ソポクレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソポクレース
Sophokles
Sophokles.jpg
誕生 紀元前496年
アテナイ
死没 紀元前406年
職業 悲劇作家
代表作 オイディプス王
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ソポクレスソポクレースソフォクレスとも表記、古代ギリシャ語: ΣοφοκλῆςSophoklēs紀元前496年頃 - 紀元前406年頃)は、アテナイ悲劇作家、古代ギリシア三大悲劇詩人の一人に数えられる。

概要[編集]

紀元前468年以来、大ディオニュシア祭で24回もの優勝を重ねた。劇の作法について数編の論文を著すなど理論面を重視し、ギリシア悲劇というジャンルを完成させた。

悲劇作家として成功し、富裕な市民層に属した。

著作[編集]

123編の悲劇を書いたと言われるが、欠けずに現存するのはわずか7編。絶対なる運命=神々に翻弄されながらも、悲壮に立ち向かう人間を描いたものが多い。代表作『オイディプス王』は、ギリシャ悲劇中の珠玉とされ、今日に至るまで西洋文学や心理学の題材に多大な影響を与えている。

== 現存する作品 ==[1]

日本語訳[編集]

  • 『ギリシア悲劇全集』 岩波書店
  • 『ギリシア悲劇(2) ソポクレス』 筑摩書房ちくま文庫〉、初版1986年、ISBN 4480020128
  • 『希臘悲壯劇 ソポクレース』 理想社、1941年
  • 『ギリシア悲劇全集Ⅱ』 人文書院、1960年
  • 『ギリシャ悲劇全集Ⅱ』 鼎出版会、1978年
  • 『古典劇大系 第一巻希臘編(1)』 近代社、1925年
  • 『世界戯曲全集 第一巻・希臘編』 近代社、1927年
  • 『世界文學大系(2) ギリシア・ローマ古典劇集』 筑摩書房、1959年
  • 『ギリシア劇集』 新潮社、1963年


参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 下記の他に比較的初期の詩曲と推定されている、サテュロス劇『イクネウタイ(“追跡者”もしくは“足跡を辿る人々”)』の大断片が現存している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]