エウメニデス (アイスキュロス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エウメニデス』(: Εὐμενίδες: Eumenides)は、アイスキュロスによるギリシア悲劇の1つであり、「オレステイア」三部作の中の一篇。『慈愛の女神たち[1]、『慈しみの女神たち[2]、『恵み深い女神たち[3]等とも。

復讐の女神たち(エリーニュエス)に取り憑かれたオレステースが、ヘルメースに付き添われながら、デルポイアポローン神殿、続いてアテナイアクロポリスアテーナイ神殿を訪ね、最後にアレイオス・パゴスの評決によって無罪となり、復讐の女神たち(エリーニュエス)が慈愛の女神たち(エウメニデス)へと変化するまでが描かれる。

表題「エウメニデス」(: Εὐμενίδες)とは、上記の通り、オレステースに取り憑いていた復讐の女神たち(エリーニュエス)が、アレイオス・パゴスにおける裁きを経、アテーナーの説得によって変化した形態である、慈愛の女神たちを指す。舞台上では、復讐の女神たち(エリーニュエス)の段階も含め、コロス(合唱隊)の役割を担う。

紀元前458年アテナイにおけるディオニューソス祭にて、「オレステイア」三部作の他の二篇、およびサテュロス劇『プローテウス』と共に上演された[4]

構成[編集]

日本語訳[編集]

  • 『アイスキュロス 悲壯劇』「仁慈なる女神達」 生活社、1943年
  • 『ギリシア悲劇全集1 アイスキュロス』「慈みの女神たち」 人文書院、1960年
  • 『ギリシャ悲劇全集1』「仁慈なる女神達」 鼎出版会、1979年
  • 『ギリシア悲劇1』「慈みの女神たち」 ちくま文庫、1985年
  • 『ギリシア悲劇全集1 アイスキュロス』「エウメニデス」 岩波書店、1990年
  • 『古典劇大系 第一巻・希臘編』「エウメニデス」 近代社、1925年
  • 『世界戯曲全集 第一巻・希臘編』「エウメニデス」 近代社、1927年
  • 『世界文學大系 2 ギリシア・ローマ古典劇集』「慈みの女神たち」 筑摩書房、1959年
  • 『筑摩世界文学大系4 ギリシア・ローマ劇集』「慈みの女神たち」 筑摩書房、1972年

脚注・出典[編集]

  1. ^ オレステイアとは - ブリタニカ国際大百科事典/コトバンク
  2. ^ 『ギリシャ悲劇I』 ちくま文庫
  3. ^ 『全集1』 岩波
  4. ^ 『全集1』 岩波 p.269

関連項目[編集]