梅川昭美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

梅川 昭美(うめかわ あきよし、1948年3月1日 - 1979年1月28日)は、日本の殺人犯。大竹市強盗殺人事件及び三菱銀行人質事件を起こした。

来歴[編集]

広島県大竹市小方向村で生まれる(当時父46歳、母42歳)。姉もいたが、梅川が生まれる前に夭折。幼少時代を極貧の中で過ごす。8歳時に父親が脊髄を患い歩行困難となり退職、母親は梅川が小5の時離婚して家を出て行く。梅川は父親の郷里香川県大川郡引田町に連れて行かれ、現地の小学校に転入。だが父親は長男でありながら家督を継がずに若くして家出をしていたので梅川一族に冷遇される。それに憎悪を抱いた梅川は1年後に家出し、別れた母親を頼って生まれ故郷の大竹市内に逃げ帰る。工場の炊事婦として朝から深夜まで働く母親の元で梅川は放任状態となり、中学時代には喫煙、暴行等での補導が度重なり外泊も頻繁になる。広島工業大学附属工業高等学校(現在の広島工業大学高等学校)へ進学したが、ほとんどズル休みし、オートバイを盗んで逮捕され、入学わずか4ヶ月で退学させられる。悩んだ両親は何年かぶりに再会し、復縁することで梅川の更生を図る。しかし、独り暮らしを始めた梅川は、アパートの家賃や遊興費捻出のため、15歳の時(1963年12月)以前アルバイトした大竹市内の土建業者宅に強盗目的で侵入し、家人の妻(当時23歳)を刃先が折れるほどナイフでメッタ刺しにして殺害し現金や通帳などが入った金庫を奪った。逮捕され、山口の特別少年院へ送致収容される。供述において梅川は「(金を取るのに)邪魔だから殺した」「他の奴らはぬくぬくと暮らし、なんで俺だけが貧乏して苦しまないかん」と述べたという。梅川の少年院行きを命じた広島家庭裁判所は、審判の最後に「少年の病質的人格はすでに根深く形成されていて、容易に矯正しえないものである。少年が今後、社会に出れば同様の多種の非行を繰り返し、再び犠牲者が出る可能性があると思料される。だが少年であるがゆえに処罰しえない」と補足した。梅川は何度か女性と交際し、犯行寸前まで同棲していた女性もいた。嫉妬に狂った梅川が女性を全裸にした上で玄関の外へ放り出したのは1度や2度ではなかった。1979年1月26日三菱銀行人質事件を起こし、銀行員警察官を2人ずつ殺害した後、1月28日大阪府警察本部警備部第二機動隊零中隊に射殺された。30歳没(享年32)。

参考文献[編集]

  • 麻生幾『封印されていた文書(ドシエ)』新潮文庫、2002年

梅川をモデルにした作品[編集]

関連項目[編集]