ブラッドタイプ・ハラスメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブラッドタイプ・ハラスメント(略称ブラハラ)とは、日本において少数の血液型であるAB型に対する不当な評価であり、血液型について会話することで心理的な苦痛を与えていることである[1]

解説[編集]

1994年、当時福島大学の助教授であった心理学者のサトウタツヤは、少数派の集団の方が評価が低いという2個の研究を元にして、このことが日本での血液型の小集団であるAB型の人々の印象が悪かった調査結果の原因だと考え、不当な評価が行われる小集団のAB型の人々は苦痛になっている可能性が高い、とした[1]。このことは、血液と性格に関係があるかどうかということではない[1]。単に人数的に少数というだけで、セクシャルハラスメントのような嫌がらせを受けることにつながるため、ブラッドタイプ・ハラスメントという用語を作り『現代のエスプリ』で発表した[1]。加害者は、多数派の血液型であることが想像されるとし、血液型を話題にすることで、ある一部の人に苦痛を味わわせているとした[1]。サトウタツヤは、2013年の『読売新聞』への寄稿でも、少数派の血液型への評価が否定的になりがちで、ブラッドタイプハラスメントだと紹介している[2]

心理学者の菊池聡は、1997年に思想雑誌『望星』でこの考えを紹介し、B型やAB型は、わがまま、自己中、二重人格とよくないイメージで表現され、これは人口比が少ないことと関係があり、こうした人が血液型の話題を持ち出された時の嫌な思いは、多数派にはなかなか理解できないとしている[3]。菊池聡は1998年に文化雑誌『月間百科』でも佐藤によるAB型の評価の研究を紹介しながら、特にAB型によくない評価が集中する少数派差別の構造的な差別性に言及し、ブラッドタイプ・ハラスメントという言葉で取り上げられていると紹介する、また講義でこのように紹介していくと最後に学生が「ところで先生の血液型は?」と質問するので心理学者の戦いは続く、と結んでいる[4]

2016年に30超のハラスメントを800人にアンケートしたところ、62%の人がすべての種類がハラスメントに該当すると答えたものの、これを除いてハラスメントだと思わないものの2位にブラハラが該当した[5]

サトウタツヤによる問題提起とは異なるが、『読売新聞』がブラッドタイプ・ハラスメントに言及し、1行にも満たない言及で、血液型による人事などでの差別に言及したこともある[6][リンク切れ]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 佐藤達哉「ブラッドタイプ・ハラスメント」、『現代のエスプリ』第324号、1994年、 154-164頁。
  2. ^ サトウタツヤ『読売新聞』2013年10月21日夕刊大阪版10面。(東京版と西部版には確認したが掲載なし)
  3. ^ 菊池聡「連載コラム 不思議の裏側(5) ブラッドタイプ・ハラスメント」、『望星』第28巻第9号、1997年9月、 89頁。
  4. ^ 菊池聡「血液型信仰のナゾ・後編」、『月刊百科』第425号、1998年3月、 25-29頁。
  5. ^ “パワハラ・セクハラ・マタハラ… ハラスメント経験者は4人に1人 上司への相談により退職勧告を受けたケースも!”. 産経ニュース. (2016年11月15日). https://www.sankei.com/economy/news/161115/prl1611150236-n1.html 2018年9月28日閲覧。 
  6. ^ “科学 血液型と性格「関連なし」…日米1万人超を調査”. 読売新聞(YOMIURI ONLONE). http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20140722-OYT8T50051.html 2014年8月17日閲覧。 

関連項目[編集]