女の議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

女の議会』(おんなのぎかい、: Ἐκκλησιάζουσαι, Ekklēsiazousai, エックレーシアズーサイ: Ecclesiazusae)は、古代ギリシアアリストパネスによるギリシア喜劇の1つ。

原題の「エックレーシアズーサイ」は、「エックレーシア民会)に出る女たち」の意味である[1]

男子に限定されていた当時のアテナイの民会に、女性たちが男装して参加し、自分たちに有利な決定をしていくという風刺的な内容が描かれる。

上演時期は紀元前393年から紀元前390年の間と推定される[2]

構成[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集4』 岩波 p.425
  2. ^ 『全集4』 岩波 p.428