係、指紋資料係、足こん跡係、写真係、現場指紋係、警察犬訓練所(警察犬係) -15署に鑑識係設置
  • 科学捜査研究所(鑑定、研究)
    • 法医係、化学係、物理係、文書係、心理係
  • 機動捜査隊(機動捜査、初動捜査)
    • 隊本部・福岡地区班、筑豊地区班、筑後地区班、広域機動捜査班

暴力団対策部[編集]

  • 組織犯罪対策課(組織犯罪対策運営、組織犯罪資料、犯罪収益、暴力団排除及び関係者保護)
    • 保護対策室、暴力団排除調査係、北九州地区暴力団排除調査係、行政命令係
  • 暴力団犯罪捜査課(暴力団犯罪捜査)
    • 「筑後地区暴力団集中取締本部(本部長:福岡県警察本部長)」
    • 特別捜査班、特定事件捜査係
  • 北九州地区暴力団犯罪捜査課(北九州市に主たる事務所の所在地に有する指定暴力団に係る犯罪の捜査)
    • 「北九州地区暴力団総合対策現地本部」、「工藤会壊滅集中取締本部(本部長:福岡県警察本部長)」
    • 北九州地区暴力団対策係、特別捜査班
  • 薬物銃器対策課(薬物関係事犯、銃器関係事犯)
    • 密輸対策センター、特定事件捜査係、特別捜査班
  • 国際捜査課(国際的な犯罪の捜査、国際犯罪捜査共助、通訳、翻訳)
    • 国際捜査係、通訳センター

交通部[編集]

  • 交通企画課(交通警察運営、交通安全、交通統計、交通事故分析)
    • 統括参事官、統計分析係、交通安全係
  • 交通規制課(交通規制、交通安全施設、交通管制、都市交通対策)
    • 都市交通対策室、交通管制センター
  • 交通指導課(交通指導取締り、交通上の危険防止措置、車両使用者指示、放置違反金事務、車両使用制限)
    • 悪質・危険運転対策室、福岡交通反則通告センター北九州・筑豊・筑後支所
  • 交通捜査課(交通事故事件捜査及び処理、交通特殊事件捜査、交通鑑識)
    • 交通捜査係、交通鑑識係
  • 運転免許試験課(運転免許試験、自動車教習所、運転免許証更新、国外運転免許)
  • 運転免許管理課(運転免許行政処分、運転免許システム開発運用)
    • 法規係
  • 交通機動隊(交通機動取締り、警察車両乗務員運転訓練)
    • 福岡・筑豊・筑後地区隊、特別機動取締係
  • 高速道路交通警察隊(高速自動車道路における犯罪の捜査の初動活動)
    • 太宰府(隊本部)・門司・八幡・久留米・豊津分駐隊

警備部[編集]

  • 公安第一課(警備警察運営、警備情報、警備犯罪捜査、電気通信回線及び電子計算機に対する不正活動)
    • サイバー攻撃特別捜査隊、特別捜査班
  • 公安第二課(国家主義的主張に基づく暴力主義的活動に伴う警備犯罪情報収集・捜査、警衛・警護、警備資料)
    • 特別捜査班、警衛警護係
  • 公安第三課(極左的主張に基づく暴力主義的破壊活動警備犯罪情報収集・捜査)
    • 特別捜査班
  • 警備課(緊急事態対処、警備実施、核燃料物質防護、災害警備)
    • 災害対策室
  • 外事課(外国人に係る警備情報、外国人に係る警備犯罪捜査、国際テロリズム)
    • 国際テロリズム対策室、特別捜査班
  • 第一機動隊(警戒、警備)
    • 広域緊急援助隊特別救助班(レスキュー部隊)、銃器対策部隊、NBCテロ対応専門部隊(化学防護)、爆発物処理班、術科特別訓練員
  • 第二機動隊(警戒、警備)
    • レンジャー部隊、爆化処理部隊、スクーバ部隊、暴力団総合対策部隊

福岡県警察学校[編集]

警察学校長、副校長

  • 庶務係、教務係、学生指導係
  • 指導課 初任科、初任補修科、一般職員初任科、部門別任用科、専科、巡査部長任用科、警部補任用科、主任任用科、係長任用科

福岡市警察部[編集]

  • 庶務課

北九州市警察部[編集]

  • 機動警察隊(総務、会計、自動車警ら、機動捜査、交通機動取締り、暴力団犯罪捜査)
    • 総務班、会計班、警ら・機動取締班、機動捜査班、特別機動取締班、特別遊撃班

※福岡県警察の組織に関する規則を参照。

※福岡県警察附属機関一覧。


佐賀県警察本部組織[編集]



長崎県警察本部組織[編集]



熊本県警察本部組織[編集]



大分県警察本部組織[編集]



宮崎県警察本部組織[編集]


( )は附置機関。


鹿児島県警察本部組織[編集]



沖縄県警察本部組織[編集]


警務部[編集]

  • 総務課
    • 公安委員会補佐室
  • 警務課
    • 被害者支援室
  • 広報相談課
    • 広報室
  • 会計課
  • 厚生課
  • 教養課
  • 監察課
  • 情報管理課

生活安全部[編集]

刑事部[編集]

交通部[編集]

警備部[編集]

沖縄県警察学校[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 警察法36条
  2. ^ 札幌方面は道警察本部の直轄である。
  3. ^ 警察法施行令4条、別表第一
  4. ^ [1] (PDF) - 石川県警察本部
  5. ^ 福井県警察航空隊
  6. ^ 福井県警察の警察用船舶の管理及び運用に関する訓令 (PDF)
  7. ^ 京都府例規集”. 京都府. 2017年8月6日閲覧。
  8. ^ 府警察学校移転 田尻町に新庁舎 大阪 産経新聞 2013年4月18日
  9. ^ 鳥取県警察鉄道警察隊の運営に関する訓令”. 鳥取県警察本部. 2017年2月22日閲覧。
  10. ^ 鳥取県例規集(第12編、鳥取県道路交通法施行細則 第24条「高速自動車国道等における権限」)
  11. ^ 平成25年鳥取県公報号外第126号 鳥取県道路交通法施行細則の一部を改正する規則 (pdf)”. 鳥取県 (2013年12月10日). 2014年1月17日閲覧。
  12. ^ 高知県警察ホームページ 平成26年春の機構改革及び人事異動並びに平成26年度予算の体系

関連項目[編集]