コエーポロイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コエーポロイ』(: Χοηφόροι, Choēphoroi、: Choephoroe)は、アイスキュロスによるギリシア悲劇の1つであり、「オレステイア」三部作の中の一篇。『供養する女たち[1]、『供養するものたち[2]等とも。

アガメムノーンが殺された8年後、帰還した息子のオレステースが、姉エーレクトラーに事情を教えられ、復讐として母であるクリュタイムネーストラー等を殺し、復讐の女神たち(エリーニュエス)に取り憑かれるまでが描かれる。

表題「コエーポロイ」(: Χοηφόροι)とは、「コエー」(: Χοη、注ぎもの)と呼ばれる麦粉・蜂蜜・オリーブ油の混ぜものを墓前に注いで供養する人々のことであり、作品冒頭でオレステースがアガメムノーンの墓参りをしている際に、姉エーレクトラーと共に登場する。舞台上ではコロス(合唱隊)の役割を担う。

紀元前458年アテナイにおけるディオニューソス祭にて、「オレステイア」三部作の他の二篇、およびサテュロス劇『プローテウス』と共に上演された[3]

構成[編集]

日本語訳[編集]

  • 『アイスキュロス 悲壯劇』「灌奠を捧げる女達」 生活社、1943年
  • 『ギリシア悲劇全集1』「供養する女たち」 人文書院、1960年
  • 『ギリシャ悲劇全集1』「灌奠を運ぶ女たち」 鼎出版会、1979年
  • 『ギリシア悲劇1』「供養する女たち」 ちくま文庫、1985年。呉茂一
  • 『ギリシア悲劇全集1』「コエーポロイ」 岩波書店、1990年
  • 『古典劇大系 第一巻・希臘編』「コイーフォロイ」 近代社、1925年
  • 『世界戯曲全集 第一巻・希臘編』「コエーポロイ」 近代社、1927年
  • 『世界文學大系2 ギリシア・ローマ古典劇集』「供養する女たち」 筑摩書房、1959年
  • 『筑摩世界文学大系4 ギリシア・ローマ劇集』「供養する女たち」 筑摩書房、1972年

脚注・出典[編集]

  1. ^ オレステイアとは - ブリタニカ国際大百科事典/コトバンク
  2. ^ 『全集1』 岩波
  3. ^ 『全集1』 岩波 p.269

関連項目[編集]