Υ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Upsilon uc lc.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クシー
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη イータ Ττ タウ
Θθ シータ Υυ ウプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ カイ
Λλ ラムダ Ψψ プシー
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ San uc lc.svg サン
Heta uc lc.svg ヘータ Sho uc lc.svg ショー
ギリシアの数字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ

Υ, υ(ウプシロン、ユプシロン、イプシロン、古代ギリシア語: ユーギリシア語: ύψιλον イプシロン, 英: upsilon)はギリシア文字の第20番目の文字。ギリシア数字の数価は400。

「イプシロン」は現代ギリシア語ではこの文字を言うが、日本ではε(エプシロン)のことを指すことが多く、紛らわしい。

ラテン文字U, V, W, Y, キリル文字У, Ү, Ў はこの文字に由来する。ラテン文字のYは本来ギリシア語からの借用語を表記するために導入されたものであることから、近代諸言語でもギリシア語名に由来する名称、または「ギリシアのイ」を意味する名称で呼ぶ言語も多い。

音声[編集]

もっとも古い時期には円唇後舌狭母音/u, uː/を表していたが、アッティカ・イオニア方言では早くから円唇前舌狭母音/y, yː/に変化した[1]。二重母音αυ, ευはそれぞれ/au, eu/と発音されたようである[2]

ουはもともと二重母音/ou/を表していたが、後に長く狭い/oː/と同音になり、両方をこのつづりで書くようになった。さらに狭母音化して/uː/の音を持つようになったが、古典期の音が/oː//uː/のどちらだったかは明らかでない[3]

現代ギリシア語では単独、または υι で /i/, αυ, ευ, ηυ は後続の音が無声音のときに /af/, /ef/, /if/, 母音を含む有声音のときに /av/, /ev/, /iv/。ου は /u/ をあらわす。

起源[編集]

フェニキア文字で半母音/w/を表した 𐤅 Phoenician waw.svg(ワウ)に由来する。古く/w/の音を表したギリシア文字「Ϝ」(ディガンマ)も同じフェニキア文字に由来する文字だが、ディガンマがフェニキア文字以来の本来の位置(εの次)に置かれたのに対し、υはフェニキア文字で最後の文字にあたるτ(タウ)の次に置かれた[4]。ほとんどすべての出土資料にはこの文字が含まれているが、例外としてエジプトファイユームで発見されたとされる4枚の金属板に刻まれたギリシア文字はτで終わっており、時代不明ながらもギリシア文字のもっとも古い段階を示すものと考えられている[5]

1つのフェニキア文字から形の異なる2つのギリシア文字が生まれたことについて、ナヴェはまず/w/の字として伝えられて特有の「Ϝ」の形になった後、ふたたびフェニキア文字が伝えられたという説を述べているが[6]、実体のない議論として批判されている[7]

古代の文字名称は単に母音を伸ばした(ユー)だった。古典ギリシア語では語頭のυには必ず有気記号がつくため、実際のアッティカ名は(ヒュー)だったかもしれない[8]。後に二重母音οιが同音の/y/に変化し、ビザンチン時代の文法学者が両者の区別のためυをユプシロン(ὒ ψιλόν、単なるユー)と呼んだのが現代の名称の由来である[9]

合字[編集]

床屋(κουρεῖον、現代の標準であるディモティキではκουρείο)の看板

ουは、占星術での牡牛座の記号(♉)のように書かれることがある。

記号としての用法[編集]

大文字の「Υ」は、素粒子物理学ボトムクォークとその反クォークからなるウプシロン中間子 () を表す。ただし、ラテン文字のYとの混同を避けるために、それと解るフォントや表記(「 ϒ 」など)を使用する。

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Υ U+03A5 1-6-20 Υ
Υ
Υ
υ U+03C5 1-6-52 υ
υ
υ
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
ϒ U+03D2 - ϒ
ϒ
GREEK UPSILON WITH HOOK SYMBOL

脚注[編集]

  1. ^ Allen (1987) pp.65-69
  2. ^ Allen (1987) pp.79-80
  3. ^ Allen (1987) pp.75-78
  4. ^ Allen (1987) p.47
  5. ^ Woodard (2004) pp.656-657
  6. ^ Naveh (1987) p.184
  7. ^ Swiggers (1996) p.268
  8. ^ Allen (1987) p.172
  9. ^ Allen (1987) pp.172-173

参考文献[編集]

  • W. Sidney Allen (1987) [1968]. Vox Graeca (3rd ed.). Cambridge University Press. ISBN 0521335558. 
  • Joseph Naveh (1987) [1982]. Early History of the Alphabet (2nd ed.). Hebrew University. ISBN 9652234362. 
  • Pierre Swiggers (1996). “Transmission of the Phoenician Script to the West”. In Peter T. Daniels; William Bright. The World's Writing Systems. Oxford University Press. pp. 261-270. ISBN 0195079930. 
  • Roger D. Woodard (2004). “Greek Dialects”. The Cambridge Encyclopedia of the World's Ancient Languages. Cambridge University Press. pp. 650-672. ISBN 9780521562560.