和製英語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

和製英語(わせいえいご)とは、日本で作られた英語風の日本語語彙のことである[1]英語圏では別の言い方をするため、全く意味が通じない、もしくは別の意味でとらえられてしまう場合がある。

定義[編集]

定義・外延は人によって異なる。狭い解釈では外来語を使った造語を指し、「フォアボール」「ベースアップ」「レベルダウン」「ファンタジック」のようなものを指す[2]。これらは英語ではそれぞれ「base on balls」「pay raise」「level decrease」「fantastic」という[3]。次に既存の語形を省略して作ったものを含めることもある。「ワープロ (word processor)」「パソコン (personal computer)」「エンゲージリング (engagement ring)」のようなものである。広い解釈では、形はほぼ同じものが英語にあっても、意味が英語と明らかに異なるものを含めることがある。これは和製であってたまたま同語形が英語にある場合もあるが、日本で意味変化しただけであって語形そのものは和製ではないものも含まれる。例えば「デッドヒート」(dead heat)の英語の意味は「同着、単独の勝者のいないこと」をいうが、日本語における外来語としては「激しい競り合い」の意味である[2]。ほかに「デッドボール」「ムーディ」「フェミニスト」などがある。更に緩い定義では「日常会話の中でごくふつうに、そして自然に使われている「カタカナ英語」」[4]というものもある。

まれに、日本語文脈中のカタカナ語彙のほかに、英語表現について言われることもある[5]。例えば「Please be careful to steps.」(正しくは Watch your step.)「Care your hand.」(同 Keep hands free of door.)のようなものである。

意味が日本特有であれば和製英語であると認定するならば、英語の意味からどの程度異なっていれば認定してよいかは難しい問題である[2]。小規模な意味のずれはほぼ全ての外来語に見られ[2]、外来語の意味が原語と異なるのは必然[6]だからである。

また日本製であることを証明するのは非常に難しい。例えば「ナイター」は和製英語として非常に有名である[7]が、AP通信の電文に用いられていたとする説もあり[8]、また野球解説者である伊東一雄も米国の野球関係者の間で使われていたとする[9]

問題[編集]

和製漢語造語力については肯定的に語られることが多いが、和製英語の場合は否定的に語られることが多い。和製英語は無学に由来する外国語の誤用・濫用であって、本来あるべきでない病理的現象であるとの見方がある[10]。しかし、和製英語は英語語彙ではなく、日本語の語彙である。従って英語と語形や意味が異なっているのは不思議なことではなく、またそれを組み合わせて新しく造語することは人間の言語創造力として当然のことであり、外国人にはわからなくてもよいという考え方もある[6][10]。しかし英作文の際にも、英語とは違うことを知らずに使用してしまうために問題となる。また反対に、日本語文脈で使われていた「誤った」外来語に対し、原語の語形・意味に回帰しようという圧力が働き、その結果、既存の語形・意味と衝突して混乱を生じることがある[2]

和製英語の例[編集]

ここでは、文献により「和製英語」とされているものの例を掲げる。但し全てを掲げることは不可能である。なお辞書・研究によって和製英語であるか否かの定義や判断が異なる場合がある。和製英語に関する諸問題については上記を参照のこと。

凡例[編集]

  • 日本語(「相当する英単語」この英単語に相当する「和製英語」であると指摘している出典)

のように示す。単に日本語単語に対する英訳語を掲げるのみ、或いは英単語に対する日本語訳語を掲げるのみで、「和製英語である」という指摘のない出典は対象としない。また単に「(現在の)英語圏では使わない」というだけのものも除外する。なお相当する英単語が指摘されないものは出典だけを示す。

和製英語ではないという指摘のある出典があれば併せて掲げる。

出典略号[編集]

CLHJ
小島義郎・竹林滋・中尾啓介(編)『カレッジライトハウス和英辞典』研究社、1995年
CLHJ和
同書「和製英語」コラム
CLHE
竹林滋・小島義郎・東信行(編)『カレッジライトハウス英和辞典』研究社、1995年
NJED
渡邉敏郎・E. Skrzypczak・P. Snowden(編)『新英和大辞典 第5版』研究社、2003年
GJED
小西友七(編) 『ジーニアス和英辞典 ハイブリッド式 2色刷』 (4版) 大修館書店2001年4月1日、1930-1933頁。ISBN 4-469-04150-5 
RHE2
小学館ランダムハウス英和大辞典第二版編集委員会(編)『ランダムハウス英和大辞典 第2版』小学館、1994年
日国2
『日本国語大辞典 第二版』小学館、2000-2002年
事典
亀田尚己・青柳由紀江・J. M. クリスチャンセン(著)『和製英語事典』丸善出版、2014
広辞苑
岩波書店『広辞苑』第五版、1998年 (和製語であるとの記載のみ)
日外
集英社『日本語になった外国語辞典』1983年 (和製語であるとの記載のみ)

日本での一般的な造語[編集]

ア行[編集]

  • アイスキャンデー - Popsicle(米国の商標、CLHJ)、ice lolly(英国、CLHJ)。
  • アウトコース - outside(CLHJ)
  • アフターサービス - service(CLHJ和)「保証期間中のサービス」はservice under warranty(CLHJ)。「販売後のサービス」はafter-sale(s) service(CLHJ)。「修理サービス」はrepair service(CLHJ)。「顧客サービス」はcustomer service(CLHJ)
  • アフレコ - postrecordingdubbing(GJED)
  • インコース - inside(CLHJ)
  • オーダーメイド - made-to-order(CLHJ和)。custom-made(CLHJ和)
  • オートバイ - motorcycle(CLHJ和)
  • オフィスレディー(OL) - (female) office worker(NJED)、company employee

カ行[編集]

サ行[編集]

タ行[編集]

  • タオルケット - blanket made of toweling(NJED)
  • チアガール - cheerleader(CLHJ)
  • チェンジレバー - gearshift(CLHJ)。gear lever(英国)、gear stick(CLHJ)
  • デコレーションケーキ - decorated cake(CLHJ)、fancy cake(CLHE)。ほか状況やイベントに応じてround cakebirthday cakeChristmas cakeなど(CLHJ和)。

ナ行[編集]

ハ行[編集]

マ行[編集]

ラ行[編集]

日本の商品名等に由来[編集]

日本製品の商品名や日本発の概念の命名が和製であることは常態であり、ことさらに取立たされることは少ない[12]が、商標の一般化などにより由来が意識されなくなると、和製英語であるとあえて言われることがある。

疑問が残るもの[編集]

このようなものが(間違いかもしれないが)和製英語と主張されることがあるという例としてリストする。

英語でも使う表現[編集]

ただし、多くは希な表現や古い表現であり(でなければ和製英語と主張されることもないだろう)、英語話者に誤解なく通じるとは限らない。

  • アイドル - teenage star(NJED)、(teen) pop star(NJED)、idol[14]。和製語との注記なし(広辞苑・日外)。
  • アドバルーン - advertising balloon(CLHJ和)、ad balloon(CLHJ)。和製語(日外)。
  • クラクション - horn(CLHJ和)。和製語との注記なし(広辞苑・日外)。実際はアメリカの商標であり、世界各地で自動車ホーン全般の意味で通じる。
  • グレードアップ - upgrade(CLHJ)、grade up[15][16]。和製語(広辞苑)、和製語との注記なし(日外)。
  • ストーブ - heater(CHLJ)、stove[17]。和製語との注記なし(広辞苑・日外)。
  • ドライブイン - roadside restaurant(CLHJ和)、drive-in[18]。和製語との注記なし(広辞苑・日外)。「drive-in」はドライブインシアターファーストフードのレストランなどを指す(CLHJ和)。
  • ナイター - night game(CLHJ)、nigher[9]。和製語(広辞苑・日外)。
  • バックナンバー - back issue(NJED)、back number[19]。和製語との注記なし(広辞苑・日外)。
  • パンティストッキング - pantyhose(GJED)、panty stockings[20]。和製語(広辞苑)、和製語との注記なし(日外)。
  • ビニールテープ - plastic tape(通常OPPテープなどの総称、NJED)、vinyl tape[21]
  • ファンタジック - fantastic(NJED)。和製語(日外)。ただし、fantasic は正しい英語ではないが、日本以外でも(主に非英語母語話者によって)ありうる間違いである[22]
  • ブックカバー - book wrapper(NJED)、dust jacket(NJED)、book cover[23]
  • フライドポテト - french fries(米国、CLHJ)。chips(英国)。ただし、「fried potato(es)」でも通用することはある。和製語との注記なし(日外)。
  • ボールペン - ballpoint pen(CLHE)、ball pen[24]
  • ホットケーキ - pancake(NJED)。hotcake[25][26]hot cake[27][28]。和製語との注記なし(広辞苑)。

語句自体は英語でも使う[編集]

明らかな派生から、無関係に思えるものまであるが、線引きは難しいため一律にリストする。

  • アバウト - (対訳例)lackadaisical、perfunctory、rough(NJED)。和製語との注記なし(広辞苑)。
  • ガードマン - (security) guard(CLHJ)。和製語(広辞苑・日外)。guardman は単独ではほとんど使わないが、***(-)guardman で「×××を守る人」、たとえば coast guardman沿岸警備隊員。guardsman なら近衛兵(英国)・州兵(米国)。
  • キーホルダー - key case(ring)(NJED)。和製語(日外)。keyholder は、施設の鍵を管理する人。
  • ゴールデンアワー(放送時間帯の) - prime time(NJED)。和製語(広辞苑・日外)。golden hour はいくつかの分野で、特定の重要な1時間(単数形なので必ず1時間)を意味する。たとえば救急医療golden hour
  • コンセント - (electrical) outlet(米国、CLHJ)、(power) point(英国、CLHJ)、(plug) receptacle(CLHJ和)。和製語(広辞苑・日外)。
  • サイダー - (soda) pop(CLHJ和)。和製語との注記なし(広辞苑・日外)。cider はりんごの醗酵ジュースまたは醗酵酒。炭酸を入れることはある。
  • サンドバッグ(ボクシング練習用) - punching bag(CLHE)。和製語との注記なし(広辞苑)。sandbag は砂袋で、ボクシング練習用のものも含みうるが、典型的なものは防水用に積み上げたりするもの。
  • ダンプカー(自動車の) - dump truck(CLHJ)。dumper(英国、CLHJ)。和製語との注記なし(広辞苑)、和製語(日外)。dump car は通常、鉄道車両。
  • ハイタッチ - high five(NJED)。high touch は、事業の関係者。
  • ハンドル(乗り物の) - steering wheel自動車、GJED)、handlebar自転車・オートバイ)。和製語との注記なし(広辞苑・日外)。
  • フライング(スポーツの) - false startbreakaway(NJED)、flying start。和製語との注記なし(広辞苑)、和製語(日外)。
  • ポップス - pop(ular) music[29][30](NJED)。和製語との注記なし(広辞苑)。「pop」と略すが、「pops」は「popの楽団」や「popのコンサート」を意味する。
  • ホチキス - stapler(CLHJ和)。和製語との注記なし(広辞苑・日外)。米国のメーカー名(元は人名)。
  • ワイシャツ - shirt(CHLJ)、dress shirt(ワイシャツであることを明示)。和製語(日外)。white shirt の転訛だが、衣類としては文字どおり「白いシャツ」という意味。

「第三国製」英語[編集]

英語でない[編集]

  • アルバイト - part-time(GJED)。ドイツ語
  • フロントガラス - windshield(米国、CLHJ)、windscreen(英国、CLHJ)。ガラスはオランダ語 glas[33]。「フロントグラス」なら和製英語。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広辞苑第6版
  2. ^ a b c d e 石野博史「外来語」『講座日本語と日本語教育第6巻 日本語の語彙・意味(上)』明治書院、1989年。
  3. ^ 小島義郎・竹林滋・中尾啓介(編)『カレッジライトハウス和英辞典』研究社、初版1995年。
  4. ^ 亀田ら(2014)、iiiページ(まえがき)。
  5. ^ 亀田ら(2014)。
  6. ^ a b 陣内正敬『外来語の社会言語学 日本語のグローカルな考え方』世界思想社、2007年。
  7. ^ 西尾寅弥「語種」『朝倉日本語講座4 語彙・意味』朝倉書店、2002年。
  8. ^ 『日本国語大辞典第2版』「ナイター」の項。
  9. ^ a b パンチョ伊東のメジャーリーグ通信『“ナイター”ってホントに和製英語?』”. 2013年1月21日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ a b 石野博史「外来語の問題」『岩波講座日本語3 国語国字問題』岩波書店、1977年。
  11. ^ RHE2によると初出は1971年。
  12. ^ たとえば『日外』は商標に対し和製語の注記をしない
  13. ^ http://e-words.jp/w/E3839DE382B1E38399E383AB.html
  14. ^ 研究社『リーダーズ英和辞典』「idol」訳語「アイドル」
  15. ^ grade upの意味 - 英和辞典 Weblio辞書(定本: 研究社新英和中辞典』)訳語「〈…の〉等級[階級]を〔…に〕上げる 〔to〕.」2015-05-26閲覧
  16. ^ gradeの意味 - 英和辞書 - 英語辞書 - goo辞書(定本:『プログレッシブ英和中辞典』)「grade ... up/grade up ...」訳語「…を格上げする.」2015-05-26閲覧
  17. ^ 研究社『リーダーズ英和辞典』「stove」訳語「ストーブ」
  18. ^ 研究社『リーダーズ英和辞典』「drive-in」訳語「ドライブイン((車に乗ったままで用が足せる食堂・映画劇場・銀行など[略]))」
  19. ^ 研究社『リーダーズ英和辞典』「back number」訳語「((雑誌などの))バックナンバー」
  20. ^ Panty stockings - Definition and More from the Free Merriam-Webster Dictionary (2015-03-15閲覧)
  21. ^ 例: 3M社「Vynil Tape」
  22. ^ Fantasic meaning in Hindi - FANTASIC in Hindi - Definition and Translation - HinKhoj (2015-03-15閲覧)
  23. ^ Definition of “book cover” | Collins English Dictionary(定本: Collins English Dictionary)解説「the cover of a book」2015-05-26閲覧
  24. ^ Ball pen - Definition and More from the Free Merriam-Webster Dictionary (2015-03-15閲覧)
  25. ^ 研究社『リーダーズ英和辞典』「hotcake」
  26. ^ Hotcake - Definition and More from the Free Merriam-Webster Dictionary (2015-03-15閲覧)
  27. ^ Hot cake | Define Hot cake at Dictionary.com (2015-03-15閲覧)
  28. ^ hot cake - definition of hot cake by The Free Dictionary (2015-03-15閲覧)
  29. ^ 平凡社『世界大百科事典』第2版【ポップス】
  30. ^ 広辞苑第六版「ポップス」
  31. ^ English Translation of “camping-car” | Collins French English Dictionary
  32. ^ John Humbley. Emprunts, vrais et faux, dans le Petit Robert 2007. Jean Pruvost. La journée des dictionnaires 2007, Mar 2007, Cergy-Pontoise, France. Editions des Silves, pp.221-238, 2008, Actes de colloque : la journée des dictionnaires 2007.<halshs-00275603>
  33. ^ 広辞苑』「ガラス【glasオランダ・硝子】」

関連項目[編集]