イオン (エウリピデス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

イオン』(イオーン、: Ἴων, Iōn、新ラテン語: Ion)は、古代ギリシアエウリピデスによるギリシア悲劇[注 1]の1つ。

アテナイエレクテウスの娘クレウーサと、彼女がアポローンポイボス)との間にもうけて捨てた子イオーンの奇妙な再会と和解の物語が、デルポイの神託所を舞台に描かれる。

正確な上演年は分かっていないが、紀元前410年代と推定される[1]

構成[編集]

日本語訳[編集]

  • 『ギリシア悲劇全集Ⅲ エウリピデス篇Ⅰ』 人文書院、1960年
  • 『ギリシャ悲劇全集Ⅲ エウリーピデース編〔Ⅰ〕』 鼎出版会、1977年
  • 『世界文学全集2」 講談社、1978年
  • 『ギリシア悲劇Ⅲ エウリピデス(上)』 ちくま文庫、1986年
  • 『ギリシア悲劇全集7』 岩波書店、1991年

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「悲劇」ではあるが、多分に「風俗喜劇」の要素が含まれている。

出典[編集]

  1. ^ 『全集7』 岩波 p.421