女だけの祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

女だけの祭』(おんなだけのまつり、: Θεσμοφοριάζουσαι, Thesmophoriazousai, テスモポリアズーサイ: Thesmophoriazusae)は、古代ギリシアアリストパネスによるギリシア喜劇の1つ。『テスモポリア祭を営む女たち』とも[1]

原題の「テスモポリアズーサイ」は、動詞「テスモポリアゾー」の現在分詞女性複数形で、「テスモポリア祭を営む女たち」を意味する。テスモポリア祭とは、アテナイその他のポリスで行われた、女神デーメーテールペルセポネー母子に捧げられた女だけの祭のこと。アテナイではアッティカ暦ピュアネプシオーン月(現在のグレゴリオ暦の10月から11月)の11日から13日の3日間で行われた[2]

テスモポリア祭で女の敵として悲劇詩人エウリピデスを糾弾する女たちと、そこに潜入していたエウリピデスとその縁者のやり取りを滑稽に描く。

紀元前411年大ディオニューシア祭で上演されたと推定される[3]

構成[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集3』 岩波
  2. ^ 『全集3』 岩波 p.346
  3. ^ 『全集3』 岩波 p.343