ヘラクレスの子供たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヘラクレスの子供たち』(ヘラクレスのこどもたち、ヘーラクレイダイ、: Ἡρακλεῖδαι, Hērakleidai、: Heracleidae)は、古代ギリシアエウリピデスによるギリシア悲劇

ヘーラクレースの死後、彼の子供たちとその保護者イオラーオスが、ミュケーナイエウリュステウスの迫害を逃れ、アテナイデーモポーンに保護を求め、アテナイとミュケーナイが戦争、敗れたエウリュステウスが処刑される様が描かれる。

その作風・内容から、上演は紀元前430年頃と推定される[1]

構成[編集]

日本語訳[編集]

  • 『希臘悲壯劇 エウリーピデース 上』 田中秀央、内山敬二郎共訳、世界文學社、1949年
  • 『ギリシア悲劇全集 第3巻 エウリピデス篇Ⅰ』 湯井壮四郎訳、人文書院、1960年
  • 『ギリシャ悲劇全集Ⅲ エウリーピデース編 Ⅰ』 内山敬二郎訳、鼎出版会、1977年、
  • 『ギリシア悲劇Ⅲ エウリピデス(上)』 柳沼重剛訳、ちくま文庫、1986年
  • 『ギリシア悲劇全集5 エウリーピデースⅠ』 「ヘーラクレイダイ」池田黎太郎訳、岩波書店、1990年
  • エウリピデス『悲劇全集 1』丹下和彦訳、京都大学学術出版会〈西洋古典叢書〉 2012年

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集5』 岩波 p.422