アカデミックハラスメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アカデミックハラスメントとは、大学などの学内で、教職員がその権力を濫用して学生や部下の教員に対して行う、数々の嫌がらせ行為。上下関係を利用した嫌がらせであるためパワーハラスメントの一類型ととらえることができる。略称はアカハラ

概説[編集]

アカデミックハラスメントの例は、大きく二つに分けられる。

学生(特に研究室に配属されている4年生・大学院生)に対するもの[編集]

  • 研究や勉強に関係のない内容での、正当な理由のない人格否定や多数の面前での批判(岐阜大学で院生が教員に「社会のクズ」と言われ、110万円支払命令・産経新聞2009年12月16日)。判定基準として、たとえ正当な指摘でも大声、多数の面前での非難(こうした状況設定では正当な議論の機会が奪われるため状況的暴力といわれる。周囲にも不快感を与える行為であり、誤解を生む)、人格否定など手段が不適当な場合。小さなミスなのに強く非難するなど均衡を欠いた叱責。感情的な怒りの爆発。叱責の範疇を超えてほかのことまで持ち出す執拗な叱責。
  • 不当に多い課題を到底不可能な短期間にこなし提出するよう指示する(高崎経済大学では2006年に進級を質に取られた学生が自殺している[1])。ただし、学生が単にさぼっていて課題が膨大な量になったなどの場合(いわば学生の学習の怠慢による、自業自得の場合)は除く。
  • 正当な理由を説明することなく、学位論文などを受理しない(東北大学大学院で2009年に、2年連続で博士論文受理を拒否された院生が自殺している[2])。
  • 就職活動において不利な扱いをする(理由無く推薦を拒否するなど)。[要出典]
  • 正当な理由を説明することなく、推薦状をはじめとした、在職(在学)証明書、委嘱状、実績証明書などの、就職などに必要な書くべき書類を書かない。[要出典]
  • 学生が入信する宗教を誹謗中傷し、長期間に渡って棄教を迫る[3]
  • 執筆中の論文を、担当教授との共著とするよう強要し、拒むと留年させる(京都大学大学院の元院生から訴訟が起こされた[4])。実質的に執筆していない論文のクレジットを要求する(これは研究不正にも該当する)。
  • 京都大学の大学院生は建築学の研究を行いたかったにもかかわらず、子どもの行動パターンに関する研究を行うことを強要されたこと、本来英語で研究の指導が受けられるということになっていたのに英語での指導がほとんど受けられなかったことなどによって自殺した[5]

参考文献(視聴覚教材含む)[編集]

  • 大学の宗教迫害
  • アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク編、『アカデミック・ハラスメントの実態調査研究-大学および大学教員に対するアンケート調査結果報告書』、2004年5月。
  • アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク編、『なくそう、防ごう、気づこう、アカデミック・ハラスメント』(ビデオ)、2004年11月。
  • アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク編、『アカデミック・ハラスメントをなくすために』2004年4月。
  • アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク編、『アカデミック・ハラスメントに正しく対応するために』(ビデオ)、2007年11月。
  • アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク編、『アカデミック・ハラスメント環境評価基準の策定とそれを用いた点検評価方法の確立』日本学術振興会 平成19~21年度科学研究費補助金(基盤研究C)による研究
  • アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク編、『アカハラといわれないために-コミュニケーション・スキル・アップの実際』(DVD)、2009年11月。
  • アカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク編、『アカハラで悩んだとき-あなたならどうする?』(DVD)、2009年11月。
  • 上野千鶴子著、『キャンパス性差別事情―ストップ・ザ・アカハラ』(三省堂)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「学生自殺 高崎経済大、准教授を懲戒免職」共同通信2007年4月10日
  2. ^ 「東北大大学院生が自殺…博士論文、2年連続受け取り拒否され」読売新聞2009年5月13日
  3. ^ 大学の宗教迫害 P44
  4. ^ 京大教授らのアカハラ、地裁認定 元学生に共著投稿迫る 朝日新聞 2010年6月24日
  5. ^ 『毎日新聞』2009年3月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]