ミケーネ・ギリシャ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミケーネ・ギリシャ語
話される国 バルカン半島南部/クレータ島
話者数
言語系統
表記体系 線文字B
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 gmy
Linguist List gmy
 
テンプレートを表示

ミケーネ・ギリシャ語 (ミュケーナイ・ギリシャ語) とはギリシャ本土、クレータ島、キュプロスで紀元前16世紀~12世紀に話されていた、ギリシャ語の中で最も古い言語である。この言語は線文字Bで綴られており、紀元前14世紀以前のクレータ島で発見された碑文が最も古いものであるとされる。これらの碑文のほとんどは中央クレータ島のクノッソスペロポネソス半島南西のピュロス等で出土した粘土板上で見つかっている。他の石版はクレータ島西のカニアテーバイティーリュンスでミュケーナイ自体で見つかっている[1]

ミュケーナイ・ギリシャ語の呼び名はミュケーナイ・ギリシャの中心地の一つに因んでいる。石版は長い間読み解かれず、マイケル・ヴェントリスが数々の証拠よってこの言語がギリシャ語の早期の形であると1952年に読み解くまで考えられる全ての言語が提案されていた。石版の文章のほとんどが表や目録であり、散文や神話や詩等は残っていない。しかし、これらの記録から暗黒時代以前の人々について垣間見える。

綴り[編集]

線文字Bで書かれたミュケーナイ・ギリシャ語の石版. Archaeological Museum of Mycenae.

ミュケーナイ・ギリシャ語は およそ200ヶの音節文字と表語文字からなる線文字Bの文章として残っている。線文字Bは未だ読み解かれていないミノア語の文字である線文字Aから分かれており、ミュケーナイ・ギリシャ語の音韻を十分には反映していない。また線文字Bはギリシャ語を示すために必要な音声が足りていないため、かなり単純化して示されている。

主な綴りの単純化を以下に示す。[2]

単純化内容 例え
線文字B 転写 発音 意味
t, dを除き、有声音有気音
無気無声音と区別されない
𐀁𐀒 Linear B Syllable B038 E.svgLinear B Syllable B070 KO.svg e-ko egō
ekhō 私は持つ
子音の前のmとn、
音節末のl, m, n, r, sは省かれる。
𐀞𐀲 Linear B Syllable B003 PA.svgLinear B Syllable B059 TA.svg pa-ta panta 全て
𐀏𐀒 Linear B Syllable B077 KA.svgLinear B Syllable B070 KO.svg ka-ko khalkos
連続する子音の間には
母音が差し込まれる
𐀡𐀵𐀪𐀚 Linear B Syllable B011 PO.svgLinear B Syllable B005 TO.svgLinear B Syllable B053 RI.svgLinear B Syllable B024 NE.svg po-to-ri-ne ptolin
古希 polin
町を
rとlは分かたれていない 𐀣𐀯𐀩𐀄 Linear B Syllable B016 QA.svgLinear B Syllable B041 SI.svgLinear B Syllable B028 RE.svgLinear B Syllable B010 U.svg qa-si-re-u gʷasileus
古希 basileus
語頭のhは示されない 𐀀𐀛𐀊 Linear B Syllable B008 A.svgLinear B Syllable B030 NI.svgLinear B Syllable B057 JA.svg a-ni-ja hāniai 手綱
長母音は示されない
通常zで映される子音はおそらく*dʲ、
または語頭の*j, *kʲ, *gʲを表す [3]
qはkʷ、gʷ、gʰʷを表す 𐀣𐀄𐀒𐀫 Linear B Syllable B032 QO.svgLinear B Syllable B010 U.svgLinear B Syllable B070 KO.svgLinear B Syllable B002 RO.svg qo-u-ko-ro gʷoukoloi
古希 boukoloi
牛飼い達
子音の前に立つ語頭のsは綴られない 𐀲𐀵𐀗 Linear B Syllable B059 TA.svgLinear B Syllable B005 TO.svg Linear B Syllable B015 MO.svg ta-to-mo stathmos 立ち所
二重子音は示されない 𐀒𐀜𐀰 Linear B Syllable B070 KO.svgLinear B Syllable B052 NO.svgLinear B Syllable B012 SO.svg ko-no-so Knōsos クノーッソス(地名)


これらの決まりに加えて複数の音が同音になることで、見せかけの同音異義語が生まれてしまう。[4]

長い単語は語中または語尾を省くことができる。

  • ミュケーナイ・ギリシャ語は線文字Bで書かれており、半母音/w, j/、流音/m, n, r/、摩擦音/s/、閉鎖音の/p, t, d, q, z/と、まれに/h/が区別される。
  • 有声・無声・帯気音は全て同じに綴られ、/t, tʰ/と/d/のみが書き分けられる。
  • 流音の/r/と/l/は共に/r/と綴られる。
  • /h/はaに続くときのみ書き分けられるが、その他の場合では書き分けられない。
  • 母音と子音の長さは書き表せない。
  • 多くの環境で母音に続かない子音を記すことができず、次の音節の母音を挟むか子音を省いて綴られる。

音韻[編集]

両唇音 歯茎音 硬口蓋音 軟口蓋音 唇音化軟口蓋音 声門音
鼻音 [m] [n]
破裂音 有声音 [b] [d] [dz]? [ɡ] [ɡʷ]
無声音 [p] [t] [ts]? [k] [kʷ]
有気音 [pʰ] [tʰ] [kʰ] [kʷʰ]
摩擦音 [s] [h]
接近音 [j] [w]
震え音 [r]
側面音 [l]
  • 古典ギリシャ語に比べミュケーナイ・ギリシャ語は環境や方言において/b, p, pʰ/または/d, t, tʰ/となった唇音化軟口蓋子音の/ɡʷ, kʷ, kʷʰ/を残している等、印欧語族の古い特徴をいくつか残している。
  • 後に全ての方言で失われた印欧祖語の/j/や母音間の/h/が残っている。
  • アッティケー方言では失われたがいくつかの方言では残っていたディガンマやFやβと記された/w/を残している。
  • /z/と綴られていた音の発音は明らかではなく、単子音なのか無声二重子音なのか有声二重子音なのかすらわかっていない。
  • /z/は/kʲ/, /gʲ/, /dʲ/または語頭のいくつかの/j/に由来し、後のギリシャ語ではζと綴られ、アッティケー方言では/zd/の音となっている。
  • 母音は少なくとも/a, i, u, e, o/の5母音あり、長短の分かちもあったと考えられている。

このため記された語の実際の発音は綴りからは定めがたく、印欧祖語での語源や古典ギリシャ語での語形からや一貫性のない綴りの組み合わせを用いて組み立てなおされている。しかし意味が明らかではない場合やギリシャ語の諸方言に残っていない場合などは正しい音がわかっていない。

形態学[編集]

ミュケーナイ・ギリシャ語では主格属格与格対格具格地格呼格の7つのを持っていたが、古典ギリシャ語では主格・属格・与格・対格・呼格の5つに、現代ギリシャ語では主格・属格・対格・呼格の4つにまで減っている。[5]

印欧祖語 ミュケーナイギリシャ語 古典ギリシャ語 現代ギリシャ語
主格 主格 主格 主格
呼格 呼格 呼格 呼格
対格 対格 対格 対格
属格 属格 属格 属格
奪格
与格 与格 与格
処格 処格
具格 具格

特徴[編集]

ミュケーナイ・ギリシャ語はすでにギリシャ語特有の変化を遂げているのですでにギリシャ語であると考えられている。[6]

音韻変化

  • 語頭及び母音間の*sは/h/となった。
  • 有声帯気音は無声化した。
  • 流音節は/ar, al/または/or, ol/となった。
  • 鼻音節は/a/または/o/となった。
  • *kʲと*tʲは母音の前で/s/となった。
  • 語頭の*jは/h/またはζ(音値不明)となった。
  • *gʲと*dʲはζとなった。

形態学的変化

  • 行為者の名詞を作る-eusを用いる。
  • 三人称単数の語尾に-eiを用いる。
  • 不定法の語尾に-ein(-e-enから)を用いる。

語彙[編集]

線文字B 転写 発音 古典ギリシャ語 古希語音写 意味
𐀷𐀙𐀏 Linear B Syllable B054 WA.svgLinear B Syllable B006 NA.svgLinear B Syllable B077 KA.svg wa-na-ka *wanax ἄναξ anax
𐀣𐀯𐀩𐀄 Linear B Syllable B016 QA.svgLinear B Syllable B041 SI.svgLinear B Syllable B028 RE.svgLinear B Syllable B010 U.svg qa-si-re-u *gʷasileus βασιλεύς basileus
𐀏𐀒 Linear B Syllable B077 KA.svgLinear B Syllable B070 KO.svg ka-ko *kʰalkos χαλκός khalkos
𐀁𐀨𐀺 Linear B Syllable B038 E.svgLinear B Syllable B060 RA.svgLinear B Syllable B042 WO.svg e-ra-wo *elaiwon ἔλαιον elaion オリーブ油
𐀁𐁉𐀺 Linear B Syllable B038 E.svgLinear B Syllable B033 RA3.svgLinear B Syllable B042 WO.svg e-rai-wo
𐀳𐀃 Linear B Syllable B004 TE.svgLinear B Syllable B061 O.svg te-o *tʰeos θεός theos
𐀴𐀪𐀠 Linear B Syllable B037 TI.svgLinear B Syllable B053 RI.svgLinear B Syllable B011 PO.svg ti-ri-po *tripos τρίπους tripous 三つ足、鼎

総体[編集]

ミュケーナイ時代のギリシャ語で書かれた文章はLMIIからLHIIIBに線文字Bで陶器片や板に書かれたおよそ6000あるが、線文字B以外で書かれたものや音写されたものは未だ見つかっていない。仮に本物であれば紀元前17世紀のカフカニアの小石がミュケーナイ、ひいてはギリシャ語最古の記録になるが、おそらくでまかせである。[7]

関連項目[編集]

ノート[編集]

  1. ^ Chadwick, John (1976). The Mycenaean World. Cambridge UP. ISBN 0-521-29037-6. 
  2. ^ Ventris and Chadwick (1973) pages 42–48.
  3. ^ Ventris and Chadwick (1973) page 389.
  4. ^ Ventris & Chadwick (1973) page 390.
  5. ^ Andrew Garrett, "Convergence in the formation of Indo-European subgroups: Phylogeny and chronology", in Phylogenetic methods and the prehistory of languages, ed. Peter Forster and Colin Renfrew (Cambridge: McDonald Institute for Archaeological Research), 2006, p. 140, citing Ivo Hajnal, Studien zum mykenischen Kasussystem. Berlin, 1995, with the proviso that "the Mycenaean case system is still controversial in part".
  6. ^ Ventris & Chadwick (1973) page 68.
  7. ^ Thomas G. Palaima, "OL Zh 1: QVOVSQVE TANDEM?" Minos 37-38 (2002-2003), p. 373-85 full text

参考文献[編集]

  • Chadwick, John (1990) [1958]. The Decipherment of Linear B (2nd ed.). Cambridge University Press. ISBN 0-521-39830-4. 
  • Chadwick, John (1976). The Mycenaean World. Cambridge University Press. ISBN 0-521-29037-6. 
  • Ventris, Michael; Chadwick, John (1953年). “Evidence for Greek dialect in the Mycenaean Archives”. Journal of Hellenic Studies 73: 84–103. doi:10.2307/628239. JSTOR 628239. 
  • Ventris, Michael; Chadwick, John (1973) [1956]. Documents in Mycenaean Greek (2nd ed.). Cambridge University Press. ISBN 0-521-08558-6. 
  • Bartoněk, Antonin (2003). Handbuch des mykenischen Griechisch. Universitätsverlag C. Winter. ISBN 3-8253-1435-9. 

関連文献[編集]

  • Easterling, P & Handley, C. Greek Scripts: An illustrated introduction. London: Society for the Promotion of Hellenic Studies, 2001. ISBN 0-902984-17-9

外部リンク[編集]