スローライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スローライフ(Slow Life)とは、生活様式に関する思想の一つである。ファストフードに対して唱えられたスローフードから派生した考え方で、大量生産・高速型のライフスタイルに対して、ゆっくりした暮らしを提案するもの。Slow livingに相当する和製英語である。

明確な定義はないが、地産地消や歩行型社会を目指す生活様式などを指すことが多い。日本の高度成長期以前の生活はスローライフであったとも言える。

スローフードからスローライフへ[編集]

1986年、マクドナルドがイタリアに進出し、ローマのスペイン広場に1号店を開いたが、アメリカ資本のファストフード店に対する反発は大きく、この際に起こった反対運動が、伝統的な食文化を評価する「スローフード」運動に発展した。やがて食文化のみでなく、生活様式全般やまちづくりを見直す動きに広がった。

日本におけるスローライフ[編集]

日本で「スローライフ」という言葉が使われるようになったのは2001年頃からである。川島正英(地域活性化研究所)や筑紫哲也(ジャーナリスト)らが「スローライフ」について模索していたところ、川島の話を聞いた掛川市榛村純一市長が「スローライフシティー」を公約に掲げて再選を果たした(2001年)。2002年11月、掛川市で「スローライフ月間」が開かれ、12月のシンポジウム「スローライフのまち連合を結成しよう」には、掛川市、湖西市、岐阜市、多治見市(岐阜)、安塚町(新潟)、立川町(山形)、柳井市(山口)が参加した。[1] その後、「スローライフ月間」は各地で開催されるようになり、「ゆっくり、ゆったり、心ゆたかに」を掲げるスローライフ・ジャパン(川島正英理事長)が設立された。

環境問題への関心の高さもあって、スローフード、スローライフ、ロハスなどの言葉が広く使われるようになった。

団体[編集]

NPO法人日本スローライフ協会(2004年9月内閣府認証、本部東京都中央区、西崎統理事長)は、伊豆諸島の八丈島で自給自足できるスローライフ(素朗来富)やスローフード(素糧風土)の実践を[要出典]広めている。

三重県では、NPO法人三重スローライフ協会が発足した。松阪農業公園ベルファームに事務局を置き、三重大学名誉教授の大原興太郎が理事長となって、活動している。

背景[編集]

1990年頃のバブル景気中に(??)、ファストフードに代表される大量生産・高速型のライフスタイルや、モータリゼーションの進展による都市郊外化が進んで行った。これに伴い、全国各地には郊外型ショッピングセンターロードサイドショップが急増し、中心市街地の空洞化(ドーナツ化現象)やスプロール現象が進行している。その結果、地方都市が画一的な様相を呈する傾向にある。 これに対して、有機農産物や地元産の農産物が奨励されたり(地産地消運動)、沈着型でゆっくりした生活様式を唱える動きが出たりするようになった。

これをまちづくりに応用した思想は、「ニューアーバニズム」とも言われている。

注釈[編集]

  1. ^ 筑紫哲也「スローライフ」岩波新書

外部リンク[編集]

  • NPO法人スローライフ・ジャパン[1]

関連項目[編集]