ギリシア文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ギリシア文学とはギリシア語で書かれた文学作品の総称。最も古くかつ最も知られた古代ホメーロスから現代の作家にいたるまで、その歴史と展開は幅広い。ヘレニズム文化のもとでギリシア語は古代東地中海世界の共通語となったため、非ギリシア人による著作も多い。古代から中世にかけての言語状況に関してはギリシア語の項を参照。

歴史[編集]

古代[編集]

紀元前8世紀ギリシア神話に取材した『イーリアス』や『オデュッセイア』などのホメーロスによる叙事詩群が現存する最も古いギリシア詩作品である。ギリシア文学の最古の作品はみな韻文であり、であった。古代ギリシアにおいて、ホメーロスも、その作品の素材であるギリシア神話も単なる虚構ではなく、について述べ、知や法律について文化のあらゆる面で規範を与えるものであった。『神統記』、『労働と日々』を残したヘーシオドスや、他の詩人もまたそのように尊ばれた。しかし多くの詩人の作品は失われ、後世に引用された断片のみが現代に伝わっている。詩の守護神はアポロンムーサたちである。古代ギリシアにおいて詩は音楽をつけて吟唱され、文芸を意味する語「ムーシケー」は同時に「音楽」を意味した。英語のmusicなど、現代ヨーロッパ語の音楽を意味する語はこの「ムーシケー」に由来するものが多い。この時期には現在知られている主な詩形と詩脚が登場していた。詩形には叙事詩のほかディテュランボスなどがある。ディテュランボスの著名な詩人としてはシモニデスピンダロスなどが挙げられる。また、タレスに始まるギリシア哲学も、ソクラテス以前の哲学者には詩の形で書かれた。紀元前5世紀頃の富裕な階層にとって、教育とは第一に上述の古代の詩を暗誦することであった。

アテナイ黄金期[編集]

紀元前5世紀から裁判政治の場で用いるための弁論術が発達し、ソフィストが各地を旅行してその技法を有償で講義した。アテナイソクラテスも同時代人からはこのようなソフィストの一人とみなされたようである。一方当時のアテナイでは演劇が発達し、三大悲劇詩人、また喜劇作家アリストパネスらが出て、アッティカ地方で文芸が発展した。

ソクラテスの弟子プラトン紀元前427年 - 紀元前347年)はこのような思潮に反発し、ソフィストと異なる知のあり方、愛智φιλοσοφια、ピロソピアー)を説くとともに、教育に用いる詩を道徳的観念から制限しイデアを認識することを最終過程におく教育法を提唱した。『国家』によれば詩は模倣の技術であり、真の知識ではなく、詩人は理想国家には己の場所を持たない(詩人追放論)。プラトンは対話篇形式を考案し、それまでの韻文による哲学に代わって散文による思索を導入した。プラトンに続くアリストテレス紀元前384年 - 紀元前322年)は散文による哲学を推し進める一方、『詩学』において再び詩の教育的効果を説くとともに、詩形式を分類し、悲劇をもっとも優れた詩とみなした上で、『オイディプス王』などの優れた悲劇作品を分析して、その構造と本質を究明した。

また同じ時期の散文分野には、『歴史』により西洋歴史学の祖となったヘロドトス、『戦史』を残したトゥキディデスなどの歴史家、『アナバシス』や『ソクラテスの思い出』を残した文筆家クセノポンなどが現れた。雄弁家イソクラテスが母音調和を説いたのもこの頃である。

ヘレニズム期[編集]

紀元前336年に国王に即位したマケドニア王国アレクサンドロス大王シリアエジプトメソポタミアペルシアトランスオクシアナインド北西部などの古代オリエント世界が征服され、ギリシア語地域が拡大すると、ギリシア文学もまたその舞台を広げ、各地で相互に文化的影響を与え合った。この時期をヘレニズム期という。ギリシア語世界の拡大によりギリシア地域の政治的地位は低下したが、ギリシア文化は一層の展開をみせた。ヘレニズム期の文化において重要な都市は、エジプトアレクサンドリアである。プトレマイオス朝は学芸を保護し、アレクサンドリアに研究機関ムーサイオンを置いた。これは「アレクサンドリアの図書館」としても知られる。ヘレニズム期にはまた、古伝承を収集する動きが起こった。現在「ギリシア神話」として知られる内容はこの頃に文章化されたものが多い。

古代ローマ期[編集]

ピリッポス2世以後ギリシャの大部分統治していたマケドニア王国(アンティゴノス朝)が、第三次マケドニア戦争によって紀元前168年ローマ共和国に滅ぼされ、ギリシア全土がローマの支配下に置かれた後にはアテナイも再び重要な場所となった。口語であるコイネー共通語の意味)に対して、文章語としてアッティカ方言が規範視され、『対比列伝』のプルタルコス、『歴史』のポリュビオスなどの著作家が現れた。表現の技法である弁論術の研究も発達し、偽ロンギヌスによる『崇高について』など文体研究についての著述も行われた。

ローマ帝国では禁教とされたキリスト教の信仰が313年コンスタンティヌス1世ミラノ勅令によって公認されると、キリスト教文書の著述も盛んに行われるようになった。キリスト教はその始点において、コイネーによる『旧約聖書』(七十人訳聖書)と『新約聖書』を教団の文書として有していたが、正典化が行われてその範囲が確定した。キリスト教典礼のために数多くの詩(聖歌カノン)が書かれた。一方で古代以来の悲劇はギリシアの神々に捧げる異教的なものとしてキリスト教信者が見に行くことは禁じられ、キリスト教が隆盛するにつれて、古来の詩形式のうち相当が衰微した。アレクサンドリアの図書館は火災にあい、その蔵書はすべて失われた。ローマ皇帝ユスティニアヌス1世529年アカデメイアを初めとするアテナイの非キリスト教学校すべての閉鎖を命じ、古代以来の学芸の伝統はここに一時衰微した。

中世[編集]

東ローマ帝国はその領域の大半が東地中海のギリシア語圏であり、7世紀のヘラクレイオス帝の時代以降は公用語がギリシア語となった。9世紀に入るとコンスタンティノポリス総主教フォティオス1世らが古典研究を推進し、さらに867年に成立したマケドニア王朝の下で古代ギリシアの古典作品が見直された。また、10世紀の皇帝コンスタンティノス7世は国家事業として古典作品の収集を進めた。

13世紀のパレオロゴス朝1261年1453年)にはギリシア語による史書の著述や古典の研究がさらに盛んになり、東ローマ帝国の首都コンスタンティノポリスはギリシア語文化の中心となった。

1453年のオスマン帝国コンスタンティノポリスを攻略し、東ローマ帝国が滅亡すると、帝国の亡命知識人により西ヨーロッパへ大量のギリシャ古典の写本が流入し、イタリアルネサンスにおける古典復興が準備された。

近代以降[編集]

影響[編集]

高度な文化地域であった古代ギリシア文学は、古代ローマラテン文学形成に多大な影響を与えた。

関連項目[編集]