Ϝ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
Digamma uc lc.svg
ギリシア文字
Αα アルファ Νν ニュー
Ββ ベータ Ξξ クシー
Γγ ガンマ Οο オミクロン
Δδ デルタ Ππ パイ
Εε エプシロン Ρρ ロー
Ζζ ゼータ Σσς シグマ
Ηη イータ Ττ タウ
Θθ シータ Υυ ウプシロン
Ιι イオタ Φφ ファイ
Κκ カッパ Χχ カイ
Λλ ラムダ Ψψ プシー
Μμ ミュー Ωω オメガ
使われなくなった文字
Digamma uc lc.svg
(Pamphylian digamma uc lc.svg)
ディガンマ San uc lc.svg サン
Heta uc lc.svg ヘータ Sho uc lc.svg ショー
ギリシアの数字
Stigma uc lc.svg スティグマ Sampi uc lc T-shaped.svg
(Sampi uc lc.svg)
サンピ
Qoppa uc lc.svg
(Qoppa new uc lc.svg)
コッパ

Ϝ, ϝ(ディガンマ、δίγαμμα、またはウアウ[1])は、使われなくなったギリシャ文字のひとつである。

本来はアルファベットの第6字で、数価[2]6である。ただし現在では数の6はϚスティグマ = シグマタウの合字)を使って書かれる。

ラテン文字F の文字のもとになった文字である。エトルリア語ではギリシア語にない[f]の音を表すために、古くはϜΗ(vh)と書いてこの音を表した。エトルリア人から文字を伝えられたラテン人はこの最初の文字だけで[f]を表した[3]

起源[編集]

フェニキア文字 𐤅 Phoenician waw.svg(ワウ)に由来する。初期のギリシア語には半母音[w]が音素として存在し、多くの方言ではこの文字で表記された。しかし古典ギリシア語のもとになったアッティカ方言では早く[w]は消滅したため、この字は数字としてのみ用いられるようになった。文字名称はおそらくセム語と同じくワウ(Ϝαῦ)だったと思われるが、文献的証拠は時代の新しいものしか存在しない。後にハリカルナッソスのディオニュシオス(紀元前1世紀)らはその形からディガンマ(δίγαμμα、2つのΓ)と呼ぶようになった[4]

数の6を表す用法としては後世さまざまに字形が変化し、最終的に7-8世紀ごろ合字στ(st)と混同されて「スティグマ」と呼ばれるようになった[4]

なお母音を表す Υ(ユプシロン)も同じフェニキア文字ワウの別形に由来するが、セム語アルファベットの最後の字であるτの次に置かれた[4][5]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ϝ U+03DC - Ϝ
Ϝ
ϝ U+03DD - ϝ
ϝ
古期
Ͷ U+0376 - Ͷ
Ͷ
ͷ U+0377 - ͷ
ͷ
N-ディガンマ

U+0376/0377の字はパンフィリア地方(現在のトルコ南部のアンタルヤ県)の碑文で使われた[w]を表す文字で、通常のディガンマとは使い分けられた[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平凡社「世界大百科事典」より。
  2. ^ 文字に当てはめられた数値のこと。ギリシアの数字を参照。
  3. ^ ボンファンテ(1996) pp.34-35
  4. ^ a b c Allen (1987) pp.47-48
  5. ^ Allen (1987) p.171
  6. ^ Nick Nicholas (2005-01-05), Proposal to add Greek epigraphical letters to the UCS, http://www.unicode.org/L2/L2005/05003r-epigraphical.pdf 

参考文献[編集]

  • W. Sidney Allen (1987) [1968]. Vox Graeca (3rd ed.). Cambridge University Press. ISBN 0521335558. 
  • ラリッサ・ボンファンテ『エトルリア語』小林標訳、学藝書林、1996年。ISBN 4875170165