ヘカベ (エウリピデス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘカベ』(ヘカベー、: Ἑκάβη, Hekabē、: Hecuba)は、古代ギリシアエウリピデスによるギリシア悲劇の1つ。

トロイア戦争終結後、トロイア王プリアモス妻で、アガメムノーンの奴隷となったヘカベーが、息子ポリュドーロスを殺したトラキアポリュメーストールに復讐する様を、ケルソネーソスの浜辺の幕舎を舞台に描かれる。

上演年は分かっていない。紀元前424年頃の作品と推定される[1]

構成[編集]

日本語訳[編集]

  • 『希臘悲壯劇 エウリーピデース 上』 世界文學社、1949年
  • 『ギリシア悲劇全集Ⅲ エウリピデス篇Ⅰ』 人文書院、1960年
  • 『ギリシャ悲劇全集Ⅲ エウリーピデース編〔Ⅰ〕』 鼎出版会、1977年
  • 『ギリシア悲劇Ⅲ エウリピデス(上)』 ちくま文庫、1986年
  • 『ギリシア悲劇全集6』 岩波書店、1991年

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集6』 岩波 p.383