ヘーパイストス神殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヘーパイストス神殿
Ναός Ηφαίστου
Temple of Hephaestus
Hephaistos Temple.JPG
別名 ヘーパイスティオン
テーセウス神殿
正教会 ゲオルギウス聖堂
概要
建築様式 ドーリア式神殿
所在地 アテナイのアゴラ
自治体 アテネ
ギリシャの旗 ギリシャ
座標 北緯37度58分32.22秒 東経23度43分17.01秒 / 北緯37.9756167度 東経23.7213917度 / 37.9756167; 23.7213917座標: 北緯37度58分32.22秒 東経23度43分17.01秒 / 北緯37.9756167度 東経23.7213917度 / 37.9756167; 23.7213917
着工 BC449
完成 BC416 - BC415
寸法
13.708m × 31.776m
技術的詳細
構造方式 石造建築構造(大理石)


ヘーパイストス神殿またはヘーパイスティオン英語: Temple of Hephaestus / Hephaisteionギリシア語: Ναός Ηφαίστου)はギリシャ アテネパルテノン北麓にあるアテナイのアゴラ内にある神殿。日本語で長母音を省略してヘファイストス神殿ヘファイステイオンと表記されることもある。

紀元前449年に建てられ始め、紀元前416年から415年頃に完成した。鍛冶屋や窯業者が集まる地区に建てられたため、炎と鍛冶の神とされたヘーパイストスを祀る神殿となった。なお、スキロス島で死んだテーセウスの遺骨を、キモンがアテナイに持ち帰ったことを記念してテーセウス神殿と呼ばれていたのではないかという説もある。

7世紀頃から1834年まで、神殿はギリシャ正教会の教会として用いられゲオルギウス聖堂と呼ばれていた。

建物の最も下の段が石灰岩でできているのを除けば、ほとんど全てがペンテリ(Penteli Mountain)産の大理石で造られた[1]神殿は、南北13.708m 東西31.776m(または38.24m[2])の大きさで、短辺は6本の、長辺は13本(総数34本)の円柱で屋根を支えるドーリア式建築物である。メトープMetope)にはヘラクレスの難行とテーセウスの英雄伝が彫られている[3]

現地へのアクセス[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ http://www.mesogeia.net/athens/places/agora/hephaisteion.html
  2. ^ http://www.perseus.tufts.edu/hopper/artifact?name=Athens%2C+Temple+of+Hephaistos&object=Building
  3. ^ 芸術と歴史の国 ギリシア 日本語版 p18 ローマ時代のアゴラ books.google.co.jp/books?isbn=8880297090