エピトレポンテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エピトレポンテス』(: Έπιτρέποντες, Epitrepontes)は、古代ギリシアの作家メナンドロスによるギリシア喜劇の1つ。『調停裁判[1]、『辻裁判[2]等とも。

原題の「エピトレポンテス」は、「委ねる」を意味する動詞「エピトレペイン」の現在分詞で「委ねる者たち」の意。劇中で行われる一時的・臨時的な仲裁人を立てた仲裁にちなむ。

アテナイ富裕市民カリシオスと妻パンピレーは、結婚して半年の新婚夫婦だが、互いを知らずに婚前交渉を行い、妻はそこで孕んだ子を密かに産んで捨てたことで、険悪な夫婦仲にある。子供は羊飼いが拾い、カリシオスの炭焼き奴隷夫婦に引き取られた。妻の父スミークリネースを含め、そんな様々な面々が絡みつつ、徐々に誤解が解かれていく様が描かれる。

欠損が激しく、原本の3分の2程度しか残ってない。上演年代は分からない[3]

構成[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集2』 人文
  2. ^ 『全集5』 岩波
  3. ^ 『全集5』 岩波 p.339