蜂 (アリストパネス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

』(はち、: Σφῆκες, Sphēkes, スペーケス: Vespae)は、古代ギリシアアリストパネスによるギリシア喜劇の1つ。

扇動政治家クレオーンが好きな父ピロクレオーンと、嫌いな息子ブデリュクレオーン、そしてクレオーン自身を擬した犬(キュオーン)と、対立的な将軍ラケスを擬した犬ラベース等が絡みつつ、アテナイの裁判制度を揶揄する内容となっている。題名は劇中でコロス(合唱隊)役を担う「裁判人の老人たち」の正体が「スズメバチ」であることにちなむ。

紀元前422年レーナイア祭で上演され、2等になった。優勝はピロニデスの『前披露(プロアゴーン)』、3等はレウコンの『使節たち』だった[1]

構成[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集2』 岩波 p.343