サミア (メナンドロス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

サミア』(: Σαμία, Samia)は、古代ギリシアの作家メナンドロスによるギリシア喜劇の1つ。『サモスの女[1][2]とも。

アテナイの富裕老人デーメアスとその愛人であるサモス島出身の遊女クリューシス、そして彼の養子モスキオーン、隣人である老人ニーケーラトスとその娘プランゴーン。老人2人が旅行に行っている間、モスキオーンとプランゴーンが祭で性交渉を行い、生まれた子供はクリューシスが引き取り、モスキオーンとプランゴーンの2人は結婚することになった。そこに事情を知らない老人2人が帰ってきて、誤解から様々な騒動が起き、それが解決されていく様が描かれる。

題名の「サミア」(サモスの女)とは、作中のサモス島出身の遊女クリューシスにちなむ。

欠損が激しい。上演年代は紀元前314年頃と推定される[3]

構成[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集2』 人文
  2. ^ 『全集5』 岩波
  3. ^ 『全集5』 岩波 p.377