田中秀央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田中 秀央(たなか ひでなか、1886年3月2日 - 1974年8月6日)は、日本の言語学者翻訳家。日本における西洋古典学の開拓者の一人。

ホメーロスイーリアス』『オデュッセイア』の原典訳を初めて行った。

生涯[編集]

三高から1909年東京帝国大学言語学科に進み、ラファエル・フォン・ケーベルギリシア語ラテン語を学んだ。

卒業後は、東京帝国大学講師として古典語を教える。1920年京都帝国大学文学部講師、直ちに助教授となり、1922年からオックスフォード大学に留学、1924年帰国、1931年教授昇進、1936年に西洋古典学講座を実質上設立し、田中美知太郎松平千秋らを育成した。1946年定年退官し名誉教授京都女子大学教授も務めた。

甥は、同じく古典学・言語学者の高津春繁

著書・編纂[編集]

  • 『羅甸文法』(丸善) 1915
  • 『羅甸文法補遺 羅和小辞典』(岩波書店) 1926
  • 『希臘語文典』(岩波書店) 1927
  • 『新羅甸文法』(岩波書店) 1929
  • 『ラテン文学史』(生活社) 1943、のち改訂新版 名古屋大学出版会 1989
  • 『ラテン文法入門』(臼井書房) 1950、のち『初等ラテン語文典』(研究社出版) 1980
  • ギリシア神話』(筑摩書房、小学生全集) 1952
  • 羅和辞典』(研究社辞書部) 1952、のち増訂新版 研究社出版 1984
  • 『初等ラテン語読本』(研究社出版) 1953、のち新版 1986
  • 『初等ギリシア語文典』(研究社出版) 1955
  • 『西洋古典語語源漫筆』(大学書林) 1955
  • 『西洋古典語からみた英語の語構造』(泉屋書店) 1963
  • 『語源百話 文化史的に見た外来語』(南江堂) 1972

共著[編集]

翻訳[編集]

回想・評伝[編集]

第1部は本人の回想手記と書簡。第2・3部は史料・解説(菅原憲二, 飯塚一幸, 西山伸編)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オウィディウス (2014年). “転身物語(上)”. グーテンベルク21. 2017年6月17日閲覧。
  2. ^ オウィディウス (2014年). “転身物語(下)”. グーテンベルク21. 2017年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]

『田中秀央 近代西洋学の黎明『憶い出の記』を中心に』(京都大学学術出版会、2005年)にも再録