Ε

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Epsilon uc lc.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クシー
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη イータ Ττ タウ
Θθ シータ Υυ ウプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ カイ
Λλ ラムダ Ψψ プシー
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ San uc lc.svg サン
Heta uc lc.svg ヘータ Sho uc lc.svg ショー
ギリシアの数字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ

Ε, ε(エプシロン、イプシロン、希: έψιλονギリシア語ラテン翻字: epsilon)は、ギリシア文字の第5字母であり、母音[e]を表す。数価としては5を表す。ラテンアルファベットEキリル文字Е, Є, Ѐ, Ё, Э はこの文字を起源とする。

本来の発音に近いのはエプシロンであるが、日本ではイプシロンと呼ばれることも多い。しかし、現代ギリシア語でイプシロンというとΥ, υ の意味になるので紛らわしい。

英語ではエプサイロンあるいはプスィロンのように発音される。

起源[編集]

フェニキア文字 𐤄 Phoenician he.svg(ヘー)に由来する。フェニキア文字では無声声門摩擦音[h]を表す文字だったが、ギリシア文字では母音[e]を表す文字に転用された[1]。古くは短母音以外に長母音もこの文字で表されたが、後に狭い[eː]ειで、広い[ɛː]ηで表されるようになった[2]

文字名称は古くはエー( εἶ )であり、これはセム語名ヘーに由来するか、または単純に母音[e]を伸ばしたものと考えられる[3]。2世紀ごろに二重母音αιが同音の[e]に変化し、ビザンチン時代の文法学者が両者の区別のためにɛをエプシロン(ἒ ψιλόν、単なるエ)と呼んだのが現代の名称の由来である[4]

記号としての用法[編集]

小文字の「ε」は

商品名・固有名等[編集]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ε U+0395 1-6-5 Ε
Ε
Ε
ε U+03B5 1-6-37 ε
ε
ε

脚注[編集]

  1. ^ Allen (1987) p.53
  2. ^ Allen (1987) pp.70-75,90
  3. ^ Allen (1987) p.169
  4. ^ Allen (1987) pp.172-173

参考文献[編集]

  • W. Sidney Allen (1987) [1968]. Vox Graeca (3rd ed.). Cambridge University Press. ISBN 0521335558.