西方ギリシア文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kirchhoff (1887) による分類
  西方(クマエエウボイア

西方ギリシア文字(Western Greek alphabet)とは、紀元前8世紀から紀元前5世紀頃の初期ギリシア文字群の内、西方地域に分布したギリシア文字・字形の総称。エウボイア島周辺からペロポネソス半島、そしてイタリア半島にかけて分布した。エウボイア文字(Euboean alphabet)とも呼ばれる。後に東方の字形(東方ギリシア文字)が標準になったため、区別してこう呼ばれる。

この文字は、エウボイア島(ユービア島)から、イスキア島やイタリア半島の植民市・クマエへ持ち込まれ、ほぼそのままの形で最初期のエトルリア文字ラテン文字などの古イタリア文字を派生した。この流れは歴史的に重要視され、クマエ文字(Cumaean alphabet)とも呼ばれる。

一覧[編集]

フェニキア文字(参考) Phoenician aleph.svg Phoenician beth.svg Phoenician gimel.svg Phoenician daleth.svg Phoenician he.svg Phoenician waw.svg Phoenician zayin.svg Phoenician heth.svg Phoenician teth.svg Phoenician yodh.svg Phoenician kaph.svg Phoenician lamedh.svg Phoenician mem.svg Phoenician nun.svg Phoenician samekh.svg Phoenician ayin.svg Phoenician pe.svg Phoenician sade.svg Phoenician qoph.svg Phoenician res.svg Phoenician sin.svg Phoenician taw.svg
標準形(東方)
[現代形]
Α Β Γ Δ Ε Ϝ[1] Υ Ζ[2] Η
(/ē/)
Θ Ι Κ Λ Μ Ν Ξ
(/ks/)
Ο Π Ϻ Ϙ Ρ Σ Τ Φ Χ
(/kʰ/)
Ψ
(/ps/)
Ω
エウボイア文字(西方) Greek Alpha 03.svg Greek Beta 13.svg Greek Gamma pointed.svg Greek Delta 04.svg Greek Epsilon archaic.svg Greek Digamma oblique.svg[1] Greek Upsilon Twig-shaped.svg Greek Zeta archaic.svg[2] Greek Eta archaic.svg
(/h/)
Greek Theta archaic.svg Greek Iota normal.svg Greek Kappa normal.svg Greek Lambda Athenean.svg Greek Mu archaic.svg Greek Nu archaic.svg Greek Omicron normal.svg Greek Pi rounded.svg Greek San 02.svg Greek Koppa normal.svg Greek Rho 03.svg Greek Sigma Z-shaped.svg Greek Tau normal.svg Greek Phi normal.svg Greek Chi normal.svg
(/ks/)
Greek Psi straight.svg
(/kʰ/)
ラテン文字転写 A B C/G[3] D E F[1] V/U Z[3] E TH I/J K L M N X O P Q R S T PH CH
H - X

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Ϝ(ディガンマ)/w/ はエトルリア文字で/v/を表し、ラテン語でF (/f/) となった。
  2. ^ a b Ζ/Greek Zeta archaic.svg(ゼータ)の古代の発音は/zd/、/dz/。
  3. ^ a b 古ラテン語では紀元前3世紀頃に文字CからGが作られC(/k/)とG(/g/)とが書き分けられるようになった。アルファベットはその時期にZ(/z/)を取り去り、Gの文字に置き換えられた