W

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ww Ww
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Wは、ラテン文字アルファベット)の 23 番目の文字。小文字は w

字形(Vを二重化したもの)はUとともにVに由来する[1]。形の類似した文字にギリシャ文字ω(オメガ)があるが、全く異なる文字であり、Wは下が尖っているのに対してωは丸い。

英語名ダブリュー(英語: double U)は「二重のU」の意味だが、ロマンス系の言語などでは「二重のV」の名で呼んでいる(下記参照)。 その名のとおり、古英語で使われはじめた二重音字「vv」または「uu」[2]に由来する文字である。

字形[編集]

Vを横に2つ連ねた形であり、大文字、小文字同形である。しばしば2つのVを重ねて(左のVの右斜線と右のVの左斜線を交差させて)書く。V同様、筆記体では下部を丸めて書き、右上で折り返す。フラクトゥール

呼称[編集]

  • 二重のV
    • : double vé (ドゥブル・ヴェ)
    • : doppio vu (ドッピョ・ヴ)
    • 西:uve doble (ベ・ドブレ/ウベ・ドブレ)
    • : vê dobrado
    • エス: duobla vo(ドゥオブラ・ヴォ) / ヂェルマーナ・ヴォ(ゲルマン人のV)
  • 二重のU
  • 音素名称

音価[編集]

国際音声記号としては、小文字 [w]有声両唇軟口蓋接近音

言語においてこの文字が表す音価は、

  • 英語インドネシア語などでは 有声両唇軟口蓋接近音 [w]
    • 英語では、音素 /w/ は後続の短母音を変化させる。ただし、母音の後にさらに軟口蓋音/k, ɡ, ŋ/)がつづく場合にはこの限りではない。
  • ドイツ語では有声唇歯摩擦音 [v]
  • スラヴ語でもおおむね [v] で、v と同じ音素を持つ。スラヴ語において、v と w は外来語を除いて片方しか使われない。チェコ語クロアチア語などでは v を、ポーランド語などでは w を使い、もう片方は外来語にのみ使われる。
  • イタリア語フランス語スペイン語ポルトガル語などでは外来語にのみ使い、起源によって [w] または [v] (スペイン語では [β])で発音する。またこれらの言語において [w] は一般に、母音音素 /u/ の異音として解釈できるものである。
  • オランダ語では唇歯接近音 [ʋ] (上の歯を下唇に接近させた [w])を表す。
  • エスペラントでは外来語にのみ使い、ドイツ語、ポーランド語、オランダ語の場合は v の発音し、それ以外は w で発音することが推奨されている。
  • 中国語ピンインでは、介音 /u/ [ŭ]頭子音をともなわない(音節頭に来る)場合に用いる。頭子音をともなう場合は u を用い、書き分けを行っている。なお、「五」「烏」など主母音,尾音無しで介音/u/のみの場合、発音は/u/であり、半母音/w/が発音されるわけではないが、wuと表記する。
  • 日本語ローマ字ではワ行の音写に用いる。ワ行の子音 /w/[w] に似るが、/u/ と同様円唇性が弱い。後舌と軟口蓋を接近させない両唇接近音[β̞]として発音されることが多い。 /u/ の標準的な音価を [ɯ] と記すような場合には、これを [ɰ] と記述することがある。なお、訓令式およびヘボン式では「ゐ」「ゑ」「を」は「い」「え」「お」と同じ発音のため、子音無しのi、e、oとなり、実際にwが使われるのは「わ」のwaのみである。
  • 朝鮮語のローマ字表記では、母音字母の内、発音に/w/を含むはwa、wae、wo、we、wiとなりwを含む。なお、/w/を含む発音だがoeとなりwを含まない。

歴史[編集]

古代ローマ人の時代のラテン語では、W の文字は存在せず、/w/音素V の文字を使って表記していた。しかし、V の文字は/w/と同時に母音/u/を表しており、さらに英語などのゲルマン語にはラテン語にない/v/の音素があったため、V は一文字で 3 音素を表すことになった。そこで、/w/の音素を表す場合は V を重ねてVVと表記する慣習が生まれ、やがて二つのVが繋がって一つの文字になり、Wとなった。 ドイツ語では /w/ の音素が消滅したため、Wの字は/v/の音素を示すようになった。

語頭に /w/ を含むゲルマン語の語彙がロマンス諸語に伝わると、werra→guerra のように /gw/ に変化した。

W の意味[編集]

一般的な略語[編集]

  • 英語の疑問詞における、Who、What、When、Where、Whyの総称。詳しくは記事「5W1H」を参照のこと。
  • 一般用照明器具の取付のうち壁付。構内電気設備配線用図記号 (JIS C 0303:2000) で用いられる。

科学分野[編集]

  • タングステンの元素記号。
  • 物理学では仕事を表す記号として用いられる。
  • 仕事率電力など)の単位ワット
  • 熱力学では、まぎらわしさ回避のため速度を v ではなく w と表す。
  • 数学では、第四の未知数に使われる。(小文字)
  • 非SI接頭辞
    • ウェカ (weka) (1030)(大文字)
    • ウェコ (weko) (10-30)(小文字)
    • ウェクト (wekto) (10-30)(小文字) - ジム・ブロワーズ (Jim Blowers) の提案

固有名詞[編集]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
W U+0057 1-3-55 W
W
w U+0077 1-3-87 w
w
U+FF37 1-3-55 W
W
U+FF57 1-3-87 w
w
全角
U+24CC Ⓦ
Ⓦ
U+24E6 1-12-55 ⓦ
ⓦ
丸囲み
🄦 U+1F126 🄦
🄦
U+24B2 ⒲
⒲
括弧付き

他の表現法[編集]

フォネティックコード モールス符号
Whiskey ・--
ICS Whiskey.svg Semaphore Whiskey.svg ⠺
信号旗 手旗信号 点字

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ さらに言えば、VはYとともにギリシャ文字Υ(ウプシロン)に由来し、キリル文字Уは同系の文字である。Υ(ウプシロン)の別形に由来するFとも同系といえる。
  2. ^ 当時 v と u の峻別は存在しなかったと言ってよく、したがって「vv」と「uu」のどちらであったと定めることも難しい。
  3. ^ 東西で違うどん兵衛の味”. 日清食品. 2012年9月17日閲覧。
  4. ^ 三省堂国語辞典第七版、項目「ダブリュー」

関連項目[編集]