鳥 (アリストパネス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

』(とり、: Ὄρνιθες, Ornithes, オルニテス: Aves)は、古代ギリシアアリストパネスによるギリシア喜劇の1つ。

トラキアテーレウスの鳥ヤツガシラの森のすみかに、裁判に嫌気がさしたアテナイ人エウエルピデース(「楽観的な」の意)とペイセタイロス(「仲間を説得した者」の意)が尋ね、風刺的な物語が展開されていく。題名は、24種類の鳥から成るコロス(合唱隊)にちなむ。

紀元前414年大ディオニューシア祭で上演され、2等になった。優勝はアメイプシアスの『飲み騒ぐ人々(コーマスタイ)』、3等はプリュニコスの『孤独に暮らす男(モノトロポス)』だった[1]

構成[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『全集2』 岩波 p.367