Φ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Phi uc lc.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クサイ
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη イータ Ττ タウ
Θθ シータ Υυ ウプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ カイ
Λλ ラムダ Ψψ プサイ
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ San uc lc.svg サン
Heta uc lc.svg ヘータ Sho uc lc.svg ショー
ギリシアの数字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ

Φ, φ(ファイ、フィー、古代ギリシア語: φεῖ ペーギリシア語: φι フィ英語: phi [faɪ] ファイ)は、ギリシア文字の第21番目の文字。ギリシア数字の数価は500。

キリル文字Фはこの文字に由来する。

音声[編集]

古代ギリシア語では無声両唇破裂音の帯気音 /pʰ/、現代ギリシア語では無声唇歯摩擦音 /f/ を表す。摩擦音への変化がいつごろ起きたかは正確にはわからないが、ビザンチン時代には摩擦音になっていたようである[1]

起源[編集]

古代ギリシア語には3つの帯気音 /pʰ tʰ kʰ/ があった。このうち/tʰ/にはフェニキア文字を転用することができたが(θ)、それ以外は適当なフェニキア文字が存在しなかった。クレタ島およびその周辺のテーラーメーロスでは文字を追加せず、/pʰ/ の音は単に「Π」と書くか、または「ΠΗ」の2文字で表記したが[2]、それ以外の地域では新たに「Φ」の字を追加した。

この文字の起源については議論が分かれる。古代の文字名称はペー(φεῖ)で、この名は明らかに「π」からの類推によってつけられた[3]。紀元前4世紀の末に ει/iː/ と発音されるようになり、その影響で文字名称も φῖ とされることが普通になった。近代西洋諸言語の名はそれにもとづく[3]

記号としての使用[編集]

  • 小文字の「φ」()は、
    • 幾何学で、θに次いで角度を表す(球面座標系など)。
    • 数学で正整数 n に対し1から n までの整数のうち互いに素なものの個数を与える関数: オイラー関数 φ(n) として使用される(なお,数学の集合においては,空集合の意味を表す)。
    • また、黄金比の記号としても用いられ、である。
    • 素粒子物理学では、ストレンジクォークとその反クォークからなるファイ中間子 を表す。
    • 量子力学ではψとともに波動関数を表す。
    • 場の理論(場の古典論場の量子論)では、場を表す変数・演算子として使われる。
    • 電気工学単相交流を「1」、三相交流を「3」と記述することがある。
    • 地質学において粒径区分に使用される。詳細は砕屑物を参照。
    • またφ,Φを区別するため、前者をやわらかいファイやバルファイ、後者をかたいファイやファイと呼ぶことがある。
    • また,一般的には「空(から)」をイメージする語として使用されることもあり,そのような意味の代替語として使われる場合もある。

類似の文字・記号[編集]

符号位置[編集]

Unicodeでは小文字の「φ」に U+03C6 (GREEK SMALL LETTER PHI)と U+03D5 (GREEK PHI SYMBOL) の2つの符号位置が割り当てられている。Unicodeバージョン3.0以降は、前者が一筆書きの、後者が丸に斜線を引いたの字形に対応するが、それ以前は割り当てが逆だった。この変更は現代ギリシア語において一筆書きのが通常用いられる字形であることによる。フォントによっては古いバージョンのUnicodeに従い逆の字形になっていることがある[4]

JIS X 0213では小文字のファイは1-6-53にあり、例示字形は丸に斜線の形になっているが、U+03C6の方に対応することになっている。

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Φ U+03A6 1-6-21 Φ
Φ
Φ
φ U+03C6 1-6-53 φ
φ
φ
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
ϕ U+03D5 - ϕ
ϕ
GREEK PHI SYMBOL

TeXでは\phiで丸に斜線のを、\varphiで一筆書きのを表す。

脚注[編集]

  1. ^ Allen (1987) pp.18-26
  2. ^ Threatte (1996) p.272
  3. ^ a b Allen (1987) p.170
  4. ^ “Representative Glyphs for Greek Phi” (PDF). UTR #25: Unicode support for mathematics. http://unicode.org/reports/tr25/#_Toc231 

参考文献[編集]

  • W. Sidney Allen (1987) [1968]. Vox Graeca (3rd ed.). Cambridge University Press. ISBN 0521335558 
  • Leslie Threatte (1996). “The Greek Alphabet”. In Peter T. Daniels; William Bright. The World's Writing Systems. Oxford University Press. pp. 271-280. ISBN 0195079930