ギリシア喜劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギリシア喜劇(ギリシアきげき、: κωμῳδία, コーモーイディアー)とは、古代ギリシアで、アテナイディオニュシア祭等で上演されていた喜劇

概要[編集]

ギリシア喜劇を意味する「コーモーイディアー」(: κωμῳδία, komoidia)は、「祭りの行列」を意味する「コーモス」(: κῶμος, komos)と、「歌」を意味する「オーイデー」(: ᾠδή, oide)の合成語であり、「祭りの行列の歌」の意味[1]。英語のcomedy等も、この語に由来する。

この「コーモス」とは、ディオニュソスの祭礼において、「男根」(パロス)のハリボテを先頭にして豊饒を祝いながら練り歩いたお祭り騒ぎの行列のこと。この際、卑猥な冗談や揶揄を交わしながら、男根崇拝歌(パリカ)や風刺歌が歌われたりしたが、そこからギリシア喜劇が発展したとされる[1][2]

(また、アリストテレスは、アテナイ人が郊外の村落を「デーモス」と呼ぶのに対して、ドーリア人は「コーメー」と呼ぶことと関連付けて、喜劇の起源を町を追われて郊外の村々を転々とした者を風刺したのが起源であり、自分達が発祥だとするドーリア人達の俗説も紹介している。[3]

紀元前5世紀頃、形式が確立した[1]

アリストテレスの規定では、悲劇は優れた者を描く(再現する)のに対して、喜劇は劣った者を描く(再現する)ものだという[4]

人物・作品[編集]

ギリシア喜劇のほとんどは散逸しており、現存するのは

等のみである。

訳書[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 喜劇とは - 世界大百科事典
  2. ^ 詩学』第4章
  3. ^ 詩学』第3章
  4. ^ 詩学』第2章

関連項目[編集]