韓国映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

韓国映画(かんこくえいが)は、韓国国籍を持つ者または韓国の法人によって製作された映画で、ほとんどの場合、韓国人の映画スタッフと俳優で構成され、主に韓国国内の映画館等で公開される映画を指す。

歴史[編集]

日本統治時代の映画については日本映画#朝鮮を参照のこと。

1970年代後半の韓国はテレビはまだ白黒モノラル放送[1]、他の大衆娯楽がゆたかになるにつれ、日本と同様、映画の製作本数は減ってはいたが、まだ映画は大衆娯楽の雄であった[1]。1977年まで映画の制作会社は14社あり、1978年に6社増え計20社となった[1]。独立プロはなかった[1]。上映状況に合わせて政府側から製作本数の調整要請があり、例年1社が年6本程度の製作であるが、1979年は1社5本という要請があり、年間計100本の製作を予定された[1]。劇場は1979年に韓国全土で約500館[1]。輸出は香港、台湾、アメリカの一部で、日本へは全く輸出されていなかった[1]。マーケットがまだ小さく、作品が完成してもすぐ封切りにならず、未封切作品も多かった。当時日本の大手映画会社は興行不振が続き、自社製作を減らしていたため、映画のスタッフが撮影所でテレビ映画を撮ることが多かったが、当時の韓国はテレビ映画は全くなく、テレビドラマは全てテレビ局のスタッフが局のスタジオ等で撮影していた[1]。この頃、韓国で人気があった映画はアイドル歌手・へウニ主演の『私だけを愛して』のような青春もの、『私がすてた女』、『O嬢のアパート』等の女性映画、文芸ものなどが多く製作されヒットしていた[1]。日本映画は1本も輸入されず、1978年12月に岡田茂日本映画製作者連盟会長らが来韓し、韓国の映画関係者を集めて日本映画鑑賞会を開き、『幸福の黄色いハンカチ』と『柳生一族の陰謀』を試写し、政府の要人にも会い、両国の映画交流を活性化したいと日本映画の見本市を開く提案等をした[1]

ニューウェーブ[編集]

韓国の映画史において重要な出来事が3つあった。1992年、サムソンが出資した 『결혼 이야기Marriage Story』が初の政府出資でない映画として制作された。1999年、『シュリ』が公開され、韓国における興業収益の50%以上を獲得して大成功を収めた。3つ目の出来事として2001年の『猟奇的な彼女』が韓国映画史においてもっとも人気を収め、海外でも成功をおさめた。

映画祭[編集]

アジアでも有数の規模である釜山国際映画祭は、国内の映画振興にも大きな影響を及ぼしている。そのほか全州国際映画祭、富川国際ファンタスティック映画祭など韓国国内各地で中小規模の映画祭が開かれている。

世界三大映画祭の受賞歴としては

などがある。

映画賞[編集]

以下4賞が代表的な映画賞といわれ、授賞式は主催または後援するテレビ局で生中継される。(カッコ内は授賞式の開催月)

政府と映画の関係[編集]

映画製作への公的資金援助も行われている。国立の芸術家養成施設である韓国芸術総合学校の映像院や、公的機関である韓国映画振興委員会付属の映画学校である韓国映画アカデミーなどを経てデビューする映画人も映画界を支えている。国内の映画館に、年間一定日数以上の韓国映画上映を義務づけるスクリーンクォータ制度が実施されている。検閲は廃止されたが、映像物等級委員会により行われるレイティングは日本より厳しく、小学生も鑑賞できると判定される映画はファミリー映画など一部の作品に限られる。

スクリーンクォータ制度是非論[編集]

韓国の映画会社は中小規模のものが多く、経済的基盤が脆弱である。ハリウッド映画などの大資本の映画作品が韓国国内に流入すると、韓国映画が廃れるという危機感を映画関係者や俳優などは持っている。「映画は文化」の大義のもとスクリーンクォータ制が導入され維持されている。

アメリカ合衆国からかたたびたび廃止、自由化を求められていたこと、韓国政府による韓米FTA締結推進目的から、韓国政府は2006年、年間上映日数の40%を韓国映画とする保護を緩めて、半数に減らすことに決定。この決定を受けてイ・ビョンホンチャン・ドンゴンをはじめとした韓国の俳優陣は韓国映画の保護を求めて「映画人リレー一人デモ」をしたり、座り込みをするなどをして反対運動をおこなった[5][6]

韓国映画興行成績ランキング[編集]

韓国[編集]

(配給会社、公開年度共に韓国公開時のもの。作品名は邦題。) 以下を参考に編集

  • 2001年まで公開の作品の観客数:スポーツKHAN(スポーツ京郷) 2009-01-09 22:11:29

   (http://sports.khan.co.kr/news/sk_index.html?cat=view&art_id=200901092211293&sec_id=540401&pt=nv

  ※2001年まで公開の作品は全国動員数の統計がないため推測値や概算となる

  

<

順位 作品 配給会社 公開年度 観客動員数
1 バトル・オーシャン 海上決戦 CJエンタテインメント 2014年 17,613,682人
2 国際市場で逢いましょう CJエンタテインメント 2014年 14,257,115人
3 ベテラン CJエンタテインメント 2015年 13,414,009人
4 グエムル-漢江の怪物- ショーボックス 2006年 13,019,740人
5 10人の泥棒たち ショーボックス 2012年 12,983,330人
6 7番房の奇跡 ネクストエンタテインメントワールド 2013年 12,811,206人
7 暗殺 ショーボックス 2015年 12,705,770人
8 王になった男 CJエンタテインメント 2012年 12,319,542人
9 王の男 CJエンタテインメント 2006年 12,302,831人
10 ブラザーフッド ショーボックス 2004年 11,746,135人
11 新感染 ファイナル・エクスプレス ネクストエンタテインメントワールド 2016年 11,565,479人
12 TSUNAMI -ツナミ- CJエンタテインメント 2009年 11,453,338人
13 弁護人 ネクストエンタテインメントワールド 2013年 11,375,944人
14 シルミド シネマサービス 2003年 11,081,000人
15 華麗なるリベンジ ショーボックス 2016年 9,707,581人
16 スノーピアサー CJエンタテインメント 2013年 9,349,991人
17 観相師 ショーボックス 2013年 9,134,586人
18 パイレーツ ロッテエンタテインメント 2014年 8,666,046人
19 怪しい彼女 CJエンタテインメント 2014年 8,656,397人
20 国家代表!? ショーボックス 2009年 8,487,894人
21 D-WARS ディー・ウォーズ ショーボックス 2007年 8,426,973人
22 過速スキャンダル ロッテエンタテインメント 2008年 8,245,523人
23 友へ チング コリアピクチャーズ 2001年 8,181,377人
24 トンマッコルへようこそ ショーボックス 2005年 8,008,622人
25 コンフィデンシャル 共助 CJエンタテインメント 2016年 7,817,533人
26 ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆 CJエンタテインメント 2015年 7,759,431人
27 密偵 ワーナー・ブラザーズ・コリア 2016年 7,500,420人
28 神弓 KAMIYUMI ロッテエンタテインメント 2011年 7,470,633人
29 サニー 永遠の仲間たち CJ E&M Pictures 2011年 7,362,467人
30 光州5・18 CJエンタテインメント 2007年 7,307,993人
31 ベルリンファイル CJエンタテインメント 2013年 7,166,199人
32 トンネル 闇に鎖された男 ショーボックス 2016年 7,120,508人
33 インサイダーズ/内部者たち ショーボックス 2016年 7,072,015人
34 シークレット・ミッション ショーボックス 2013年 6,959,083人
35 哭声/コクソン 20世紀フォックス・コリア 2016年 6,879,908人
36 タチャ イカサマ師 CJエンタテインメント 2006年 6,847,777人
37 グッド・バッド・ウィアード CJエンタテインメント 2008年 6,686,912人
38 私のオオカミ少年 CJエンタテインメント 2012年 6,654,837人
39 カンナさん大成功です! ショーボックス 2006年 6,619,498人
40 アジョシ CJエンタテインメント 2010年 6,282,774人
41 王の運命―歴史を変えた八日間― ショーボックス 2015年 6,246,849人
42 シュリ サムスンピクチャーズ(提供) 1999年 6,209,893人
43 チョン・ウチ 時空道士 CJエンタテインメント 2009年 6,136,928人
44 マイ・ボス マイ・ヒーロー2 リターンズ CJエンタテインメント 2006年 6,105,431人
45 ノーザン・リミット・ライン 南北海戦 ネクストエンタテインメントワールド 2015年 6,043,784人
46 JSA CJエンタテインメント 2000年 5,830,228人
47 家門の危機 ショーボックス 2005年 5,635,266人
48 かくれんぼ ネクストエンタテインメントワールド 2013年 5,604,104人
49 ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女 ロッテエンタテインメント 2016年 5,599,229人
50 テロ、ライブ ロッテエンタテインメント 2013年 5,583,596人
51 監視者たち ネクストエンタテインメントワールド 2013年 5,508,017人
52 義兄弟 SECRET REUNION ショーボックス 2010年 5,507,106人
53 プリースト 悪魔を葬る者 CJエンタテインメント 2015年 5,442,553人
54 ザ・キング ネクストエンタテインメントワールド 2016年 5,316,075人
55 ワンドゥギ CJエンタテインメント 2011年 5,310,510人
56 花嫁はギャングスター コリアピクチャーズ 2001年 5,260,451人
57 殺人の追憶 CJエンタテインメント 2003年 5,255,376人
58 ザ・タワー 超高層ビル大火災 CJ E&M 映画部門 2012年 5,181,014人
59 マラソン ショーボックス 2005年 5,148,022人
60 大変な結婚 シネマサービス 2002年 5,089,966人
61 チェイサー ショーボックス 2008年 5,071,619人
62 同い年の家庭教師 CJエンタテインメント 2003年 4,937,573人
63 MASTER マスター CJエンタテインメント 2016年 4,935,304人
64 風と共に去りぬ!? ネクストエンタテインメントワールド 2012年 4,909,937人
65 猟奇的な彼女 シネマサービス 2001年 4,882,495人
66 あなた、その川を渡らないで CGVアートハウス,デミョン文化工場 2014年 4,801,527人
67 朝鮮名探偵 トリカブトの秘密 ショーボックス 2011年 4,786,259人
68 群盗 ショーボックス 2014年 4,774,895人
69 悪いやつら ショーボックス 2012年 4,719,872人
70 新しき世界 ネクストエンタテインメントワールド 2013年 4,682,492人
71 トガニ 幼き瞳の告発 CJエンタテインメント 2011年 4,662,822人
72 僕の妻のすべて ネクストエンタテインメントワールド 2012年 4,598,583人
73 ヨンガシ 変種増殖 CJエンタテインメント 2012年 4,515,833人
74 風林高 シネマサービス 2001年
75 パンドラ ネクストエンタテインメントワールド 2016年 4,313,570人
76 カン・チョルジュン 公共の敵1-1 シネマサービス 2008年 4,300,670人
77 お嬢さん CJエンタテインメント 2016年 4,299,951人
78 おばあちゃんの家 CJエンタテインメント 2002年 4,193,826人
79 サスペクト 哀しき容疑者 ショーボックス 2013年 4,131,248人
80 建築学概論 ロッテエンタテインメント 2012年 4,110,645人
81 タイフーン/TYPHOON CJエンタテインメント 2005年 4,094,395人
82 7級公務員 ロッテエンタテインメント 2009年 4,088,799人
83 セックス イズ ゼロ ショーボックス 2002年 4,082,797人
84 ダンシング・クイーン CJエンタテインメント 2012年 4,057,546人
85 私たちの生涯最高の瞬間 サイダスFNH 2008年 4,044,582人
86 タチャ 神の手 CJエンタテインメント 2014年 4,015,361人

日本[編集]

(配給会社、公開年度     

     

作品 配給会社 公開年度 興行収入  観客動員数
私の頭の中の消しゴム GAGA USEN 2005年 30億円  
四月の雪 UIP 2005年 27.5億円 270万人
僕の彼女を紹介します ワーナー 2004年 20億円 137万人
シュリ アミューズ 2000年 18億円 130万人
ブラザーフッド UIP 2004年 15億円  
JSA アミューズ 2001年 11.6億円  
ボイス ウォルト・ディズニー・スタジオ 2003年 10億円  
誰にでも秘密がある 東芝エンタテインメント 2004年 9億円  
スキャンダル シネカノン松竹 2004年 9億円  
甘い人生 角川映画 2005年 6.5億円  
シルミド 東映 2004年 6億円 50万人

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 「シナリオ作家対談 石森史郎vs金志軒 -日韓ライター顔合わせ- 書くこと・生きること・想うこと」『月刊シナリオ』 日本シナリオ作家協会1979年8月、87-91頁。
  2. ^ (朝鮮語)公式サイト。映画、テレビの2部門がある。テレビはドラマ、教養番組、芸能番組(娯楽番組)が対象。授賞式はSBS系列で中継放送される。第37回(2001年)までは演劇部門もあった。第1回は1965年。第39回(2003年)までは韓国日報社が主催していた。(朝鮮語)第39回公式サイト参照。
  3. ^ (朝鮮語)公式サイト。第1回は1962年。
  4. ^ (朝鮮語)公式サイト。第1回(2002年)はMBC映画賞として開催。
  5. ^ 2006年7月2日 Innolife.netイ・ビョンホン、「スクリーンクォーター問題は、映画界だけの問題ではありません。」
  6. ^ 2006年2月9日JANJAN映画俳優チャン・ドンゴンが国会で1人デモ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]